絵・富永商太

豊臣家

秀吉の天下は【小牧・長久手の戦い】でほぼ内定!複雑な戦況をスッキリ解説

投稿日:

天正12年(1584年)11月21日、小牧・長久手の戦いが終結しました。

秀吉と家康が覇権を競った合戦として知られますが、あの【本能寺の変】から2年5ヶ月しか経ってないんですね。

あまりに慌ただしい展開のため、戦国ファンの方でも、
本能寺やら
山崎やら
賤ヶ岳やら
アタマの中で結構、ゴチャついておりませんか?

そこで!
今回は、本能寺からの流れを年表チャートでまとめ、さらに地図で確認しながら【小牧・長久手の戦い】を見ていきたいと思います。

 

小牧・長久手の戦い前の情勢とは?

小牧・長久手の戦いは「◯◯の勝利!」と言い切れるような、スパッとした決着ではありません。

1584年3月に始まったこの戦いは、戦場となったエリアがかなり広く、秀吉・家康の両軍が多くの陣や砦を構築。
長久手でのみ大きな戦闘があり、その他は小牧を中心に小競り合いしながら互いを見合う状態が11月まで続きました。

小牧の戦い=両軍にらみ合い
長久手の戦い=激しい戦いがあった



一言で言えばこんな感じです。

ここに至るまでを振り返ってみますと、まず本能寺の変が起きたのは、旧暦で天正10年(1582年)6月2日のことでした。

ご存知の通り明智光秀が本能寺に襲いかかり、信長と、二条城にいた跡取り息子の織田信忠らが亡くなっております。

首尾よく織田のツートップを倒した光秀は、すかさず畿内と周辺の要衝を押さえにかかったのですが、そこへ突如として現れたのが、備中高松城の水攻めで毛利家と対峙しているはずの豊臣秀吉です。

秀吉は、黒田官兵衛や蜂須賀正勝を通じて安国寺恵瓊(その背景に吉川元春小早川隆景らの毛利方)との和睦交渉を締結させ、10日間で230kmを移動する【中国大返し】を敢行。
山崎の戦い】で光秀を破ります。

しかし、これで織田家のトップに立てるほど甘くはありませんでした。

戦後に、

豊臣秀吉
柴田勝家
丹羽長秀
池田恒興
滝川一益は参加できず

の四名による【清州会議】が行われ、確かに秀吉のプッシュする三法師が次代の織田家当主となっています。

しかし、織田家の精神的シンボルだった信長妹・お市の方は柴田勝家に再嫁し、さらには近江の要衝エリアが柴田方に押さえられるなどして、秀吉ばかりが有利に終わったワケではありません。

そして勝家と秀吉は天正11年(1583年)に【賤ヶ岳の戦い】で激突――。

前田利家の離脱などもあって有利にコトを運べた秀吉が勝利を収め、織田家内での立場を決定的にしたのでした。
しかし……。

 

本能寺からの年表チャート

破竹の勢いの秀吉も、相手が徳川家康となれば、コトはそう単純でもありません。

徳川は、秀吉が内部抗争で競っている間に、旧武田の領地である信濃半国・甲斐一国を掌握していたばかりか(天正壬午の乱)、武田家臣団も取り込むなどしてメキメキと力をつけ、近隣エリアで秀吉に対抗できるほぼ唯一の存在になっていたのです。

ここまでの流れ、いったん年表チャートで整理しておきましょう。

【年表チャート】

天正10年(1582年)
①本能寺の変

②秀吉の中国大返し

④山崎の戦い
秀吉vs光秀

③清州会議

天正11年(1583年)
④賤ヶ岳の戦い
秀吉vs勝家

天正12年(1584年)
⑤小牧・長久手の戦い←今日ここ

織田家の権力抗争を勝ち抜いてきた秀吉と、旧武田領と人材を取り込み北条・上杉と渡り合った徳川。

兵力では秀吉有利なれど、戦はやってみるまでわからない――。
戦国ファンにはたまらない展開ですね。

しかし、当事者たちは別の意味でたまらなかったでしょう。
本能寺以来、毎年、大きな合戦が続いていたところに、今回の小牧・長久手の戦いです。

キッカケは、それまで秀吉と微妙な関係を保っていた織田信雄でした。

 

地味な信雄・家康軍に対し華やかな秀吉軍

織田信雄とは、信長の二男です。
映画『清須会議』では妻夫木聡さんがフニャけた演技をしていたように「愚将」として知られる人物ですね。

実際は「そうアホでもなかっただろう」という指摘もありますが、この戦いの結末を見てみれば、確かに凡将以下として描かれても仕方のない有り様です。

小牧・長久手の戦いは、この信雄が秀吉に怒りを覚え、そして秀吉を怒らせ、自身が徳川家康に話を持ちかけるところから戦は始まります。

一応、この時点での主役は織田家であり、家康はあくまで協力者というポジション。
要は、織田信雄&徳川家康の連合軍でした。

一方の秀吉軍は?

