歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

近年では足利直義説が唱えられている源頼朝肖像画/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

鎌倉時代(鎌倉幕府)とは? 成立から元寇後に滅びるまでのダイジェスト版

更新日:

400年も続いた長い長い平安時代
それが終わればいよいよ武士の世・鎌倉時代(鎌倉幕府)となります。

その期間は【1192-1333年】あるいは【1185-1333年】という認識でしょう。

歴史的に大きな区分としては鎌倉・室町時代(1338-1573年)を合わせて「中世」となりますね。

んでは、中世って何?
となりますと、これはヨーロッパの歴史を踏まえて考えられた概念で
「封建的な武家政権の世の中」
ということになります。

あれ?
だったら江戸時代も中世になるんでは?

なんてツッコミも確かにその通りなのですが、土地制度なども含むと支配構造が大きく異なるため、ここは通説にしたがって中世=鎌倉・室町時代(江戸幕府の成立まで)と覚えておいた方がよさそうです。
室町時代の終わり【戦国・安土桃山時代】も含めて中世という考え方です。

ちなみに他の区分も見ておきますと、

古代=飛鳥・奈良・平安
中世=鎌倉・室町(戦国&安土桃山)
近世=江戸時代
近代=明治・大正・昭和(~戦前)
現代=昭和(戦後~)・平成

こんな状態ですね。
直接テストに問われる内容でもありませんが一般常識の範疇かもしれません。

 

1185年から7年間の準備期間

さて。
一見どうでもよさそうな、歴史の区分。
なぜ、そんなところから触れたのか?

と申しますと、平安~鎌倉時代の変遷がなかなかややこしいんですよね。

平安時代の、本当に最後の数年間は

◆源平時代(1180~1185年)
◆幕府準備期間(1185~1192年)

とまぁ、スンナリと鎌倉時代にはなっていない。

前者の「◆源平時代」は【治承・寿永の乱】と呼ばれる、いわば源平の戦いです。

一方、後者の「◆幕府準備期間」は、年号で言いますと1185~1192年に相当し、壇ノ浦の戦いから頼朝が征夷大将軍に任ぜられるまでの7年間になります。

壇ノ浦の戦いで平家が滅びた元暦二年(1185年)

―――この間約7年間―――

源頼朝が征夷大将軍に任じられた建久三年(1192年)

一体この7年間に何が行われていたのでしょうか?

授業ではあまり問われないかもしれませんが、一言でまとめれば「頼朝と後白河法皇の政治的やりくり」です。

同時に頼朝は、源義経や源範頼の始末も進めておりまして。
この辺が、武士というより政治家と評される所以なのでしょう。

では、あらためて鎌倉幕府成立への入り口となる元暦二年(1185年)からの流れを見て参ります。

後に源頼朝に「日本国第一の大天狗」と罵られる後白河法皇/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

侍所や公文所を設置する

京都では元暦二年(1185年)に「文治地震」という大きな地震が発生します。

平家が滅びた4ヶ月ほど後のことでして。
その厄払いのため&平家に焼かれたときの修復を兼ね、東大寺の大仏や大仏殿が、後白河法皇の主導によって修復されました。

一方、頼朝は、平家打倒の前から鎌倉幕府のキモとなる役所・役職をいくつか作っています。

詳しくは後日扱いますが、箇条書きすると以下のようになります。

・侍所  御家人統率組織
・公文所 政治担当 後に「政所(まんどころ)」と名称を変える
・問注所 裁判担当
守護 国(旧国名)に一人任じられ、その国内の警察を務める
地頭 荘園や公領など、国より小さい単位で任じられ、年貢の徴収と治安維持を担当する

良くも悪くも、時代が移り変わっていったのがこの7年間。
後白河法皇に対して頼朝は、着実に支配力を強めていったのですね。

これにて武家政権は盤石に!
と思われる鎌倉時代(鎌倉幕府)の始まりですが、その経営はわずか30年足らずで暗礁に乗り上げてしまいます。

源氏を棟梁とした将軍が次々に亡くなってしまうのです。

 

