宣教師・切支丹

大村純忠(長崎の戦国大名)は過激すぎるキリシタン!? 改宗に従わぬ者は……

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
大村純忠
をクリックお願いします。

 

「小鳥には愛情を持って接してほしいんじゃ」

純忠の政治に対し、領民や家臣の反発は強く、たびたび内乱が勃発しました。

そうこうしているうちに隣国の龍造寺に押され、一時期はその配下になりますがが、龍造寺隆信が亡くなると、替わって侵攻してきた豊臣秀吉に従い、首尾よく本領を安堵されます。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

しかし、すでに身体は病に蝕まれていて、間もなく死去。

伴天連追放令が出されたのは死の1カ月後だったため、信者だった息子はアッサリ棄教し、その後、猛烈にキリシタンを弾圧いたします。

更には純忠の孫も熾烈に弾圧……と、ホントにここの領民は振り回されっぱなしでした。

そんな純忠ですが、死の前日には「それまで飼っていた小鳥を逃してやった」という優しげな逸話がありまして。

体力がなかった純忠は侍女にそれを頼んでいたのですが、侍女が小鳥を粗末に扱ったため腹を立てます。

しかし、怒ることはデウスの教えに反すると思い直し、侍女に高価な帯を与え

「小鳥はデウス様がお創りになったもの。だから愛情を持って接して欲しい」

と諭したそうです。

改宗しない領民を殺し、更には奴隷貿易で売り飛ばしておきながら、最期には小鳥に愛情を……って、なんじゃ、それ。もしかして天国へ行きたかったのかなぁ!?

中世を現代人の感覚で見るのは間違いとはいえ、やはり純忠の天国行きは納得がいかない。

悪人度は、鳥の分を換算せずに★3としておきましょう。

【日本史ワル査定】
悪人度  ★★★☆☆
影響力(権力)★★☆☆☆
キリシタン度 ★★★★★

あわせて読みたい関連記事

天正遣欧少年使節~戦国時代に初めて渡欧した4人 その後の人生は?

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

詐欺師にハメられた戦国大名・有馬晴信~苦難の連続だったキリシタンの生涯

続きを見る

戦国時代の外国人宣教師
外国人宣教師から見た戦国時代のニッポン 良い国or悪い国or鴨ネギな国?

続きを見る

戦国時代&大航海時代は奴隷時代
戦国時代&大航海時代は「奴隷時代」多くの罪なき人々はドコへ売られたか

続きを見る

【戦国宣教師伝】あのザビエルは再来日を目指していた? 知られざる生涯

続きを見る

戦国→鎖国への道! 岡本大八事件とノッサ・セニョーラ・ダ・グラッサ号事件

続きを見る

イラスト・文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

アマゾンの戦国本ランキングで1位を獲得した、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!

【参考】
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon
『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon
大村純忠/wikipedia

TOPページへ

 



-宣教師・切支丹
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)