絵・小久ヒロ

江戸時代 その日、歴史が動いた

二の丸騒動(諏訪藩)は主君の諏訪忠厚がバカ殿だから起きたのか?

投稿日:

天明三年(1783年)7月3日は、諏訪頼保(すわ よりやす)切腹した日。
諏訪藩のお家騒動である「二の丸騒動」当事者の一人です。

お家騒動というと、二人以上の跡継ぎ候補と、それぞれ派閥を組んだ家臣団のトラブル――そんなイメージをしがちですが、この場合は、「嫉妬心”だけ”は人一倍の家臣」と「アホすぎる殿様」が揃ってしまったために起きた、本当に”騒動”という感じのドタバタ劇でした。

諏訪藩とその藩主である諏訪家、そして諏訪忠厚を見ておきましょう。

 

戦国時代は武田支配のもとで生き残った諏訪一族

戦国時代まで、諏訪の地を治めていたのは諏訪神社の神職・諏訪氏でした。

当主の諏訪頼重は武田信玄により滅ぼされましたが、頼重の従兄弟に当たる諏訪頼忠が、武田氏支配下の中で神官として生き残ったのです。
ちなみに、頼重の娘が武田勝頼の母・諏訪御料人でした。

武田晴信(信玄)の信州侵攻で真っ先に標的とされたのが諏訪頼重だった/illust by 味っ子 wikipediaより引用

頼忠は本能寺の変織田信長が討たれると、その後、諏訪氏を再興、一時は徳川家康と戦います。
そして間もなく徳川との和睦が成立すると同家に仕えるようになりました。

家康の関東移封に従って一度諏訪を離れ、息子・諏訪頼水の代に地元へ戻ります。
以降は、加増や分知を経て、諏訪氏は諏訪藩(高島藩)を治めていくこととなりました。

 

忠厚が藩主になるまでの経緯は?

二の丸騒動のときの藩主は、六代目・諏訪忠厚。
この人が割とどうしようもないバカ殿様なのですが、遠因はもう少し前の時代に作られていたかもしれません。

忠厚のジーちゃんにあたる諏訪頼篤(よりあつ)まで遡りましょう。

頼篤は、諏訪氏の分家筋で、元々は江戸の旗本でした。
小姓組頭や江戸北町奉行を歴任し、最終的には1500石取りにまでかなりの出世、92歳で大往生を遂げたという、文字通り「地味にコツコツ」やって大成したタイプです。

諏訪頼篤の次男が忠林(ただとき)で、先代の諏訪藩主・諏訪忠虎の実子が早世したため、18歳のときに養子入りして跡継ぎになります。

彼は生来病弱だったため、藩政から逃避して学問の世界へ。

どうしてそんな人を養子にしたのか、不思議でなりません。
というか、忠林が養子になり忠虎が亡くなるまで、10年もの月日があるので教育し直すとか、しっかりした家臣をつけるとか、手立てを講じなかったんですかね。

忠虎も学者肌だったらしいので、「これでよし」と思ってしまったのでしょうか。
江戸藩邸の焼失や、元禄大地震で藩財政が苦しくなったのは忠虎の代ですが、事態がヤバすぎて向き合う気が失せてしまったのかもしれません。

いずれにせよ忠虎→忠林と引き継がれてきた家督が次に譲られたのが忠厚。
二の丸騒動、諸悪の根源となるバカ殿でした。

 

家老・千野貞亮の足を引っ張ろうとする家老・諏訪頼保

忠厚は当初から、政治に無関心な人物でした。
実務のほとんどを筆頭家老・千野貞亮(せんの さだすけ)が行っていたといいます。

千野家は、鎌倉時代から諏訪氏に代々仕えてきた文字通り譜代の臣です。
貞亮もその誇りにかけて、知恵を絞ったのでしょう。

生糸や繭にも課税するなどの重税を課し、財政もほんの少しだけ向上しました。

しかし、貞亮が実績を上げたことを、諏訪氏の流れを引くもう一人の家老・諏訪頼保(よりやす)は懸念していました。

知行は共に1200石であり、交代で家老を排出してきた家同士です。
だからこそ余計にライバル意識があったのでしょう。

貞亮が実績を作ったことに対し、頼保は
「このままでは、藩政を千野家に牛耳られてしまう」
とズレた危機感を抱きます。

それなら頼保も何か策を講じて、藩財政がちょっとでも良くなるように働けばいいはずなのですが、そうならないのがお家騒動になった所以です。

貞亮(千野家)は城の三の丸、頼保は二の丸に屋敷を構えていたので、それぞれ「三の丸派」「二の丸派」と呼ばれました。

「二の丸騒動」の名はここから来ていますが、ややこしくなりそうなのでこの記事では貞亮(派)・頼保(派)と呼ぶことにしますね。

 

忠厚、何の調べもせず讒言をあっさり信じ……

千野貞亮の頑張りに対し、お門違いな嫉妬の炎を燃やす頼保。
ライバルを失脚させようと一計を案じました。

この時点で頭の使い所がおかしいんですが、なぜ誰も止めてくれなかったんですかね。
逆恨みするような人ですから、元から人望がなかったんでしょうか。

頼保は、諏訪藩の江戸屋敷で仕えている渡辺助左衛門という人物に近づきます。
助左衛門は忠厚のお気に入りだったので、搦め手から行こうとしたわけです。

助左衛門を通じて頼保は、デタラメを吹き込みました。

「貞亮のかけた重税のおかげで、民は一揆を起こしかねないほど貞亮を恨んでいる」

確かに重税をかければ領民が苦しくなるのは当たり前ですし、恨みを買ってもいたのでしょう。

しかし、この件でマズイのは、忠厚がろくに調べもせず、頼保の讒言をあっさり信じて貞亮を罷免・閉門にしてしまったことです。
「閉門」とは謹慎と似た感じの刑罰で、”昼夜ともに外出を許さない”というものでした。