源氏将軍が次々に消えていく

まず1199年に初代・源頼朝が亡くなった後、嫡男の源頼家が将軍の位を継ぎますが、この頼家が母の実家&最大の勢力者だった北条氏と対立。
結果、暗殺されてしまいます。1204年のことでした。

源頼家/wikipediaより引用

あくまで私の考えですが、北条氏が頼家の若さを侮って、アレコレしたのでしょう。

それでなくても頼朝が兄弟を滅ぼしまくって味方の少ない頼家です。
彼は乳母の一族である比企氏や歳の近い近習を重用し、北条氏に対抗しようとしておりましたが、先に比企氏を滅ぼされ、暗殺という憂き目に遭いました。

そして今度は頼朝の末子であり、頼家の弟である実朝が将軍に据えられるのですが、これまた暗殺。
ヤッたのは頼家の息子・公暁です。
理由は未だ不明ですが、公暁自身もすぐに誅殺されてしまうのですから、もう、源氏の内輪揉めもここまで来るとそういう血なのかと思わざるを得ません。

結果、幕府創立から30年もしないうちに、将軍の直系が絶えるという大惨事に陥りました。

多くの兄弟は頼朝自身が滅ぼしてしまいましたが、他にも源氏の親戚筋はおります。
それが北条氏らによってはどんどん始末されてしまいまして。
例えばその中には、義朝の七男(=頼朝らの兄弟)・全成の息子などがいました。

一応、義経のすぐ上の兄・義円の息子である義成もいたのですが、彼は義円が墨俣川の戦いで敗死した後、尾張国愛智郡で育っていたので、無関係とみなされていたようです。
源姓を使わず、「愛智義成」と名乗っていますし。
あるいは北条氏が義成の存在や血縁関係を知らなかった可能性もありますかね。

義成の子孫がどこまで続いたかは不明ですが、織田信長の家臣・愛智拾阿弥は義成の子孫を自称していたそうです。
地元ではよく知られた名字だったんでしょう。

ちなみに拾阿弥は「日頃の態度がアレすぎて前田利家にブッコロされてしまい、それが原因で利家は信長に追い出された」というエピソードで知られている人です。
こういう数百年越しの繋がり(暫定)ってワクワクしますね。

せめて範頼だけでも生き残っていれば、頼家や実朝の味方になっていたかもしれません。
義経には娘がいましたので、排除される前に頼朝と和解できていれば、頼家か実朝、あるいは彼らの子供と縁戚になっていた可能性もありでしょう。

義経は政治力の欠如が不安で仕方ないですが、味方が全くいないよりは……。

源義経/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

北条氏から執権が誕生 得宗とは違います

ともかく北条氏の手腕は凄まじく、同時進行でどんどん権力を強めていきます。

その極めつけが北条義時
頼朝の義弟にあたる義時は、公文所と侍所の別当(長官)を兼任するようになりました。

公文所は政治の中枢機関であり、侍所は御家人を管理するところですから
政治
軍隊
を統括したようなものです。

これを【執権】といいます。鎌倉時代おなじみの用語ですね。

一方、北条氏の“当主”のことを【得宗】といいます。
時代によって得宗と執権を兼ねる人もあれば、そうでないこともあったので、なかなかややこしいところですね。

というか、です。
こんな疑問が湧いてきませんか?

