この歴史漫画が熱い!

ゴールデンカムイ尾形百之助のルーツと因縁を考察!薩摩と水戸の関係は?

ゴールデンカムイ』で、主役の杉元と争うほど支持されているのが尾形百之助です。

皮肉みとユーモアのある性格。

スナイパーとしてのスキル。

それだけではなく、彼の抱える悲劇性も、その人気に大きな貢献をしていることでしょう。

尾形は「両親と異母弟を手に掛けた」という血塗られた過去を持っています。

実は彼のルーツが、幕末維新にかけての業がてんこもりなのです。

悲劇の存在となった背景には、そうした暗い歴史もあるのでしょう。

そして2022年1月、本誌で尾形の真の目的が露わになると、SNSでトレンドを占めるほどの衝撃を読者に与えました。

あまりに倒錯していて、身勝手なようで、あまりに純粋な……そんな尾形からは、彼のルーツである幕末明治における水戸藩も連想させます。

水戸の三ぽいという言葉があります。

理屈っぽい、怒りっぽい、骨っぽい――目的のためならば暴力や謀略をも辞さない。確かに尾形にはそんな気質があります。

対峙する鶴見は、長岡藩がルーツです。

高い知性に裏打ちされた薩長への対抗心。そして機関銃を得意とする気質が象徴的です。

彼らが幕末を再現するとすれば、ハッピーエンドにはなりません。

最終局面を迎えた今、ルーツを探ってみましょう。

尾形百之助「祝福された道が俺にもあったのか……」

コミックス10巻103話より

【TOP画像】
『ゴールデンカムイ』8巻(→amazon

 

水戸と薩摩、因縁の子

尾形は、父が薩摩出身で母が水戸です。

父:薩摩藩出身のエリート陸軍人・花沢幸次郎

母:茨城県(旧水戸藩)出身、浅草芸者

もう、この段階で業が深すぎるのです。

なぜ?
って、幕末におけるこの二つの藩は、深い因縁がありました。

幕末序盤における水戸藩は、諸藩の中でも思想的にリードしておりました。

その原動力となった学者が藤田東湖です。

藤田東湖
史実の藤田東湖は水戸藩を動乱させた危険人物?青天を衝け渡辺いっけい

続きを見る

なにしろ薩摩藩の大久保利通有馬新七らが指導し、後に【精忠組】と呼ばれる藩士たちも、水戸藩発の国学には大いに賛同するものがありました。

大久保利通(大久保一蔵)
大久保利通49年の生涯まとめ【年表付】紀尾井坂に斃れた西郷の親友

続きを見る

有馬新七
有馬新七「おいごと刺せ!」幕末薩摩でも屈指の激しさだった生涯38年

続きを見る

精忠組(誠忠組)
西郷や大久保を輩出した精忠組(誠忠組)目をかけたのは久光だった

続きを見る

この二藩は、徳川家定のあとの将軍を徳川家茂徳川慶喜、どちらにするかの問題である「将軍継嗣問題」で一致団結します。

当時の薩摩藩主・島津斉彬は、熱心に慶喜を支持していたのです。

島津斉彬
幕末薩摩の名君・島津斉彬~西郷らを見い出した開明派50年の生涯とは

続きを見る

彼らは、国難の中、水戸藩出身で意志強固な慶喜こそ、将軍にすべきだと主張しましたが、斉彬の死後、井伊直弼の【安政の大獄】によって解決的な打撃を受けます。

井伊を暗殺した「桜田門外の変」においても、実行犯は水戸藩士と薩摩藩士でした。

井伊直弼
幕末で最も過小評価される男・井伊直弼~真の実力と生涯46年を振り返る

続きを見る

桜田門外の変
桜田門外の変がわかる&意外な事実→井伊の首を取ったのは薩摩藩士

続きを見る

徳川家茂が早死にすると、薩摩藩が推していた水戸藩出身の慶喜が、将軍になります。

しかしこの慶喜と、薩摩藩の国父と呼ばれた島津久光(斉彬の弟)が、激しく対立することになるのです。

島津久光
西郷の敵とされがちな島津久光はむしろ名君~薩摩を操舵した生涯71年

続きを見る

徳川慶喜
徳川慶喜を知れば幕末の動乱がわかる!家康の再来とされた英邁77年の生涯

続きを見る

薩摩藩は、慶喜を権力の座から追い払うため、秘密裏に【薩長同盟】を締結。

朝廷工作をして【倒幕の密勅】を出させました。

いわば、かつて親しくしていた相手にとどめを刺すべく、動いたようなものです。

石川数正
家康の右腕・石川数正はなぜ豊臣へ出奔した?その生涯と知将エピソード

続きを見る

討幕の密勅
疑惑にまみれた討幕の密勅! なぜ大政奉還と同日に出されたんだ?

