織田家

信長は稲葉山城(後の岐阜城)をどう攻略したか? その全貌を徹底分析!

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
信長の稲葉山城攻略
をクリックお願いします。

 

風前の灯火 斎藤家、最後の戦い

中濃を制し、東濃を武田家との緩衝地帯にした信長の次の目標はいよいよ斎藤龍興の居城、稲葉山城です。

しかし稲葉山城を攻めるには地理的に困難で、織田家では信秀の代からなかなか克服できないでおります。

地図を見ると小牧山城と稲葉山城は直線距離で僅かな距離しかなく、木曽川の支配圏を得た今、得意の電光石火の進撃で一気に木曽川を渡ってしまえばいいじゃん、と思いたくなりますが、この木曽川が信長の直線的な進軍を依然として妨げていたのです。

木曽川は度々氾濫を起こしていましたので、木曽川の両岸のかなりの面積で人が住めないような沼や小さな支流が延々と連なっていました。

前回、犬山城主の織田信清が反旗を翻した理由に、信長の岩倉織田家攻めの分け前に不満を持っていたと紹介しましたが、

信長が初めて築いた「小牧山城」が織田家の戦略を一変! 狙いは犬山城?

続きを見る

信長が信清に与えた分け前が、まさにこの木曽川沿いの、家や田畑も作れない、資産価値ゼロの湿地帯でした。そりゃ信清さんが怒るのも分かります。

木曽川を渡って美濃方面に入っても状況は同じです。延々と続く湿地帯、その先には大軍団の投入が可能な広大な平野で斎藤方の軍勢が待ち構えています。

では新しく支配下に置いた中濃地域から稲葉山城に攻め込めば?

と考えたいところですが、信長の主力軍をいったん中濃地域に入れるには、猿啄城のある場所のような狭隘な渓谷を大軍団が抜けていかなくてはなりません。

こんな目立つ行軍をしていては先に中濃地域に斎藤方の軍勢を入れられてしまいますし、ガラ空きの尾張を西美濃から狙われます。

結局、中濃を押さえとしつつ、稲葉山城方面には直線的に南から、または反時計回りで西から旋回して攻め込むしかありません。

どうしたものかと思案しているうちに永禄9年(1566年)になり、足利義昭(この頃は義秋)より上洛の協力要請が信長の下に届きます。

足利義昭(覚慶)61年の生涯! 信長と共に上洛し京を追われてどうなった?

続きを見る

義昭はこの頃、近江にいましたが、上洛するのに軍勢を必要としていました。破竹の勢いと過去の莫大な献金のお陰か、この頃の信長には既に足利将軍家にも名が通った存在でした。

これに信長は即座に応えます。義昭は信長の遠征を早めるために斎藤家との停戦を仲介します。

しかし停戦したからといってやすやすと将軍家の元に駆けつける信長ではありません。この停戦期間を利用して少しでも美濃に橋頭堡を作ろうと企みます。

おそるべし信長。

おそるべし戦国。

もはや足利将軍家の権威などありません。

信長は近江に援軍を出すという名目で軍勢を尾張の北方から木曽川を渡河させます。

斎藤家からすれば、尾張から京都方面に行きたければ街道沿いに尾張の西から木曽川渡れよとツッコミを入れたくなるのも分かるくらいあからさまな稲葉山城への威力偵察です。

この永禄9年に信長は2度、尾張の北から美濃に侵入した記録が残っています。

信秀の代から失敗続きの尾張北方面からの木曽川渡河ですが、この時もいち早く軍勢を出してきた斎藤方に進撃を阻まれ尾張に退却。2回目は大雨による木曽川の増水で自軍が流されてしまいます。

