歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

薩摩の惨劇・寺田屋事件(騒動)とは?1862年島津久光が有馬新七らに下した非情な決断

更新日:

幕末作品で必ず出て来る、京都の【寺田屋】。

坂本龍馬が暗殺されたとこだっけ?』
『いや、新選組が暴れたとこだな』
『それは池田屋?』

とまぁ、当時の
【旅館名+事件】
の組み合わせって、とにかくややこしいですよね。

実は【寺田屋事件】については、同名の事件が2つありまして。
本題へ入るまえに整理しておきますと、

◆寺田屋事件(1862年)……薩摩藩内での内輪揉め←今日のテーマ
池田屋事件(1864年)……長州&土佐 vs 新選組
◆寺田屋事件(1866年)……伏見奉行が坂本龍馬を襲撃・龍馬逃げる
◆近江屋事件(1867年)……坂本龍馬が暗殺される

この4事件が有名ですが、寺田屋だけが二度出てくるので余計にややこしくなっている印象ですね。

本稿では、おそらく大河ドラマ『西郷どん』でも取り上げられるであろう、最初の寺田屋事件(寺田屋騒動)を見て参ります。

 

薩摩の国父 vs 精忠組の過激暴徒

寺田屋事件とは誰が一体何のために起こしたのか?

先に【5W1H】をマトメておきます(後に詳しく解説しますので、サラッと確認でOKです)。

Who:島津久光(薩摩の国父) vs 有馬新七(精忠組)
When:文久2年4月23日(1862年5月21日)
Where:京都伏見の旅館・寺田屋
Why:倒幕を時期尚早とし、公武合体を考える島津久光と朝廷が、薩摩「精忠組」の過激暴徒を説得して失敗→討伐に切り替えた
How:実働部隊の「鎮撫使」を派遣し、武力による斬殺および捕縛を遂行する
What:鎮撫使(久光)で1名死亡、1名が重傷、4名軽傷 / 薩摩の過激派志士(有馬)で6名死亡、2名重傷のち切腹、22名投降、処罰者多数

まず、島津久光 vs 有馬新七とありますように、寺田屋事件とは、主に薩摩藩内での殺し合いです。

それは「壮絶」の一言に尽きる戦いでした。

なにせ彼ら薩摩藩士たちが郷中教育で幼き頃から習う剣術は、実戦を念頭に置いたホンモノの殺人剣です。
平和な江戸時代、他の多くの流派が礼儀などに傾き、剣本来の目的を失っていく中で、薩摩や新選組等は、とにかく本気で人を殺すための軍隊特殊部隊のような訓練を受けておりました。

薩摩では主に
【東郷示現流】
【薬丸自顕流】
という二派が伝わっており、薩摩藩士に生まれたのなら、その多くが、いずれかの流派で毎日腕を磨いていたのです。

そんな仲間同士が斬り合ったらどうなるか?
背筋が凍るとはこのことで、実際に起きたのが寺田屋事件でした。

島津久光/wikipediaより引用

 

 

スポンサーリンク

京都の市街地に火をつけ、挙兵を促す無謀な計画

久光サイドでも有馬新七サイドでも、戦うメンバーは「精忠組」の者が多く参加しておりました。

精忠組とは、大久保利通(正助一蔵)が中心となって結成された、若手の政治グループでありまして。
それゆえ「同志合戦」とも呼ばれる哀しい戦いであります。

では、なぜ島津久光は、そんな悲惨な武力行使を実行したのか?

これは久光の冷酷さだけで語れる事件ではありません。
朝廷側から、久光に対し、こんな宣旨がくだされておりました。

薩摩藩士の有馬新七らは、天皇のお膝元である京都の市街地に火をつけ、挙兵を促すという無謀な計画を立てている様子。
遺憾であるから、スグに不穏な暴徒を取り締まれ――という内容です。

有馬新七(増田修一朗さん)

朝廷から命令を下されたとあっては、久光にしても他に選択肢はありません。

過激派藩士たちに対しては、
「お前ら、日頃は尊皇と言いながら、朝廷を困らせてなんなんだよ」
ぐらいの捨て台詞も吐きたかったでしょうね。

そもそも久光は、若手藩士らが暴発しないよう事前に大久保利通と話を詰め、さらに気を配ってワンチャンスを与えています。
久光は、兵士を率いて上洛する際、こう布告していたのです。

「他藩士や浪人との交際禁止。違反者は容赦なく罪科を申しつける」

さらに、斬り合いの前にも大久保一蔵海江田信義らを今一度の説得に向かわせたのですが、有馬新七にしてみれば
「真の主君は天皇のみであり、したがって藩主の命令をきかなくてもよい」
なんてスタンスでした。

もはや、何を言ってもムダ。
斬り合いもやむなし――苦渋の決断はこうしてくだされました。

結果、以下のような犠牲者が出ます。

 

