グスターヴ・ホルスト/wikipediaより引用

その日、歴史が動いた 音楽家

グスターヴ・ホルストと組曲『惑星』日本人が知名度UPに貢献していた!?

投稿日:

「趣味は何ですか?」
って聞かれたときに便利なのが「読書」や「音楽鑑賞」です。

しかし、ヘタすりゃ「どの作家(作曲家)が好き?」と深掘りされて困ったりして、今回はそういうときの下準備になる……かもしれない、とある作曲家さんのお話。

1934年(日本では昭和九年)5月25日は、グスターヴ・ホルストが亡くなった日です。

 

組曲『惑星』の作曲者として有名ですね。
今回はそれ以外の点も併せて見ていきましょう。

 

トロンボーン奏者でもあったグスターヴ

グスターヴは1874年、ロンドンから160kmほど北西にあるチェルトナムという場所で生まれました。

温泉の町として知られており、王室御用達の保養地でもあります。
それに従って、一般人も多く訪れる町として栄えていきました。

おそらくは、保養のために来たのがきっかけで、定住した人もいたのでしょう。
グスターヴの家も元は北欧系の移民だったそうで、もしかしたらご先祖様もそういうキッカケで来たのかもしれません。

グスターヴの父親はピアニストでした。
家庭を顧みないタイプで、母親もグスターヴが8歳の頃に死に別れたため、父方の伯母に育てられています。

なかなかハードな人生のスタートです。
そんな環境では父親を恨んだりグレたりしてもおかしくないですども、音楽の素養は受け継がれていたらしく、やがてロンドンの王立音楽院で学ぶようになりました。

当時はトロンボーン奏者であり、卒業後はオーケストラの一員として働いていたこともあったようです。
作曲家自身の手による演奏というのはあまり聞けませんから、当時に録音技術があれば……と惜しい気もしますね。

また、若い時期にはヒンズー教やサンスクリット語などインド文化に興味を持ち、それを題材とした曲も書いたこともあります。
こちらはあまり高い評価を得られなかったようで、食いぶちを稼ぐために音楽教師をしながら作曲を続けていました。

 

スポンサーリンク

31歳から生涯、女子校で音楽教師を続けた

ロンドン近郊にあるセント・ポール女学校での音楽教師の仕事は、31歳の時から実に亡くなるまで続けています。

代表作である組曲『惑星』もここで勤めている間に書かれたものです。
当時の生徒たちは「ウチの先生って実はすごい人だったのね!」と驚いたでしょうね。一時的にすごくモテたりして。

他に室内楽曲も書いてますが、『惑星』があまりにも特徴的すぎたためか、話題に登ることはありませんでした。
グスターヴ自身は不満だったようですね。だいたい創作の世界って本人のお気に入りほどウケない気もしますが……。

『惑星』は音楽の授業で扱われることも多いので、何となく聞き覚えがある人も多いでしょう。

グスターヴは東洋思想の他にも、占星術やローマ神話に強く興味を抱いていました。
そこから着想を得て作ったのが『惑星』だといわれています。

そのため、順番がいわゆる「水金地火木土天海冥」ではなく「火金水木土天海」になっています。
星占いでお馴染みの十二星座それぞれに対応する惑星の順番になっているんですね。

星座でいうと
牡羊座(火星)
牡牛座(金星)
双子座(水星)
射手座(木星)
山羊座(土星)
水瓶座(天王星)
魚座(海王星)
の順となり、『惑星』の順番と一致します。
抜けている星座は惑星がダブっていたり、月や太陽と対応しているとされるものです。

『惑星』は最初、ピアノやオルガンの曲として作られ、後にオーケストラ用に編曲されました。

グスターヴは持病として腕の神経炎を患っており、編曲した際の楽譜は代筆を頼んだ部分も多いそうです。

むろん構想は彼のものだといわれています。
そうでないと、編曲者の名前が残っていないことが問題になってしまいますもんね。

 

カラヤンに演奏されて注目度UP!

全曲通しての初演は、戦間期の1920年でした。

組曲の締めくくりとなる「海王星」の終盤で、歌詞のない女声合唱(ヴォカリーズ)が入ってきたとき、聴衆はその斬新さに驚いたといいます。
他にも「火星」の5拍子など、当時は珍しい特徴がいくつも含まれており、評価は最初から上々でした。

しかし、同時代の作曲家(ドビュッシーやストラヴィンスキーなど)がさらに評判の良い曲を作っていたため、押し負ける形でいつしか忘れられていってしまいます。
「地味にいい仕事」が本当に地味だと受け取られてしまったわけです。

再び世に出たのは、ホルストの死後30年近く経ってからのことでした。

日本でも著名な指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンがウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に紹介し、演奏・レコーディングして脚光を浴びるようになったのです。

カラヤンが『惑星』を演奏するようになったキッカケは、さだかではありません。
元々斬新な発想を好むタイプの人だったので
「誰も演奏してない曲だなんてイイじゃないか!」
とか思ったんですかね。

余談ですが、カラヤンはそれまで「ダイナミックすぎてウケるwww」(超訳)といわれていた指揮者の動きをスマートにし、また私生活でもダンディズムを貫き、指揮者やクラシックへの一般的なイメージを大きく向上させた人でした。

そのカラヤンが見つけたというだけで、『惑星』の人気が出るには充分だったのでしょう。
日本公演がテレビ中継されたときは「カラヤンをもっと映せ!」というクレームがテレビ局に送られたといいます。

「往年の名曲を人気歌手がカバーしたことがきっかけで、元のバージョンも再燃する」という感じでしょうか。

 

スポンサーリンク

さらに冨田氏がシンセで演奏することにより

そもそも、あまり演奏されなくなった原因として、ホルストが「この曲は7つ揃って演奏されなくてはならない」としていたこともあるかもしれません。

同組曲には、コンサートホールにあまり設置されていない楽器(パイプオルガンなど)や「海王星」で用いられる女声合唱などの特殊な準備が必要だったのです。

これでは7曲全てを演奏できる機会はそう多くありません。
他の構成への編曲も、ホルスト自身はあまりよく思っていなかったようです。

しかし1976年、冨田勲氏がホルストの遺族の許可を得て、シンセサイザーによるアレンジを行って以降、編曲や一曲だけの演奏も増えてきました。

『火星』や『木星』の知名度や人気が高いのは、そういったことも理由の一つでしょうね。

 

サン=サーンスの『動物の謝肉祭』のように、組曲には「一部の代表曲だけが有名で、他はマイナー」ということも珍しくありません。
これは数や演奏上の課題などのため仕方がないことではあるのですが……全部聞いてみると、あまり有名でない曲のほうが好きになることもあります。

『惑星』については、星座占いやギリシア・ローマ神話が好きな人なら、自分の星座の守護星や好きな神様の星から聞いてみるというのもアリでしょうね。
今はネット上で視聴もできますし。
ホルスト自身は『土星』が気に入っていたそうなので、そこから聞くのもいいかもしれません。

クラシックとはいえ、ホルストのように20世紀に活動していた作曲家の作品は現代的なものも多く、「映画やゲームのサウンドトラックをつい買ってしまう」というタイプの人は、すんなり受け入れられるのではないかと思います。

『惑星』から始めてホルストを全制覇するのもいいですし、時代を遡るようにして有名な作曲家を一通り聞くのも面白そうですね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
グスターヴ・ホルスト/wikipedia
惑星_(組曲)/wikipedia

 



-その日、歴史が動いた, 音楽家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.