明智光秀/wikipediaより引用

明智家

黒井城の戦いで光秀が躍進! 丹波衆(赤井・波多野)との激戦で得たものは?

更新日:

明智光秀の功績と言えば?

悪い意味で【本能寺の変】ばかりが注目されがちですが、もちろんそれだけではありません。

足利義昭の命を救った【本圀寺の変】や、近江坂本の領地を貰うキッカケとなった【比叡山焼き討ち】、あるいは本願寺一向一揆との対決や、徳川家康の饗応など、ありとあらゆる場面で織田信長に重宝されております。

そんな光秀にとって、最も華々しい活躍と言えば
黒井城の戦い
が筆頭候補に挙げられるでしょう。

京都に程近い重要な地・丹波国――。
このエリアを支配するために行われた黒井城の戦いとは、一体いかなるものだったのか?

第一次黒井城の戦い
第二次黒井城の戦い
を併せて見ていきましょう。

 

黒井城の戦国大名・赤井氏

【黒井城の戦い】とは何ぞや?

その説明を始めるには、ご理解していただきたい前提があります。
「織田信長の上洛と将軍就任」です。

永禄11年(1568年)に織田信長は、足利義昭を擁して京都を目指しました。

その際、彼らの上洛を妨害した六角氏や三好三人衆は実力行使で駆逐。
麒麟がくるに登場する三淵藤英細川藤孝の兄)も同合戦での活躍が伝わります。

畿内を平定すると、光秀は義昭を室町幕府15代将軍に就任させ、信長も京都および畿内の支配者にのし上がります。

そこで畿内の勢力は、こんな選択を問われることになりました。

信長に従うか?
Yes ←?
or
No ←?

丹波(現在の京都府付近)「黒井城」の戦国大名である赤井氏は、ひとまず信長への恭順を表明しました。

赤井氏は、当主が赤井忠家。
実質的に取り仕切っていたのが赤井直正です。

赤井直正は、自らのことを【悪右衛門尉】と称するような変わり者の猛将で、現代の知名度は低いながら、戦国時代には名の知れた武将だったとされます。
※詳しくは以下の記事をご覧ください。

赤井直正(悪右衛門尉)50年の生涯をスッキリ解説!光秀を最も苦しめた男

鬼 ...

続きを見る

赤井氏が織田家の傘下に収まると、同じく丹波の有力者だった波多野氏(波多野秀治)も下り、他の多くの丹波衆もそれに続きました。

日の出の勢いの織田家、そして権威を有する将軍家。
両者についていけば間違いないであろう。

しかし、そんな目論見は徐々に狂い始めるのです。

 

信長包囲網を画策する義昭にキレ

政権トップとして日本を治めたい義昭。
「天下布武」のために将軍を利用していた信長。

両者の関係は次第に悪化していきました。

表面上こそ友好的に振舞っていながら、上洛の翌年・永禄12年(1569年)以降になると、義昭が信長打倒を目論んで諸国の大名に連絡を取るようになっていくのです。

元亀2年(1571年)には「信長を討伐してほしい!」と依頼を出すほどまでに対立が表面化し、義昭の憎悪はかなりのものが見受けられました。
もちろん信長も将軍の敵意は察知しておりましたが、権威を有する将軍を直接非難することは避け、我慢を重ねていたとされます。

しかし、それにも限界がありました。

執拗に敵対行動を重ねる義昭に対し、「もう我慢ならぬ!」とばかりに元亀3年(1572年)、十七カ条にも及ぶ意見書を送り付けるのです。

信長から義昭へ「十七箇条意見書」や「殿中御掟」には何が書かれていた?

元 ...

続きを見る

それでも将軍家の野望を抑えられない義昭。
浅井・朝倉氏や松永久秀、さらには武田信玄などとも協調して反信長体制を進めると、ついには「信長包囲網」が形成されます。

包囲網を敷くだけでなく、義昭は、元亀4年(1573年)に自ら挙兵を果たします。

が、これは完全に勇み足でした。

この絶妙のタイミングで武田信玄が死してしまったのです。

武田信玄53年の生涯をスッキリ解説【家系図付】戦国最強甲斐の虎 そのリアル

戦 ...

続きを見る

振り上げた拳を降ろすこともできず、槇島城に籠もる足利義昭。
織田の大軍に包囲されると呆気なく降伏し、京都から追放されますが(槇島城の戦い・この時点で室町幕府は滅亡)、織田家にとって厄介だったのは京都に程近い丹波の赤井氏も反旗を翻したことでした。

もともと赤井氏は「将軍義昭」を擁する信長に忠誠を誓っていたのであり、それを失ったいま織田家に従う理由はありません。
本音を言えば、これ以前の元亀2年(1571年)に、但馬(現在の兵庫県付近)の山名祐豊やまなすけとよ山名韶煕やまなつぐひろ)と抗争を繰り広げたところ、信長が山名助けを求めたことに不満を持ち続けていたのでしょう。

一大勢力となっていた信長に反旗を翻すのは、さすがに迷いもあったようです。
が、都を追われた義昭からの嘆願や武田氏との密通を経て、反信長へ傾いていくのでした。

 