こんなことをしているうちに足利義昭はなかなかやって来ない織田家に見切りをつけて、越前の朝倉家を頼って一乗谷へ向かってしまいます。

信長にとっては将軍家を逃すという大失策でしたが、将軍家から声が掛かるという一件は美濃の保守派、すなわち斎藤家先代までの重臣たちの心を動かすにはかなり有効でした。

また武田信玄との婚姻政策も斎藤家をオワコン宣言するのに十分な宣伝材料となりました。

そしてついに呼応したのが、かねてより調略を進めていた西美濃三人衆といわれる安藤守就稲葉良通氏家直元です。

安藤守就は斎藤家の筆頭家老にして竹中半兵衛重治の稲葉山城乗っ取り事件の時にも支援したとされる美濃の大物。

稲葉良通は斎藤義龍の母親の実家で親戚衆です。

氏家直元は氏家卜全の名で有名な武将ですが、大垣城より西はほぼ氏家家の領土という、美濃で最大の領地を持つ重臣でした。

稲葉一鉄(稲葉良通)
稲葉一鉄(美濃三人衆の一人)は信長の下でどんな活躍を? 生涯74年まとめ

続きを見る

安藤守就は信長に従った西美濃三人衆の一人~知られざる不憫な最期とは?

続きを見る

この三人が斎藤家を見限った経緯は詳しく伝わっておりませんが、中濃を失い、武田家との連絡も絶たれた風前の灯火の斎藤家よりも、織田家の支配下に入った方が自分たちの領土に持つ権益を確保できると判断した、もしくは地道な調略で説得したのでしょう。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150611-11

西美濃三人衆の居城の位置。味方になると長良川西部をほぼ 手中にできます/©2015Google,ZENRIN

織田家には美濃出身の美濃衆だけでなく、木曽川の管理権を牛耳る川並衆、また木下藤吉郎秀吉という出自不明のタフネゴシエーターがいます。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

出自不明なやつに話なんかしたくないという、お高い重臣クラスのVIPには丹羽長秀という内応問い合わせセンターも機能しています。

また、中濃地域には斎藤利治が復帰して、主家が存続しているどころか斎藤家出身でも活躍次第で城持ちになれることを実証。中小の国人だった美濃出身の森可成や川尻秀隆にも金山城や猿啄城が与えられています。

三代目JSBのメンバーから漏れてしまい、出世の夢も絶たれてしまった美濃の国人衆や、先代までの重臣だった西美濃三人衆にとって、これだけの状況下で「じゃあちょっと見積もりだけでも相談しようか」となるのは自然の流れでしょう。

 

亡国のイージス「稲葉山城」

永禄10年(1567年)になり、西美濃三人衆がこぞって信長の元に人質を差し出すと申し出てきました。

この一報を聞いた信長は人質の受け取りに村井貞勝と島田秀満を派遣しますが、信長は人質の受け取りを待たずに、電光石火の進軍で一気に美濃に乗り込みます。

え?
いくらなんでも早すぎるって?

ええ、しかしそれが織田信長の進軍なのです。

仮に三人衆の内応が虚報で斎藤家の計略だとしても、人質が小牧山城に到着してから織田方は軍を動かすと計算しますので、この電光石火の進軍では信長を罠にハメる方も準備が整いません。

また西美濃の三人衆が味方についたということは、斎藤家の領土の西半分が織田家についたということになります。

これは斎藤家の軍を構成するほとんどの兵力が参戦しないことを意味します。

さらに三人衆の領地は木曽川の西側を占めますので、信長は、側面からの反撃を一切気にせずに稲葉山城の城下町「井口」まで進軍が可能となります。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン20150611-12

考えられる渡河ルートは3通り/©2015Google,ZENRIN

信長が木曽川のどこから渡河したかは記録には出てきませんが、考えられるルートは、最短ルートの笠松と無動寺の渡しの両方からの渡河です。

犬山城から伊木山城方面に渡河するルートは、大方の国人衆が織田方に内応しているとはいえ敵地での行軍時間が長くなり危険です。

また木曽川下流の尾張の西側から渡河するルートは二代目の斎藤義龍が死んだ直後に攻め込んだ実績のあるルートで、氏家直元の領地も通るので安全ですが、小牧山城からは遠過ぎます。

