東坡肉(トンポーロー)

中国

エンジョイ流刑! 天才・蘇軾(そしょく)66年の浮草人生に憧れます

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
蘇軾と東坡肉
をクリックお願いします。

 

今度は南国リゾート! 毛虫がウマい!

蘇軾の楽しい流刑ライフも、政治闘争とともに終わりを告げます。

1085年、新法を支持していた神宗が崩御し、幼い哲宗が即位。

実権を握ったのは、哲宗の祖母で摂政となった太皇太后でした。そのおかげで旧法党が復活し、蘇軾もお呼びがかかったのです。

嫌々ながらも中央官界に戻った蘇軾。

すぐさま政治闘争に嫌気がさしてしまいます。口が悪い蘇軾ですから、敵も作りやすかったのでしょう。

そして志願して地方勤務、呼び戻されて中央、やっぱり嫌になって地方、また中央……と、そんな官僚人生を送ります。

そんな中、哲宗の親政が開始されるとまた新法党の時代となりまして。

1094年、再び、恵州(広東省)へ流刑。

さらには1097年、中国最南端・海南島に流されてしまいます。

このとき、蘇軾は62才。同行した家族は三男だけでした。

住民の大半は少数民族の黎族(リー族)です。

食べ物だって全然違う。生活習慣も当然異なります。

流石の蘇軾も参るだろうと思いきや……。

「毛虫うめえ~! 中央官界には内緒だぞ、あいつらにこの美味を知られたら食い尽くされるからな」

なんと、毛虫の味をえらく気に入ったのです。

めげない蘇軾は、官舎を追い立てられても、現地の人と楽しく小屋を建ててそこで暮らし始めます。

海南島での蘇軾は、笠を被り、足下は下駄履きで、酒入りの瓢箪を頭にのせて、昼間っからフラフラしておりました。

こんな変なジッチャンを周囲の人々も面白がり、女子供や犬(!)までもが周囲で盛り上がっていたそうです。

 

もしかして中央に帰りたくなかった?

1100年、哲宗の崩御に伴い、蘇軾は罪を許されます。

その翌年、中央へ戻る旅路において、蘇軾は病に倒れ亡くなりました。

享年66。

そんな蘇軾の作品は高い評価を受け、北宋最高の詩人とされています。

古文の教科書でもおなじみですし、もちろん前述の「東坡肉」も有名ですね。

しかも生き方がこんなに自由なのです。

後世の人々は「蘇軾さんの生き方、最高にクールでロック!」と憧れのまなざしで見ました。

義や国家に殉じる、諸葛亮や岳飛といった生き方ももちろん賞賛に値します。

しかし、それだけではなく、義や国家よりも自分の自由を重んじて、ゆる~い悠々自適ライフを送った老荘思想家はじめ、竹林の七賢、明代の唐寅のような生き方も中国の歴史において絶賛されました。

三国志時代のサブカルは痛快無比なり 竹林の七賢も何晏もロックだぜ

続きを見る

蘇軾ももちろん、この悠々自適タイプです。

こういう生き方は確かに理想的で、何よりも楽しそうです。

どんな逆境でもふてぶてしいほどに楽しむ生き方は、確かに憧れてしまいます。

皆さんもこれから「東坡肉」を召し上がるときは、そんな蘇軾の楽しい人生をちょっと思い出して、自由に生きる勇気をもらってみてはいかがでしょう。

あわせて読みたい関連記事

アナタも「科挙」を体感してみません? 中国エリート官僚の受験地獄が凄まじい

続きを見る

三国志時代のサブカルは痛快無比なり 竹林の七賢も何晏もロックだぜ

続きを見る

文徴明&唐寅の個性派コンビは中国蘇州の人気者 人生エンジョイやでぇ

続きを見る

中国最悪のペテン政治家は王莽? 前漢を滅ぼし「新」を建国→即終了

続きを見る

呉三桂
女のために「国」を捨てた明の将軍・呉三桂~今なお裏切り者と罵られ

続きを見る

中国『酷刑』
中国の『酷刑』が想像を絶する恐ろしさ 生き地獄と言える処刑法とは?

続きを見る

儒教
日本史には欠かせない「儒教」って一体何? 誰が考えどのように広まった?

続きを見る

孫子
だから信玄も曹操も愛用した~兵法書『孫子』と著者・孫武の凄さとは

続きを見る

魏忠賢
史上最悪の宦官・魏忠賢~明王朝を滅亡へ追いやった極悪カップルの所業とは

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
井波律子『酒池肉林』(→amazon

TOPページへ

 



-中国