それはもう華々しい顔ぶれが並んでおりました。
いささか細かくなりますが、陣立てで主要人物を確認してみましょう。

【秀吉軍ラインナップ】

【東】
一番隊:加藤光泰・神子田正治・日根野弘就ら
二番隊:細川忠興・高山右近
三番隊:中川秀政・小川祐忠ら
四番隊:金森長近蜂屋頼隆
五番隊:丹羽長重(丹羽長秀の嫡男)

【西】
一番隊:黒田官兵衛・蜂須賀正勝・蒲生氏郷
二番隊:堀秀政・稲葉貞通ら
三番隊:筒井定次
四番隊:羽柴秀長

【後】
一番隊:山内一豊・加藤清正・松下之綱ら
二番隊:秀吉本陣
三番隊:浅野長政・福島正信(正則の父)

※松下之綱とは、秀吉が織田家の前に仕えていた武将(あるいは秀吉が仕えていた松下長則の息子)

総兵力は実に7万(10万とも)――対する織田信雄&徳川家康連合軍が2~3万と目されており、数で言えば圧倒的に秀吉が優勢でした。

しかし、数字だけで結果が決まらないのが合戦の常。
特に徳川軍は、四天王(本多忠勝酒井忠次榊原康政井伊直政)らを中心とした勇将をズラリと取り揃えており、【天正壬午の乱】を経て精強な部隊となっていたはずです。

用意周到な家康は、秀吉牽制のため、全国各地の諸勢力に協力を要請しておりました。

 

外交戦略もアツい!全国で家康vs秀吉の構図

家康が協力を要請した諸勢力とは以下の通りです。

【家康の外交戦略】

・根来寺と雑賀衆(紀伊での蜂起)
長宗我部元親(淡路や大坂への侵攻)
本願寺顕如(一向宗による一揆)
・各地の国衆(河内・大和・伊賀・近江・丹波)
佐々成政(北陸越中での蜂起)

これらが全て立ち上がり、背後を衝かれでもしたら、さすがの秀吉も苦しいところ。

もちろん黙って見過ごす秀吉ではありません。
同じく外交戦略を駆使します。

【秀吉の外交戦略】

・丹羽長秀→北陸の押さえ
・前田利家→北陸の押さえ
・本願寺顕如→一揆の回避
・上杉景勝→越中や信濃への牽制
佐竹義重→関東の押さえ

なんとなく【徳川方の国衆vs豊臣方の大名】という感じで、秀吉の方が軍の規模が大きい印象ですね。
本願寺顕如を取り合っているところが、当時の趨勢を感じさせます。

東本願寺と西本願寺~二つに分かれているのは秀吉と家康のせい?

戦 ...

続きを見る

外交戦では、まずまずの互角といったところでしょうか。

となれば後は直接対決しかありません。

戦いは、尾張平野を一望できる小牧山城に徳川が陣を張り、秀吉が犬山(犬山城や楽田城)に本陣を構えたところから始まりました。

小牧山城

 

土木戦術に優れた両軍は共に動けず

この合戦は、山崎の戦いや関ヶ原の戦いのように、両軍激しくぶつかるド派手な戦闘には発展しておりません(長久手の戦いを除く)。

豊臣も徳川も、周辺エリアに拠点(砦など)を設置しまくったため、両者、動くに動けなくなってしまったのですね。
まるで【賤ヶ岳の戦い】のような展開です。

賤ヶ岳の戦い~拮抗していた秀吉vs勝家 勝利のキッカケは利家だった?

豊 ...

続きを見る

拠点設置(土木工事)を重要視して、敵と対峙するのは【長篠の戦い】にも見られた戦術であり、その後の秀吉による三木城や鳥取城、あるいは備中高松城での戦いでもそうでした。

そうした事情を家康が知らないわけもなく(長篠の戦いには参戦)、ゆえに両者慎重にならざるを得なかったのでしょう。

ちょっと細かくなりますが、両軍の拠点を列挙してみます。

【豊臣方の拠点】
犬山城
楽田城
羽黒砦
内久保砦
外久保砦
小口城
青塚砦
岩崎山砦
小松寺山砦
田中砦
二重堀砦跡
大留城

【徳川方の拠点】
小牧山城
蟹清水砦
北外山砦
宇田津砦
田楽砦

【その他】
長久手古戦場跡

視覚的にわかりやすくするため、以下の地図に拠点をマークしておきました。

よろしければザッとご覧ください。
戦場の規模がご理解できるはずです。

※黄色が豊臣の拠点で、赤色が徳川拠点、紫色が長久手の戦い古戦場となります

現在の名古屋市を取り囲むようにして、多くの拠点が広がっているのがご理解いただけるでしょう。

北側エリアが秀吉で、南側が家康ですね。
右下の赤いマークが岡崎城であり、ここが戦況を大きく動かすキッカケとなります。

キッカケとは他でもありません。
両軍が膠着している間、三河の岡崎城を攻めるべく豊臣方が別働隊を発射させたのです。

いわゆる【中入り】と呼ばれる作戦で、これが長久手の戦いへ繋がっていきます。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-豊臣家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.