結局、信長は抵抗を受けることなく稲葉山城下まで進軍します。無傷でここまで来れたことが西美濃三人衆の内応が間違っていないことも同時に証明しました。

稲葉山城は長良川沿いの幾つかの山が連なった山塊の北の山に本丸があり、南には深い谷を挟んで「瑞龍寺山」とよばれる山があります。

この瑞龍寺山のほかにも本丸を囲むようにに4~5つほどの山があり、これを奪ってしまえば天然の付け城の完成となります。

また稲葉山城は平場が少なく各曲輪が狭かったので大兵力での籠城は難しかったようです。山頂には井戸すら無く、雨水を貯めて飲み水にしていました。

信長は柴田勝家佐久間信盛を先鋒に、瑞龍寺山を一気に占拠し、城下の井口の町を放火します。もうやりたい放題です。

その頃にようやく西美濃三人衆が血相を変えて信長の元に参陣しました。

稲葉山城攻め

稲葉山城攻め/©2015Google,ZENRIN

この時点ですでに斎藤方は完全に詰んでいたと見るべきでしょう。

稲葉山城に籠もったところで兵力は僅かしか収容できません。

援軍も望めず城下も焼かれ稲葉山城は裸同然。一見、難攻不落に見える稲葉山城ですが、竹中半兵衛に少数で占拠されたり、後年の関ヶ原の戦いの前哨戦【岐阜城の戦い】でもあっさり落城していますので、城そのものの防御能力は非常に低いと言わざるを得ません。

東西のスター武将が集った【岐阜城の戦い】はド派手な関ヶ原前哨戦だった!

続きを見る

このことから稲葉山城は本来の「詰めの城」という役割より、山頂の本丸から遥か遠くまで見渡せる特徴から、木曽川や長良川を防衛ラインとして広大な濃尾平野を戦略的に生かすためのレーダーやイージスシステムのような役割だったと考えます。

眺望のきく稲葉山(金華山)は敵の攻撃や侵入を真っ先に感知して迎撃を繰り出すための装置だったのでしょう。

城主が優秀であれば、そのシステムの能力も最大限に引き出せます。

が、無能であれば、システムの運用には何が大事か分からず、得られた情報に意味を持たせることすらできずに、せっかくのイージスシステムは単なる「見張り台」としか機能しません。

道三や義龍は織田方の侵入を感知したと同時に大兵力を木曽川まで繰り出す迎撃態勢を取っていました。これが稲葉山城のイージスシステムです。

斎藤道三
斎藤道三 史実の人物像に迫る!マムシと呼ばれた戦国大名63年の生涯

続きを見る

ところが斉斎藤龍興はイージスシステムの運用の要である「兵力」を調略であっさり失っていました。

龍興は無能ではなかったとする説も最近では耳にしますが、ここまで見てきて軍事に関しては優秀さを示す根拠に乏しいと言わざるを得ません。

ルイス・フロイスの『日本史』にも信長の稲葉山城攻めの記述があります。こちらは信長が龍興方の背後に伏兵を入れて挟み撃ちにしたとあります。

ルイス・フロイス
戦国や信長を描いたルイス・フロイス~その著書『日本史』には何と記された?

続きを見る

いずれにせよ今まで木曽川の渡河ポイントでしっかり迎撃できていた斎藤家は、この頃までには迎撃どころか兵すら集まらない状態になっていたことが分かります。

これではせっかく稲葉山城で信長の侵入をいち早く感知できても何もできません。

稲葉山城攻めでは、木下藤吉郎秀吉が東の山から蜂須賀小六などと共に山を登り、二の丸の食料庫に火をかけたという話がありますが、稲葉山城の本丸を取り囲む山々はすべて織田方の手に落ちていたようです。

斎藤龍興は数名の家臣と共に、城下の混乱に乗じて長良川を下り、一向宗が支配する伊勢長島へと落ち延びて行きました。

 

