絵・富永商太

豊臣家 その日、歴史が動いた

熊本城を築き、最期はナゾの死を遂げた加藤清正 秀吉子飼いで人気No.1の理由

投稿日:

生まれた日と亡くなった日が同じ――そんな、ちょっと珍しい特徴のある戦国武将・加藤清正

いわゆる”秀吉子飼い”とか”賤ヶ岳の七本槍”などなど、戦国時代好きには有名な人で、永禄五年(1562年)6月24日に生まれ、慶長十六年(1611年)の同日に死去しました。

名城・熊本城の築城主としても有名な彼がなぜ人気者なのか?

早速、加藤清正の生涯を見ていきましょう。

 

12才頃から秀吉の下で働き始める

加藤清正は永禄5年(1562年)、現在の愛知県名古屋市中村区に生まれました。

加藤清忠の次男とされ、秀吉の出生地に極めて近いところ。
現在、その場所には「秀吉清正記念館」なんて博物館があるぐらいです。

というのも、秀吉の母と清正の母が従姉妹同士だったとされています(もっと遠縁という説もあります)。
年齢が25歳ほど離れていますので、当初はまんま”おじさんと甥っ子”という関係だったんでしょう。

清正は、秀吉が出世し、身辺に人手が必要になったころ召し出されて仕え始めました。

このとき清正12歳ぐらい。
まさに”子飼い”なわけで、天正八年(1580年)には初めて所領も与えられます。
播磨国神東郡で120石というものでした。

鳥取城などを攻撃さいた中国攻めや、明智光秀と雌雄を決した山崎の戦い、そして秀吉が天下人として関白に君臨してからも主要な戦いには必ず従軍しています。

賤ヶ岳の七本槍は【誇張】、つまり作り話のようですが、いずれにせよ秀吉のお気に入りだったことは間違いありません。
この後3,000石(近江・河内・山城)に大出世を遂げています。

石田三成がアタマの切れる官僚タイプなら、加藤清正は最前線で走り回る体育会タイプ。

いわゆる”武断派”なだけに脳筋と勘違いされがちですが、秀吉に熊本を任されるだけあって単なる猪武者とは言えないでしょう。
熊本は、佐々成政が統治してたころに国人の大々的な一揆が起きた、非常に難しい土地です。

また、秀吉の「唐入り(文禄・慶長の役)」にも有利な位置であり、その活躍を期待されてもおりました。

加藤清正/wikipediaより引用

 

文禄の役

実際、1592年の唐入りが始まると1万の加藤軍を引き連れ最前線へ。
戦でも築城でも大活躍します。

4月に釜山に到着すると、5月には漢城(現在のソウル)に到達、2人の朝鮮王子(臨海君・順和君)を捕えたのは7月のことでした。
凄まじい戦果ですが、この辺の話が大河ドラマにし辛い要因の一つとなっていそうです。

そして石田三成と激しく対立することにもなりました。

破竹の勢いで連勝を重ねていた清正ですが、朝鮮軍に明の援軍が加わると戦況は苦しくなり、石田三成と小西行長の主導で停戦交渉が進められます。
そこで、彼が捕らえた王子を返却させられることになりました。

加藤清正の進路(文禄の役)/photo by tokugawa wikipediaより引用

三成に邪魔者扱いされた清正は、讒言でハメられ、伏見での蟄居生活を命じられます。

1596年の慶長伏見地震で、秀吉を救出するため一番に伏見城へ駆けつけたことから謹慎を解かれた――という割と有名なエピソードがありますが、これについては史実ではないという見方が強いですね。

 

慶長の役を経て関ヶ原へ

三成&行長コンビとの間に修復できない亀裂の入った清正。
二度目となる朝鮮出兵(慶長の役)にも、もちろん参加します。

そして今度は【秀吉の死去】をキッカケに停戦。
帰国後の清正は、秀吉子飼いの筆頭という立場で苦しめられることになります。

関が原の戦いでは石田三成憎さで徳川方につきましたが、その後、豊臣家との間で板ばさみになってしまったからです。

家康の命で名古屋城を建てたときには「なんでタヌキジジイの息子(尾張藩初代・徳川義直のこと)の城を建てなきゃいけないんだよ!」と愚痴る福島正則に対し「イヤなら国元に帰って戦支度でもしろ」と諭したらしいので、もう豊臣家に実権を戻すのは難しい――と冷静に判断していたのでしょう。

それよりも、できるだけ豊臣家の家格を高いまま残したい――そのため清正は、家康と秀頼の間に立って会見を促したりします。

こうした振る舞いからも清正が単なる猛将でないことは見えてきますね。
彼は朝鮮出兵の費用をまかなうための貿易計画を立てたり、そのための商人を用意したこともありました。

内政も割と得意なようで、領内では新田開発や麦の栽培も奨励。
関ヶ原の戦い後に拝命した熊本54万石は、実質74万石だったと言います。

もっとも、意外なのが「茶道」を嗜んだことでしょうか。
古田織部の弟子・服部道巴どうはに教わっていたというから本格的ですね。

しかし、本格的に取り組む前に皮肉な運命に襲われます。

 

今なお消えぬ毒殺説 依然としてハッキリしない

秀頼と家康の会見に立ち会った帰りの船で清正は突如発病し、帰らぬ人になってしまった……といわれています。

あまりにも突然だったため遺言や辞世の句もなく、毒殺説が今も消えていません。
そもそも家康と秀頼の会見は京都・二条城で行われていたので、瀕死の病人がそんな大移動はできないでしょう。

死因となった病気には腎虚や梅毒、はたまたハンセン病など諸説あり、こちらもやはりはっきりしていないというのがまた何とも。

まあ死因についてはさておき、清正は秀吉子飼いの中では特に内政が得意な人でしたので、地元民からは今も昔も絶大な人気を誇っています。

熊本城築城や土木工事をする際には農閑期を狙い、きちんと賃金を払うなど、民衆に気を遣っていた点が大きいようです。
清正は農民の出ではありませんが、身分的には近かったので「農民を一年中こっちの都合につきあわせてはいけない」ということがわかっていたのでしょう。

特に堤防や河川の改修については現代でもそのまま使われているほどで、彼がいかに先進的な高い技術を持っていて、うまく工事を進めたかがわかります。
清正が熊本にいたのは15年ほどですが、仕事ができて思いやりもあるとなれば、今も「清正公せいしょこさん」と呼ばれ親しまれているのも頷けます。

これだけ功績もあり、地元から慕われている人ですのでやっぱり?大河誘致運動もされています。

未だ実現しそうにないのは、前述の朝鮮出兵のせいですかね。

清正の場合、朝鮮半島を縦断して現在のロシア領まで行ってますし、エピソードが多すぎて端折れないからダメなんでしょうか。
何かうまいこと折り合いがついて実現するといいのですが。

そのときは虎退治の逸話をCGでどのように表現するのか、楽しみにしたいですね。

熊本城

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon link
加藤清正/wikipedia

 



-豊臣家, その日、歴史が動いた
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.