『もうさぁ、北条氏が将軍になっちゃえばいいじゃん!』と。

これが身分制度等の面白いところと申しましょうか。
北条氏も確かに平氏の血を引いていますが、直接将軍の座につくには功績や身分が足りなかったのです。

しかし、幕府のカタチを維持するためには「征夷大将軍」が必要です。
そこでこんな意見が出ました。

【摂関家の高貴な血を引く人に将軍をやってもらえばいいんじゃね?】

運のいい(?)ことに、このころ頼朝の同母妹である坊門姫が、藤原北家の流れを汲む一条家に嫁いでいました。
坊門姫のひ孫である藤原頼経が四代将軍として迎えられ、幕府の形は続くことになります。

ちなみに、彼は数え年で2歳。つまり実年齢ではたった1歳です。
どう見ても傀儡です、本当にありがとうございました。

 

頼朝の妻・北条政子が喝っ!

そんな幕府を見て「今なら潰せるんじゃね?」と考えたのが、後鳥羽上皇でした。
トップが優れた政治家である頼朝や、その正当な後継者である頼家・実朝だった頃よりは、相手が乳幼児の方が戦いやすいですもんね。

承久三年(1221年)、後鳥羽上皇は兵を集めて立ち上がりました。
いわゆる「承久の乱」の始まりです。

鳥羽天皇/wikipediaより引用

これに対し、鎌倉幕府の御家人たちは右往左往。
頼朝の時代は、場合によって皇族を敵に回すこともありましたが、この頃の多くの関東武士はそんな経験はありません。
すごく乱暴にいえば、当時の武士にとって上皇の名はドラマ水戸黄門様の印籠みたいなものです。
怖気づくのが普通でした。

そこで頼朝の妻・北条政子が喝っ!

「日々の生活にも困るような状態から、今のように安定した暮らしができるようになったのは、頼朝殿がお前たちの領地を認めてくれたからではないか!
今こそ、その恩に報いるときでしょう!
相手が上皇様とはいえ、何をモタモタしているのですか!」

武士の成り立ちには色々あります。

源氏や平家のように、皇室の末裔として、あるいは藤原氏の血を引くなどによって、ある程度の世間的立場を持っていた家はかなり稀なケース。
御家人たちの多くは、戦のないときは武芸を磨きながら自らも畑仕事をする、半士半農の生活を送っていました。

彼らの殆どは、自分の家の周りに畑を作り、敵に攻められたら防御し、戦が終わればまたクワを手に取る……そんな暮らしです。
中央政府が地方の統治をほぼ放棄していたために、「獲ったもん勝ち」状態がスタンダードでした。

現代でも「その日暮らし」なんて言葉がありますが、当時の武士たちはそこに自分や家族の命が関わってくるわけです。

それが頼朝によって変わりました。

源平の戦い(治承・寿永の乱)で功績を立てた者を中心に、戦功に応じて頼朝が領地を安堵(保証)したおかげで、多くの武士は「命や土地の係争」の心配をせずに生活できるようになりました。
政子はそれを改めて認識させ、御家人たちの良心と団結力を引き出したわけです。

 

スポンサーリンク

かくして幕府の権限が広がった

こうして士気が激増した御家人たちは、見事に上皇軍を撃破。
日本史上でも珍しい「官軍(朝廷軍)の敗北」となります。

そもそも朝廷の軍と国内にあるその他の軍がぶつかりあうこと自体、日本史ではごくわずかなんですけれども。

ともかくこの結果を受け、それまで別個の政治的組織だった朝廷と幕府の関係が変化しました。
幕府が堂々と朝廷に口を出せるようになってしまったのです。

首謀者である後鳥羽上皇は隠岐、その第三子であり協力者だった順徳天皇は佐渡に流罪と決まりました。

後鳥羽上皇の長子だった土御門上皇は、承久の乱に関与していませんでしたが、
「父と弟が流されたのに、自分だけのうのうと都にはいられない」
と自ら幕府に申し出ています。

土御門天皇/wikipediaより引用

幕府としても、無関係の皇族まで罰するつもりはありません。
しかし、土御門上皇自身の希望ということもあり、遠隔地ではなく、比較的京に近い土佐への流刑になりました。
数年後には、さらに都に近い阿波へ配流先を変更し、御所を作るなど、ある程度の配慮を見せています。