貞亮からすれば、とにかくワケがわからなかったでしょう。
しかも忠厚は、頼保を筆頭家老にするだけでなく、更に150石のボーナスまであげてしまうのですからどうしようもありません。

これで忠厚が善政を敷き、民に感謝され、財政再建にも成功した……ならば良かったのですが、元々能力もないくせに嫉妬だけで貞亮を引きずり下ろしたので、政治がうまくいくわけない。
そもそも本人にも良い政治をしようとする意志はなく、賄賂をくれる者を引き立て、自分は酒池肉林に励むなど、悪代官の見本みたいな生活を送りはじめます。

ここまでテンプレだといっそ清々しいですね。

苛政だったとはいえ、真面目に仕事をしていた貞亮が、これで黙っているわけがありません。
貞亮は閉門を破り、江戸に滞在中の忠厚へ、頼保のウソにまみれた言動を報告しました。

これにはさすがの忠厚も激怒し、頼保をクビにして閉門処分にします。
また閉門って、他に何か思いつかんのか~い。

 

跡継ぎ問題を利用して、再び讒言で陥れる

再び逆恨みした頼保は、今度は主君の跡継ぎ問題に手を突っ込もうと画策します。

大名のお家事情によくある話で、忠厚は正室との間に男子がなく、側室二人との間に一人ずつ男子がいました。
長男・軍次郎は側室木村氏、次男・鶴蔵は側室北川氏の生まれで、腹違いの兄弟です。

順当に行けば軍次郎が跡継ぎになるべきですが、忠厚は当時北川氏を溺愛していたため、次男の鶴蔵を跡継ぎにしたがっていました。
忠厚はこれにつけこみ、軍次郎を廃嫡して鶴蔵を跡継ぎに確定させ、第一の功臣になろうと考えたのです。

他人を巻き込む才能だけは一級品すぎる……。

一方、貞亮は当時の常識的にも「家督は長男が継ぐべき」と考えており、そもそも主家の家督に家臣が口をだすべきではないと考えていました。
そのため、忠厚を止めようとします。

しかし、ここで頼保派についた助左衛門が、またしても貞亮についてあることないことを忠厚へ吹き込みました。
あろうことか忠厚は再び讒言を鵜呑みにしてしまい、今度は貞亮を罷免・押込(おしこめ)にします。

押込は昼夜の出入りを禁じる上に、外部との通信(手紙のやり取りなど)を禁じるという刑です。

閉門よりも重く感じますが、実際にはもっと軽い扱いだったこともあるので、刑罰名だけでは判断が難しいところです。

 

貞亮、斬罪覚悟で幕府のお偉いさんに相談

いずれにせよ、これだけコロコロ家老が変わっていては、他の家臣たちも領民もさぞ迷惑したことでしょう。

頼保派は軍次郎を呪うわ、刺客を放つわのやりたい放題。
さらに、忠厚の正室が軍次郎を支持していたため、忠厚に正室を離縁するよう進言します。

ちょうど忠厚も子供を産まない正室にイライラしていたので、これもあっさり言われた通りにしてしまいます。
正室にとっては、ダメダメな夫と別れられてよかったかもしれませんが、こんなにも人の言いなりになるような旦那なんて、たぶん現代の女性でもイヤですよね。

貞亮はこの事態を憂いて、斬罪覚悟の上で江戸へ向かいます。

忠厚の妹婿であり、「奏者番」というお偉いさん役をしていた松平乗寛のりひろへ訴えたのです。
奏者番自体も大名と幕府との間で礼儀作法を教えたり、日頃から何かと連絡を受け持つことが多かったので、頼りやすかったのでしょう。

乗寛は「これを幕閣に知らせれば、諏訪家は改易になってしまう」と考え、義兄である忠厚を説得。
忠厚の隠居と長男・軍次郎の元服及び家督継承を取り付けました。

そして、事の発端である頼保派には切腹や斬首という重い処分を下し、ようやく騒動は集結します。

貞亮は無事に元の家老職へと戻りました。

 

結果、江戸時代を乗り切り、明治時代には子爵も授かる

その後、新しく藩主となった軍次郎改め諏訪忠粛ただかたは、バカ親父と(元)バ家老の尻拭いのため奔走しました。
内政対策の他、藩校を作ったり、藩医に長崎留学を命じたり、藩を良くするべく働いています。

忠粛の子・忠恕ただみちも、父の薫陶を受けて内政や養蚕業奨励などを行い、成功を収めました。

しかし、藩内の凶作や江戸藩邸の焼失等により成功がチャラになってしまい、またしても財政が悪化。
諏訪藩で数少ない百姓一揆が起きてしまったために、あまり評価は高くありません。

本人は悪くないので、ちょっとかわいそうですよね(´・ω・`)

忠恕の子・忠誠ただまさは、諏訪藩最後の藩主となりました。

彼の外祖父は、あの松平定信です。
若い頃の忠誠を見て、定信は「将来有望な若者」といった印象を抱いたとか。
幕末にはいろいろありましたが、無事諏訪家を存続させ、明治時代には子爵を授かっています。

その後の子孫がマシなだけに、なんで忠厚だけがこんなにもアホなのか理解に苦しみますね。

一行でまとめるとすれば、
「分不相応な人が野心を抱いたり、極端に高い地位についたりすると、ロクなことがない」
……という歴史あるあるなお話ですね。

長月 七紀・記

【参考】
諏訪忠厚/Wikipedia
諏訪藩/Wikipedia

 



-江戸時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.