毛利家

毛利家・五龍局(元就の娘)が弟・元春の妻と超冷戦!? 小姑と嫁の関係は難しい

天正二年(1574年)7月16日は、五龍局(ごりゅうのつぼね)が亡くなった日。

中国地方の雄・毛利元就の娘です。

毛利元就はナゼ一代で中国地方8カ国を支配できたのか【戦国毛利譚】

続きを見る

元就が亡くなったのが元亀二年(1571年)ですから、それからわずか3年後のことなんですね。

 

元就夫妻から溺愛された五龍局

五龍局は生年が不明ですので享年もハッキリしませんけれども……長男・毛利隆元から見て妹、かつ次男・吉川元春の姉とされていることから、大永三年~享禄三年(1523~1530年)の間となります。

生母も毛利三兄弟と同じで、元就の正室・妙玖でした。

となると、享年は50前後ぐらいでしょうか。この時代としては平均的といったところです。

本当は隆元の上にも姉がいたとされているのですが、かつて元就の弟・相合元綱(あいおうもとつな)に味方しようとした高橋氏の人質となり、元就が同家を攻めた際に殺害された……といわれています。

そのためか、実質的に長女とみなされた五龍局は、元就夫妻から溺愛されたそうです。

しかし、それが彼女と、とある人物との間に確執を生んだ……かもしれません。

 

「新庄局の手紙はまるで高圧的な武将のようだ」

五龍局は天文三年(1534年)、安芸の国人・宍戸隆家(ししどたかいえ)と毛利家の和解のために嫁ぎました。

その後、吉川元春の正室・新庄局と静かな大ゲンカをしていたと言われています。

新庄局は弟の妻ですから、五龍局はいわゆる小姑という立場ですね。

新庄局は、夫の元春から「不美人だから嫁に向いている」という、割と失礼な評価を受けて嫁いだ人です。

吉川元春(毛利元就の次男)が熱い!11才で初陣を飾った勇将と奥様に注目

続きを見る

元春と新庄局の仲はかなり良好だったようですが、義理の姉である五龍局とは、気が強い者同士でぶつかり合うことが多かったのだとか。

やっぱり嫁と小姑の関係は難しいですね(´・ω・`)

元就いわく「新庄局の手紙は短文で、まるで高圧的な武将のようだ」とのこと。

また、小早川隆景から「姉上(五龍局)とも仲良くしていただけませんか」というような手紙を受け取ったとき、新庄局は返事すらしなかったとか。

小早川隆景(元就の三男)はキレ者よ~王佐の才は毛利や秀吉に重宝され

続きを見る

それなりの血筋と立場があって、しかも義理の弟から義理の姉に関する手紙の返事をしないって、現代の既読スルーどころの騒ぎじゃありません……。

元就は、五龍局について『三子教訓状』の中で、

「あの娘のことは気の毒に思っているので、せめてお前たち三兄弟が生きているうちは、苦労させないでほしい」

という感じのことを息子たちに向けて書いています。

父親からすると、五龍局のほうが女性らしく見えたんですかね。なんだか実の娘だからこそのひいき目もありそうです。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-毛利家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.