続きを見る

結果、幕末の水戸藩は、坂道を転げ墜ちるように、悲惨な方向へ。

薩長土肥からも外され、幕末は藩内で東西両軍どちらかにつくかで割れてしまい、悲惨な内戦に陥ります。

幕末期、薩摩藩と結び、国学をリードした水戸藩。

いくつかの問題はあったものの、将軍慶喜まで輩出した水戸藩。

しかし、維新が終わってみれば、呆気なく失墜してしまうのです。

熱愛から、憎悪へ――。

これぞまさしく、幕末薩摩と水戸の関係です。

と、水戸藩目線から見ればそうなりますが、薩摩藩としても困惑はあることでしょう。

「そげんこっ言われたなか!」

水戸藩は【天狗党の乱】といった内紛を繰り返し自滅、人材が枯渇したからこそ、明治政府に入り込めなかったとも言えるのです。

武田耕雲斎と天狗党の乱
夫の塩漬け首を抱えて斬首された武田耕雲斎の妻 天狗党の乱がむごい

続きを見る

それに薩摩側には怒るだけの理由もあります。

なにせ水戸藩生まれの徳川慶喜は、さんざん政治的詐術で薩摩藩を主導する島津久光を翻弄しました。

尾形と徳川慶喜。鯉登と島津久光。こうして対比させますと、興味深いものがある。水戸は薩摩を小馬鹿にするけれども、どっこい薩摩はなかなか賢い。

尾形もこうならないことを祈るばかりです。慶喜と違って彼に無血の解決はありえません。

さあ、果たして……。

 

母に殺鼠剤 父に割腹自殺

尾形百之助「親殺しってのは……巣立ちのための通過儀礼だぜ」
コミックス6巻59話より

尾形両親の関係は、西郷隆盛や大久保利通と、水戸藩の豪農であった相楽総三をも彷彿とさせます。

相楽は、西郷と大久保らの要請に応じて江戸でテロを起こし、幕府を挑発。

その後、年貢半減令を出しながら進軍します。

しかし、年貢半減は無理だと悟った西軍は、相楽を偽官軍扱いして斬首したのです。

西郷隆盛
西郷隆盛 史実の人物像に迫る~誕生から西南戦争まで49年の生涯

続きを見る

相楽総三
最後は西郷に見捨てられた 相楽総三と赤報隊は時代に散った徒花か

続きを見る

薩摩出身男性の言葉を信じて突き進み、破滅した相楽の姿。その姿は、誰かを彷彿とさせませんか?

そう、尾形の母です。

浅草芸者であった尾形の母に、ぞっこん惚れた花沢幸次郎。二人は恋に落ち、尾形百之助が母の腹に宿ることになります。

しかし花沢は、軍人としての世間体を重んじます。

縁談が迫ると、あっさり尾形母子を捨て、他の女性(花沢勇作の母)と結婚したのです。

尾形の母は、愛した相手に捨てられたことで精神が錯乱してしまいます。

まだ幼かった尾形は、母を毒殺すれば父が看取りに来るだろうと考え、母に殺鼠剤を飲ませました。

そして、母は苦しみ亡くなりました。

冷たい父は、それでも母の最期を看取ることはなかった……。

明治維新では、水戸藩は酷い目に遭う一方です。

しかし尾形は、その通りの歴史を歩むことを拒否します。

尾形は日露戦争の最中、異父弟の勇作を射殺。そして戦争後、父までも自刃に見せかけて腹部を切り裂き、殺害するのです。

その背後にいたのは、鶴見でした。

幕末の水戸と薩摩の関係を反転させたとみるか?

水戸藩の薩摩藩への復讐とみるか?

しかも新潟の鶴見まで、一枚噛んでいるのですから、業が深いです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-この歴史漫画が熱い!
-

×