絵・小久ヒロ

徳川家

お静の方こと浄光院(秀忠の側室で保科正之の母)が辿った数奇な生涯が大変だ

徳川家随一の善人こと保科正之さん。

本サイトにも何度か登場しておりますが、その堅実さゆえ、世間にあまり能力が知られていない人物の一人ではないでしょうか。

ましてや母ともなれば、ほとんど全く注目されません。実は、かなり波乱万丈な生涯でして……。

今回は、寛永十二年(1635年)9月17日に亡くなられた保科正之の母・浄光院(お静の方)の一生を振り返ってみたいと思います。

俗名は静(しず)で”お静の方”とも呼ばれますね。

 

浄光院(お静の方)と秀忠は何時出会った?

案の定というかなんというか、お静の方は身分が低く、あまりハッキリした記録は残っておりません。

北条家の遺臣・神尾栄加の娘という説があり、彼女のタイプとしてはその名の通り物静かな人だったようです。

徳川秀忠に見初められたのは、慶長年間(だいたい豊臣秀頼元服から豊臣家滅亡まで)だとされているので、まさに秀忠がピリピリしていた時期。

徳川秀忠(家康の三男)関ヶ原の遅刻は冤罪か!? 二代目将軍の実力

続きを見る

これは完全にワタクシの想像ですが、現在で言うところの”癒し系”だったのではないでしょうか。

秀忠の正室・お江与(江・ごう)は浅井三姉妹の中にあっても特に苛烈な性格だとされます。

仕事に目を向ければ、関ヶ原の戦いに遅参したり、将軍職を継承したり、子供達とのアレコレなどがあってストレスてんこもりだったり。

「もうやめて! 秀忠のMPはゼロよ!」状態な頃ですから、お静の方のように優しい女性にビビビと来てしまうのも無理はありません。

彼女は秀忠の乳母である大姥局(おおうばのつぼね)に仕えていたので、おそらく乳母に何か相談事でもしに行ったときに秀忠と出会ったと目されています。

乳母というと今では子守をする人のイメージしかありませんが、当時は教育係や相談役も兼ねておりましたので。

 

一度は堕胎の道を選ばされるも……

そして成るべくして成ったというか、お静の方は懐妊します。

が、当時は正室が認めなければ側室を増やせないことになっていました。

正妻のお江与にとてもじゃないけど言い出せない秀忠は、お静の方を妻として迎えることができません。

一度は堕胎という道を選ばされ、秀忠とは離れ離れになってしまいます。

されど、大姥局の求めに応じて再び働き始めると、やっぱり秀忠に求められて再び身籠ります。

こうなるとさすがに子供を堕ろすことはできず、産むことになり……慶長16年(1611年)5月7日、無事に幼名・幸松(後の保科正之)は誕生しました。

保科正之の完璧人生唯一の汚点~嫉妬に狂った妻が毒を盛り、死亡したのは誰?

続きを見る

ただし、そのまま静の下で育てていたら、いつお江与にバレるともわかりません。

大姥局が手を回して面倒を見てもらったのが、武田信玄の次女である見性院でした。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-徳川家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.