同じ兄弟で随分な差ですが、元々土御門上皇と順徳天皇は異母兄弟で、生まれつき性格が正反対だったようです。

土御門上皇は父である後鳥羽上皇から見ても「コイツおとなしすぎて政治に向かなさそう」だったらしく、そのために順徳天皇へ譲位するよう迫られた……なんて経緯がありました。
皇室内の家族関係もなかなか大変ですね。

 

御成敗式目

そんなこんなで時が流れ、義時の子・北条泰時の時代になると、法律や制度が安定していきます。
10名の有力御家人による合議制「評定衆」や、貞永元年(1232年)に定められた【御成敗式目】などです。

特に御成敗式目は、室町幕府・江戸幕府の時代にも「武家の基本的なルール」として長く用いられていきます。
御成敗式目で【女性の御家人】を認めていたために、戦国時代に立花誾千代や淀殿が城主になれた……なんてのが一例です。

ちなみに、武家の慣習として有名な「喧嘩両成敗」は、室町時代以降の習慣だそうです。へぇへぇへぇ。

さらに、泰時のひ孫である北条時頼は、有力御家人の一人で反抗的だった三浦泰村を宝治合戦で滅ぼし、北条氏の立場を確固たるものとしました。
恐怖政治ともいえそうな物騒な手段ではありますが、当時は力でねじ伏せる以外の選択肢がなかった……ともとれますね。

北条泰時/wikipediaより引用

また、このあたりから摂家将軍を担いで北条氏に反抗する御家人が出てきたため、北条時頼は
「このままだと北条氏がひっくり返されるかもしれない。
摂家じゃないところから将軍を迎えよう」
と考えました。

上記の通り、最初の摂家将軍・藤原頼経は頼朝の妹のひ孫でした。
それが北条時頼の時代には、藤原頼経の子・頼嗣が将軍に就任。
直系ではないにせよ、源氏の血を引く人が将軍であり、いずれ御家人たちに担がれてしまいかねません。

また、頼経が次第に北条氏とギスギスしてきたために、幼かった藤原頼嗣に無理やり将軍職を継がせた、という経緯がありました。

時頼としては藤原頼経を立派な将軍として育てるべく、武芸や学問の師をつけたり、良い学友になりそうな者を御家人の子息たちから選んだりしていたのですが……。
いかんせん、反抗勢力の頭を優秀にしてしまっては、将来自分の首を絞めることになります。

それでも直接殺すのは忍びないと感じたのか。
北条時頼は、藤原頼嗣を京都へ送り返します。

しかし、先に京都へ帰っていた頼経も、頼嗣も、その後、同じ年に病死というミステリアスな展開。
かなりアヤシイですが、その年は疫病が流行っていたようなので、北条氏が(ピー)したわけではないのでしょう……多分。

 

スポンサーリンク

宗尊親王 皇族から史上初の征夷大将軍

以降の鎌倉幕府は、皇族から将軍を迎えることにしました。

「源氏の血はどうした」とツッコミたいところですが、この頃ちょうど皇族の中に、難しい立場の方がおりまして。

宗尊親王といって、ときの帝である後嵯峨天皇の長子です。
父帝に愛されていましたが、母方の身分が低すぎて皇位継承は絶望的だったため、どうにか良いポストを探しているところでした。

こういう立場の人がうまく居場所を見つけられないと、だいたいロクなことになりません。
源氏物語の主人公・光源氏と似たような感じですね。

これにて後嵯峨天皇と北条時頼の利害が一致。
かくして皇族から史上初めて、宗尊親王が征夷大将軍に任じられたのです。

北条時頼/wikipediaより引用

例によって実権はありませんでしたが、都で政争に巻き込まれるよりはマシでしょう。
宗尊親王は和歌や書に打ち込む毎日を過ごします。

歌会もよく開き、それによって御家人たちが和歌の素養を高めていったともいわれているようです。

宗尊親王の時代の武家歌人としては、島津家の分家筋にあたる越前島津氏の島津忠景などがいます。
忠景は宗尊親王と一歳違いで、非常に誠実かつ文芸的な才能に優れた人でした。

