まんが日本史ブギウギ

戦国史が一変した天正十年!西暦1582年に何が起きた? 日本史ブギウギ168話

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
戦国史が一変した天正十年
をクリックお願いします。

 

生還者

◆信長の側近として仕えていた黒人初の侍・弥助

弥助
日本初の黒人侍・弥助~信長に仕え本能寺で巻き込まれたその後は?

続きを見る

信長の、ほとんど最後まで側にいたとされる弥助は、その後、二条新御所にいた織田信忠のもとへ走り、結局、明智軍に囚えられて、京都内の教会へ引き渡されたと言います。

『信長公記』の作者・太田牛一に現場の様子を伝えてくれていたら、そりゃもう、凄まじく面白いんですけどね。

なお、死の直前に敦盛を舞ったと『信長公記』には記されていません。著者の遊び心なオチだということを野暮ながら付け加えさせていただきます。

信長の死因
信長の死因は一酸化炭素中毒がリアル? 本能寺での最期を現代医師が考察

続きを見る

 

逃げて!ヤッさん

◆家康と信長はどんな関係だったのか?

武田信玄からの凄まじいプレッシャーを浴びせられながらも、ついに織田家を裏切らなかった家康は、やはり信長の強さを信じていたのでしょう。

武田信玄
武田信玄 史実の人物像に迫る!父を追放し三方ヶ原後に没した53年の生涯

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

しかし、ここは信玄や信長を偲んでいる場合じゃござーせん。

摂津の堺にいた家康は、三河へ戻るべく死の行軍にチャレンジします。

本多忠勝にも背中を押されて突き進んだその道は、伊賀の山中を通って伊勢・尾張へと抜ける地獄の帰り道でした。

本多忠勝
本多忠勝(徳川四天王)63年の生涯と5つの最強エピソード!年表付

続きを見る

神君伊賀越え
神君伊賀越え(家康の逃亡ルート)はここ! 信長の死後に訪れた悲劇

続きを見る

 

天正十年にあったことマトメ

◆甲州征伐
武田勝頼が滅ぼされる

◆備中高松城の戦い
→最も有名な水攻め開始

本能寺の変
→信長が横死

山崎の戦い
→秀吉が光秀に勝つ

◆清洲会議
→秀吉vs勝家始まる

天正遣欧少年使節が出発
→4人の少年は欧州へ

天正遣欧少年使節
天正遣欧少年使節~戦国時代に初めて渡欧した4人 その後の人生は?

続きを見る

あわせて読みたい関連記事

荒木村重
信長を裏切り、妻子を捨てて逃亡した荒木村重~道糞と蔑まれた武将の生涯52年

続きを見る

黒田官兵衛
黒田官兵衛は秀吉の軍師に非ず!59年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

鳥取の渇え殺し三木の干し殺し
鳥取の渇え殺しと三木の干し殺しで人肉の恐怖~人は飢えると獣になる

続きを見る

清水宗治
戦国武将の鑑とされた清水宗治の切腹劇~備中高松城水攻めの結末とは

続きを見る

織田信忠(奇妙丸)信長の跡継ぎってどんな人? 最後は光秀に命を狙われ

続きを見る

武田勝頼
武田勝頼は最初から詰んでいた? 不遇な状況で武田家を継いだ37年の生涯

続きを見る

明智光秀
明智光秀の史実を振り返る!麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

斎藤利三
斎藤利三(稲葉家→明智家)は光秀の右腕として丹波を統治!そして本能寺へ

続きを見る

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

弥助
日本初の黒人侍・弥助~信長に仕え本能寺で巻き込まれたその後は?

続きを見る

武田信玄
武田信玄 史実の人物像に迫る!父を追放し三方ヶ原後に没した53年の生涯

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

本多忠勝
本多忠勝(徳川四天王)63年の生涯と5つの最強エピソード!年表付

続きを見る

神君伊賀越え
神君伊賀越え(家康の逃亡ルート)はここ! 信長の死後に訪れた悲劇

続きを見る

バックナンバーを全部読みたい!という方はこちらへ→日本史ブギウギ

戦国武将の物語が読みたい!という方はこちらへ→戦国ブギウギ

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を掲載!

TOPページへ

 



-まんが日本史ブギウギ