日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まんが戦国ブギウギ 立花・高橋家

漢が惚れる最強武将・立花宗茂 戦場に月輪輝くとき、敵将兵はみな倒るる 【戦国boogie-woogie127】

更新日:

 

【前回はコチラから】
最強の武将って何だろう?

ひたすら槍剣の技術に優れていることか。
それとも類まれな馬術でもって軍団を統率し、いかなる敵をも駆逐することか。
答えは人それぞれであろうが、一つだけ確実に言えることがある。

◯◯がいれば勝てる!
最強とはつまり、誰からも信頼され、戦場では常にその後ろについていきたくなる魅力を伴った武将ではなかろうか。
立花宗茂――本日、文禄の役にて降臨なり。

 

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

一戦も交えず退くは武将の恥辱

戦国ブギウギ20160828-1

◆雷を斬ったという逸話から雷神とも呼ばれた立花道雪。その娘・誾千代の婿が立花宗茂さんです。

もともとは大友家臣・高橋紹運の嫡男で、同家を継ぐ身分ながら、道雪に強硬に要請されて立花家へ。地元九州での戦功は数知れず、特に島津を相手にしたド派手な戦いっぷりはその名を轟かせ、豊臣秀吉をして「西日本最強の武将」と称されました。

ちなみに東が本多忠勝で、共に歴史に名を残す剛勇っぷりですね。

宗茂さん、文禄の役では一体どんな活躍をしたのでしょう……。

 

スポンサーリンク

勇将の下に弱卒なし 碧蹄館に月輪かがやく

戦国ブギウギ20160828-2

◆道雪に請われて婿殿となった宗茂さんですが、嫁の誾千代さんとは不仲でした。

だからというわけではないでしょうけど、明の李如松・李如梅を相手にした碧蹄館の戦い(へきていかんのたたかい)では大活躍!

特に配下の十時連久さんは先陣を切って縦横無尽に駆けまわり、まさに「勇将の下に弱卒なし」を体現したのでありました。

ただし、十時さんはこの戦いで……。

 

スポンサーリンク

あるぇ? 刀が鞘に収まらないや←暴れすぎ

戦国ブギウギ20160828-3

◆碧蹄館の戦いで敵を討ちまくった宗茂さんの刀は、使いすぎて曲がってしまい鞘に戻らなかったと言います。

また、返り血を浴びた馬は真っ赤になり、敵将の兜首を4つも馬にぶら下げていたとか。

後に関が原の戦いで改易となった西軍大名の中で、旧領を復活したのは宗茂さんだけですが、多くの大名が彼の武勇復活を幕府に嘆願したからと伝わっております。

文禄の役でも、それだけ凄まじい働きだったのでしょう。うーん、カコイイ!

※しかし、そのせいで大河ドラマにならないなんて話も><; 放送したらええやないか!

 

戦場にもたらされた毒矢は誰の命を奪う?

戦国ブギウギ20160828-4

◆この毒矢に討たれてしまったのが、先に登場した十時連久さんでした。

宗茂さん配下にして立花家で筆頭クラスの戦闘力を持っていたのに、なんて切ない最期なんでしょう。ルールも正義もない戦争とはいえ、宗茂さんも言葉がなかったでしょうね。

連久の死後、宗茂さんが「鬼神」と称賛される活躍っぷりを果たしたのも泣かせる話ですね。

うーん、やっぱり惚れる!

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

【関連記事】秀吉の朝鮮出兵で作られた肥前名護屋城!
大坂城の次に巨大な城が博多ではなくこの地に選ばれた理由は?

名護屋城-4

福岡ではなく、その西にある肥前がポイントに

 

スポンサーリンク

戦国ブギウギの書籍版です!




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-まんが戦国ブギウギ, 立花・高橋家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.