宗尊親王もその後の政治的トラブルによって京へ送り返されてしまいますが、忠景のような真の家臣に出会えたことは、生涯の良い思い出になったことでしょう。
……京に帰ってから8年で亡くなってしまっているんですけどね。

 

やっちまったぜ両統迭立

一方、京では、もう一つの根深い問題が発生していました。

【両統迭立(りょうとうてつりつ)】です。

南北朝のアレコレを生み出し、受験生が混乱する単元ワースト3に入るであろうアレです。

そもそもの原因は、後嵯峨天皇が【治天の君(政治を運営する天皇や上皇等)】であり続けるため、短期間のうちに自分の皇子やその子(後嵯峨天皇かららすると孫)に譲位をさせまくったことにあります。

それでいて後嵯峨天皇は亡くなる前に皇統についての指示をせず、「幕府と相談してね」(超訳)としか言い残さなかったために大混乱が起き、幕府も「えぇ……(・・;)」(※イメージです)状態。
室町時代まで引っ張られて、当時の人々にとっても、現代の我々にとってもワケワカメな状況を生み出すわけです。

さらにその頃、海の向こうでは世界史的な大事件が起きていました。

 

元寇

モンゴル帝国(元)による、中国~東ヨーロッパまでの大進出です。

元について一行でまとめると、
【騎馬民族ならではの精強な軍、そして元々世界有数の寒冷地であることから寒さにも強い】
という、割とガチで最強国というところでしょうか。

さらなる領土拡大を求めて、元の皇帝・フビライ・ハンは
「お前たちが付き合ってる中国も朝鮮もウチに従うようになったんだから、ウチに従うべきだよね? なんで挨拶にも来ないわけ? ナメてんの?」
というメチャクチャな理由で、日本にも服従を迫ってきました。

ぶっちゃけた話、この時代の日本を占領したところで大してうまみはないというか、コストに見合わないハズです。
領土欲ってそんなもんなんですかね。
それとも寒冷地・内陸国故の価値観でしょうか。

これに対し、ときの執権である北条時宗はかなり強気で
【返答しない&使者を切り捨てる】
などの対応で、対決姿勢を明らかにします。まぁ当たり前ですね。

かくして(#^ω^)ピキピキ状態になった元が日本へ侵攻してきます。
有名な【元寇】ですね。

 

なぜ勝てた? 単なる神風ではなく……

かつては「二度の侵攻に対し、神様が日本に味方してくれて神風が吹いたので、元を追い払うことができた」なんて説明で終わってしまっていましたが、今日ではさまざまな要因あっての勝利だという流れで話されることが多くなってきています。

それぞれの詳細はまた後日扱いますので、ここではまた箇条書きで簡単にご紹介しておきましょう。

・元軍の士気の低さ
・船の設計ミス
・天候不良(弘安の役のみ)
・御家人たちの奮闘&防備

要は、騎馬上の元軍がどんだけ強くても、
「天の時、地の利、人の和」
が揃わなければ戦争には勝てないという、大原則がうかがえます。

国立国会図書館蔵

しかし、なんとか元を撃退した鎌倉幕府にも、新たな問題が発生します。
恩賞です。

そもそも武士は「武力を示したら対価を得られる」という原理で動いています。
前九年の役後三年の役をキッカケに、源氏が東国で支持を受けるようになったのは、源氏側が身銭を切って兵に報酬を払ったからです。

承久の乱のときも、頼朝が御家人たちの所領=収入を保証したからこそ、朝廷軍相手に勝利を収めることができています。

そして元寇。
一部とはいえ、巨大国家の大軍を追い返したのですから、御家人たちだって
「きっと今度も土地か何か、たくさん恩賞をもらえるに違いない!」
と期待するのは、ごく自然なことでしょう。