第一次黒井城の戦い:波多野氏突然の裏切り

天正3年(1575年)。
織田信長は赤井氏が君臨する丹波の制圧戦に乗り出すことにしました。

司令官は、当時の織田家出世頭とも言える明智光秀。

名目上は「赤井氏の征伐」ではなく、あくまで「信長に盾突く守護代・内藤氏と、国人・宇津氏を撃破する」というものです。

いったい何のために?
というも、当時の赤井氏は「反信長を志向してはいたものの、表立っては反旗を翻したわけじゃない」ため、彼らを征伐できる大義名分がありませんでした。

そこで、かねてより反抗的であった丹波勢力の討伐として軍を進め、そこから赤井氏を攻めようと考えたようです。

光秀はまず、丹波で協力的だった波多野氏の後ろ盾を得ました。
同時に、織田家に忠誠を誓っていた丹波の豪族や国衆らを与力として侵入し、あっという間に制圧してしまいます。もともと内藤や宇津といった勢力はそこまでの強さはありませんでした。

かくして光秀が、本命・赤井氏への攻撃に転じると、彼らは黒井城へと立てこもりました。
赤井軍には「悪右衛門尉」とか「丹波の赤鬼」とも呼ばれた猛将・赤井直正が健在でしたが、光秀の兵糧攻めによってジリジリと追い込まれていきます。

光秀方としては、丹波国衆のほとんどが自分たちに味方していたということもあり、かなりの楽観ムードが漂っていたようです。
実際、丹波の国人である八木豊信は「まっ、来年の春までには落城するでしょ」と戦況を評するほどでした。

しかし。
この楽観ムードを一変させる大事件が翌天正4年(1576年)の年明け早々に起こります。

これまで光秀に付き従っていた波多野氏が突如織田家を裏切り、光秀軍は赤井・波多野連合軍の前に敗れ去ってしまうのです。

光秀は撤退を余儀なくされ、同時に信長も短期決戦による丹波平定を諦めることになりました。

なぜ波多野氏が光秀を裏切ったのか?
という点についての詳細は不明です。

伝承のレベルでは、
「猛将直正が波多野氏を呼び込む軍略だった」
とか
「開戦前から内応の密約が結ばれていた」
など諸説あり、いずれも明確な根拠は示されておりません。

 

他の仕事をこなしつつ再攻撃の機会を窺う

いったん兵を引き揚げた光秀は、信長に叱責を受けるどころか、以前にも増して重要な仕事を任せられます。

大坂の本願寺や雑賀攻め。
あるいは大和の松永攻めなど、畿内の作戦行動に従事していました。

松永久秀は爆死に非ず!信長を二度裏切った男は梟雄どころか忠義の智将か

2 ...

続きを見る

あまりに多忙すぎるがゆえに、このころ病を発症したともいわれていますが、無事に回復しております。

天正5年(1577年)以降は小規模な丹波攻めが続き、そして天正6年(1578年)、いよいよ大規模な軍事行動を起こすときがやってきます。

このころ赤井直正や波多野秀治は、毛利氏や武田氏と連携して反攻の機会をうかがっていたようです。

が、勢力を拡大していく信長に対して、効果的な対抗策を見いだせないまま時間が経過。
ついに光秀の猛攻に晒されることになります。

と言っても、光秀もマルチタスクをあまりに抱えさせられていて、丹波に出陣しては大坂に呼び出されたり、再び丹波に戻っても次は播磨へ、という具合で劇的に勢力を一変させるまでには至りません。

それでも少しずつ丹波制圧を進めていくと、ついに波多野氏の本城である八上城の包囲にまでたどり着きました。

 

八木城を兵糧攻め

波多野氏相手の攻城戦は、かなりの持久戦になりました。

光秀も無闇な力攻めは行使せず、城を取り囲んでの兵糧攻め。
織田軍の兵糧攻めと言えば、豊臣秀吉による【三木の干し殺し】や【鳥取の渇え殺し】が有名です。

同時期に、光秀も同じような攻撃を仕掛けており、八木城内でも餓死者が続出するようになっておりました。

鳥取の渇え殺し&三木の干し殺し人肉の恐怖~極度の空腹でメシ食うと死ぬ

戦 ...

続きを見る

事ここに至っても、城主の波多野秀治は「玉砕覚悟!」と抵抗を止めませんでした。
が、味方が踏ん張っていた支城・氷上城までもが落城すると、当主ではなく家臣側が限界を迎えてしまいます。

そして八上城、ついに落城――。

波多野秀治およびその兄弟らは市中引き回しの挙句、安土城で磔にされて波多野氏は滅びました。
光秀は自身の作戦を妨害した仇敵を葬り去ると、続いてかつて打倒した宇津氏をもう一度叩くべく宇津城に攻め込み、これもまた手早く落とします。

丹波衆の裏切りも心配なくなった光秀は、いよいよ赤井氏が居を構える黒井城を目指して進軍。

黒井城をめぐって一大決戦が繰り広げられる!
と思われましたが、実際はそうなりませんでした。

そこにはもう猛将・赤井直正の姿が無かったのです……。
いったい何が起きていたのか?
※続きは次ページへ

次のページへ >



-明智家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.