そして「岐阜城」へ

信長はついに稲葉山城の攻略を果たしました。

この後、稲葉山城を大改造して「岐阜城」を完成させ、さらに居城を小牧山から美濃にお引っ越しをするという、またまた破天荒な行動を起こすのですが、今回はここまで。

中濃地域の戦いでは信長自身が多くの経験を積むことができました。

犬山城で初めて山城の攻城戦を経験してからは、ひたすら山城の攻城戦が続きました。

また野戦においても退却戦を経験したり、調略を織り交ぜて複合的に相手を追い詰めたりと、あらゆる手段を使う総力戦で相手を屈服させる術を身につけました。

これから岐阜城に移って、織田信長も全国区のメジャーな武将へとなっていくわけですが、この美濃攻略戦で戦略、戦術を高める貴重な経験ができたことは大きいですね。

城についても「城は火攻めに弱い」という弱点の克服するために築城に新たな革命を起こすことになります。

そして信長は山頂にそびえる稲葉山城という美濃のイージスシステムを手に入れ、世の中に対する明確なビジョンを持ち始めます。

「殿!あれが美濃防衛の要、イージスシステムでございますぞ!」

「遅い」

「はっ?」

「イージスシステムの運用を短縮せい!」

「ならば全力で駆け降りて殿に情報をお届けに参りまする!」

「遅い」

「と、飛び降りてでも」

「遅い!」

「ではどうしろと……」

「ワシがあそこに住めばよい」

「はっ?」

「ワシがイージスになる!」

「良き考えにございます、殿!ゆくゆくは天下のイージスとなればよろしいかと」

「であるか!これが天下布武じゃ!!」

筆者:R.Fujise(お城野郎)

武将ジャパンお城野郎FUJISEさんイラスト300-4

日本城郭保全協会 研究ユニットリーダー(メンバー1人)。
現存十二天守からフェイクな城までハイパーポジティブシンキングで日本各地のお城を紹介。
特技は妄想力を発動することにより現代に城郭を再現できること(ただし脳内に限る)。

あわせて読みたい関連記事

斎藤道三
斎藤道三 史実の人物像に迫る!マムシと呼ばれた戦国大名63年の生涯

続きを見る

信長は稲葉山城(後の岐阜城)をどう攻略したか? その全貌を徹底分析!

続きを見る

斎藤龍興(道三の孫)が信長に敗北! 国を追われてネチネチ攻撃やり返す

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

竹中半兵衛36年の生涯まとめ~官兵衛と並び称される天才軍師の実像とは?

続きを見る

稲葉山城乗っ取り事件
天才・半兵衛による稲葉山城乗っ取り事件! 何のために城を占拠した?

続きを見る

斎藤義龍
斎藤義龍(道三の長男)はなぜ父マムシを殺したか?33年の生涯まとめ

続きを見る

長良川の戦い
長良川の戦いで父・道三と息子・義龍が激突!その後の斎藤家はどうなった?

続きを見る

丹羽長秀は信長に最も信頼された織田家重臣の一人~その生涯65年まとめ

続きを見る

森可成(信長お気に入りの重臣)蘭丸や長可の父はどんな武将だった?

続きを見る

蜂屋頼隆は信長親衛隊「黒母衣衆」から大名へ! 秀吉にも重用された生涯とは

続きを見る

金森長近は信長親衛隊「赤母衣衆」から大名へ出世!85年の生涯まとめ

続きを見る

織田信秀
織田信秀(信長の父)が道三や義元相手に大暴れ!実は経済重視の似た者親子か

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の跡継ぎってどんな人? 最後は光秀に命を狙われ

続きを見る

柴田勝家(織田家の重臣)当初は信長の敵だった鬼柴田62年の生涯まとめ!

続きを見る

斎藤利治(道三の末子)が信長の命を受け【月岡野の戦い】で大勝利!

続きを見る

武田勝頼(信玄の四男)風林火山を使えぬ悲劇が武田家の滅亡へ 37年の生涯

続きを見る

足利義昭(覚慶)61年の生涯! 信長と共に上洛し京を追われてどうなった?

続きを見る

稲葉一鉄(稲葉良通)
稲葉一鉄(美濃三人衆の一人)は信長の下でどんな活躍を? 生涯74年まとめ

続きを見る

安藤守就は信長に従った西美濃三人衆の一人~知られざる不憫な最期とは?

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

ルイス・フロイス
戦国や信長を描いたルイス・フロイス~その著書『日本史』には何と記された?

続きを見る

TOPページへ

 



-織田家
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)