しかし、これまでの戦と元寇とでは、全く異なる点が一つあります。
そもそも恩賞とは「敵からぶんどったものを味方に分け与える」というものです。
今回は、それがない。

当たり前です。
「外国からの侵攻軍を防ぐ」戦いであり、無い袖は振れないわけで。
幕府が与えたくても与えられるものがないのです。

それなら現物支給なり官職の斡旋なりをしても良かった気はしますが、御家人たちが納得するかどうかは別問題ですしね……。

 

【第三次元寇】への懸念もあり

さらに、当時の状況では【第三次元寇】への懸念もありました。
幕府としても、元の動きを監視・対応するための見張り役を設置し続けなければなりません。

元寇の戦費同様、その警備費用も担当の御家人持ち。
こういった流れにより、御家人の多くが経済的に困窮し、借金がどんどん膨らんでいきます。
幕府にも御家人と貸し手両方の不満が届くようになりました。

元寇の防塁跡

これに対する幕府の対応がまたマズイ。
【徳政令】という借金帳消し令を出し、御家人が担保にした領地を無理やり取り戻させようとしたのです。

しかし、鎌倉時代になって以降、一つの家の中で分割相続が進み続けた結果、そもそも一人あたりの所領が少なくなっていました。
そのため、徳政令で領地を取り戻しても、戦費や警固役の費用をまかなうには足りません。

また、同時期に北条氏が御家人よりも御内人(北条氏に個人的に仕えている者)を重用するようになったため、御家人の不満はうなぎのぼりでした。
なぜ、このタイミングでさらに不満を煽るようなことをしたのやら……。

実力行使に出る者も現れ始めます。

近畿では【悪党】と呼ばれる勢力が、幕府に反抗的な言動をし始めました。
字面が少々ややこしいですが、この悪党は道義的な悪ではなく、幕府に反抗的な武士のことです。
楠木正成などが悪党出身として有名です。

そしてこの動きを京で見ていたのが後醍醐天皇です。
いわゆる討幕の本格化ですね。

 

かくして新田義貞に滅ぼされるのであった

「後醍醐天皇が主導して幕府を滅ぼした」というよりは、「御家人たちが幕府と北条氏を見限って挙兵したところに、後醍醐天皇が乗っかった」というほうが正しい説明になりましょうか。

次の室町幕府を開いたのが足利尊氏なので、幕府を倒したのも尊氏……と思いがちですが、直接幕府を滅ぼしたのは新田義貞です。

義貞も、確かに源氏の血を引く家の一人です。
が、領地が鎌倉から遠かったせいか冷遇されまくっており、名前を間違えられたことまでありました。

そりゃあ倒幕にも気合が入るってもんです。

一方、尊氏は源氏の名門とみなされており、悪党などの討伐のため近畿へ出兵しました。
そして幕府を見限って、京都にあった鎌倉幕府の出向機関・六波羅探題を攻めています。

その後、後醍醐天皇の大ポカこと【建武の新政】をきっかけとする混乱で、義貞や正成が命を落とします。

最終的な勝者はやはり、室町幕府を開いた足利尊氏ということになりますが、彼は彼で身内に火種を残して【観応の擾乱】という内乱を招き、のっけから不穏な雰囲気で室町時代が始まることになります。

鎌倉時代辺りから同時進行していたり、血縁関係や前後事情がややこしい事柄が増えてきたり、問題が数世代に渡って持ち越されていることが増えてきます。

また、文化や宗教などの項目も多く、こんがらがりやすいですよね。
歴史嫌いになるターニングポイントでもありますが、次回から一つずつ、ゆっくりざっくり見てまいりましょう。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:国史大辞典「鎌倉幕府」「鎌倉時代」 鎌倉時代/wikipedia 鎌倉幕府/wikipedia

 



-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.