信長公記 皇室・公家

信長が内大臣に就任!武官でなかったのは義昭のせい? 信長公記141話

こちらは2ページめになります。
1ページめから詠む場合は
内大臣・織田信長
をクリックお願いします。

 

黄金や香木、反物を献上

これに伴って、信長は摂家・清華家などの公家に領地を進呈しました。

正親町天皇に対しては黄金200枚、沈香(じんこう)・反物、他さまざまな品を献上しています。

沈香というのは、香木が風雨などで損傷を受けた際に樹脂を出し、それが乾燥してできた香料のことです。

その最高級品が、かつて108話で信長が切り取りを許された「蘭奢待(らんじゃたい)」ですね。

麒麟がくる登場の蘭奢待(らんじゃたい)とは?信長や明治天皇も切り取った香木

続きを見る

他には「伽羅(きゃら)」などが沈香の代表例となります。

天皇からは信長へ、衣服が贈られたようですが、それがどのようなものだったか『信長公記』には記載されていません。

 

山岡兄弟のおもてなし

この日の信長は、官位授受の後、速やかに宮中を退出し、京都を出発。

石山寺世尊院(大津市)に行き、近隣の瀬田城主である山岡景隆・山岡景猶兄弟から昇進祝いともてなしを受けました。

ここで2日間「鷹狩」をしているので、帰り道を急いだというよりは、「用事が済んだからさっさと帰った」という感じでしょうか。

信長も家康も熱中した鷹狩りの歴史~日本最古の記録は仁徳天皇時代に

続きを見る

山岡兄弟は、信長が永禄十一年(1568年)に上洛した後に織田家についた人々です。

ほんの一時期ですが、松永久秀についていたこともあったため、当初は信長の信頼を得られず、必死に働いて何とか認めてもらったという経緯があります。

松永久秀
松永久秀は爆死ではない! 信長を二度裏切ったが実は忠義の智将 70年の生涯

続きを見る

そして、本当に信長のことを慕うようになっていたのでしょう。

後に本能寺の変が起きたとき、明智光秀から協力を求められた山岡景隆は、逆に【瀬田の唐橋】を焼き落として明智軍を困らせています。

瀬田の唐橋とは、これまた織田信長が改修工事をしたばかりで、近江と京都をつなぐ交通の要衝でもありました。

25日に信長は安土へ帰還し、この年は穏やかに過ごします。

あわせて読みたい関連記事

信長が歴史的戦場「瀬田の唐橋」を架け替えた意外な理由とは?信長公記124話

続きを見る

本能寺の変
なぜ本能寺の変で光秀は信長を裏切ったか?諸説検証で浮かぶ有力説はコレ!

続きを見る

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

【信長の秘策は巨船】琵琶湖を走らせ義昭封じだ~超わかる信長公記91・92話

続きを見る

比叡山焼き討ち~なぜ信長は攻め込んだ? 数千人の虐殺&大炎上は誇張あり?

続きを見る

浅井長政(信長を裏切った男)29年の生涯とは?その血は皇室へ続く

続きを見る

天王寺砦の戦いで信長撃たれる! 雑賀衆の怖さよ~信長公記136・137話

続きを見る

明智煕子(光秀の妻・妻木煕子)
光秀の妻・明智煕子(妻木煕子)のナゾ多き史実~糟糠の妻の生涯とは?

続きを見る

秀吉の正妻ねね(寧々・北政所・高台院)は賢夫人 女癖悪い夫をどう操作した?

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

信長はプレゼント外交がお好き 武田、上杉、遠くは伊達とも~信長公記126話

続きを見る

あの竹田城最後の城主・斎村政広は家康に切腹を命じられた 原因は亀井の讒言?

続きを見る

赤松広秀(竹田城最後の城主)が家康に切腹を命じられた顛末~寝返りは慎重に

続きを見る

宇喜多直家(戦国の謀殺王)は本当に謀将か?没落の身から息子は五大老へ

続きを見る

イケメン武将・宇喜多秀家(謀殺王の息子)の生涯!27歳で五大老に就任も……

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『歴史読本』編集部『日本史に出てくる官職位階のことがわかる本 (中経出版)』(→amazon
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-信長公記, 皇室・公家

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)