死者の苛烈な扱い

この事件で死亡した参加者らは、主君と朝廷から「暴徒」として大変厳しい扱いを受けました。

死者
・有馬新七
・柴山愛次郎
・弟子丸龍助
・西田直五郎
・橋口壮介
・橋口伝蔵

切腹
・田中謙助
・森山新五左衛門

彼らは薩摩藩士としての籍を剥奪。
遺族は庶人に降格して親族の預かりとなります。

しかも犠牲者の死体は「埋捨」処分となりました。
菩提寺に埋葬されないということです。
あまりに厳しい処分ですね。

彼らの士籍が復活するのは、事件から2年後の元治元年(1864年)のこと。
やっと遺族による家の相続が許され、墓碑も建てられました。

しかし完全な身分回復には、さらに時間がかかりまして。
明治22年(1889年)、殉難者は靖国神社に合祀され、従四位が追贈されます。

寺田屋には殉難者を弔う碑まで建てられました。
名誉回復まで、結局、27年という年月が過ぎたのです。

 

スポンサーリンク

生存者にも過酷な処分

この事件で投降した中には、例えば西郷隆盛の弟・西郷従道や、あるいはイトコの大山巌など、のちに活躍した者も多数いました。

投降
・有馬休八
・伊集院直右衛門(兼覚、西郷隆盛最初の妻・須賀の弟)
・岩元勇助
・大山弥助(巌・西郷のイトコ)
・岸良三之介
・木藤市助(市之介)
・是枝万助(柴山矢吉)
・西郷信吾(西郷従道・西郷の弟)
・坂元彦右衛門
・篠原冬一郎(国幹)
・柴山龍五郎
・谷元兵右衛門
・永山弥一郎
・橋口吉之丞
・林正之進
・深見休蔵
・町田六郎左衛門
・三島弥兵衛(常庸)
・森新兵衛(真兵衛)
・吉田清右衛門
・吉原弥二郎

逃亡
・美玉三平(平野国臣「生野の変」に参加し死亡)

鹿児島に連行された他藩士・浪人
・海賀宮門(秋月藩士)
・田中河内介(中山家諸太夫、公家の侍)とその子・瑳磨介、甥・千葉郁太郎
・青木頼母(浪人)
・中村主計(浪人)

『不憫だなぁ』と思わざるをえないのが、連行された6名です。

彼らは保護と称して「日向送り」処分となりました。
要は、処刑されたのです。

護送中、田中父子は船内で斬殺され、死骸は水中に投げ捨てられました。
残り3名は、大木に縛り付けたうえで斬殺されるという、悲惨な扱いです。

彼らの遺体は殺害場所の現地住民によって葬られ、ひっそりと弔いを受けてきたと伝わります。

実は田中河内介は、明治天皇の出生を自らの資金(や借金)でまかない、幼き頃の教育係まで請け負った人物です。

よろしければ本稿の末尾に【関連記事】がございますので、そちらをご参照ください。

 

もう一人の犠牲者

切腹に至った二人。

・田中謙助
・森山新五左衛門

そのうち森山新五左衛門に注目してみたいと思います。

事件当時、新五左衛門は側に刀がなく、脇差で抵抗しただけでした。
もしその場で何もしなければ、卑怯者と呼ばれたかもしれません。
新五左衛門は、抵抗する以外なかったのです。

しかし、そんな弁明が通じるはずもなく――新五左衛門は、切腹を命じられました。

新五左衛門は大柄な美丈夫でした。
全身に傷を負い、衰弱しておりながらも、鹿児島の方を向きました。

そしてそのまま、立派な態度で腹を切ったのです。
そんな彼の姿を見て、検分役も涙したと伝わります。享年20。

「商人出の武士じゃっでこそ、本当の武士よっか武士らしゆあらねばならぬ」
新五左衛門の脳裏には、そんな父・森山新蔵の言葉があったことでしょう。

森山家は、藩に対して多額の貸し付けを行い、その見返りに50石の武士として取り立てられた家柄です。

商人あがりと言われないためにも、武士より武士らしくあれと、新五左衛門は父から厳しく言われて育ちました。
そしてその言葉通り、武士として戦い、そして武士として恥ずかしくない死を遂げたのです。

息子の処分を、父・新蔵は鹿児島・山川港に係留した船内で聞きました。
新蔵は罪人の身内として、上陸を許されなかったのです。

我が子の立派な最期を聞き、新蔵は涙すら流さず、「我が子ながら見事じゃった」と喜んでいました。
処分を待つため傍らにいた西郷隆盛と村田新八は、痛ましい気持ちで新蔵を見守るほかありません。

それから数日後――。
西郷と村田が船を離れていたわずかな間に、新蔵は腹を切っていました。遺書はなく、辞世のみがそこに残されていました。

長らへて 何にかはせん 深草の 露と消えにし 人を思ふに

享年40。
商人あがりと言われた森山父子。
その最期は、武士よりも武士らしいものでした。

我が子のあとを追った新蔵は、寺田屋事件もう一人の犠牲者でありましょう。

 

スポンサーリンク

事件の結果どうなった?

「寺田屋事件」において、自藩の者であっても、断固とした処断を下した島津久光。
京都において、その果断は高く評価され、声望を高めました。

その陰で、犠牲者たちは苛烈な扱いを受けました。

薩摩藩士はまだましで、他藩や浪人の殺害は凄惨極まりないと言えます。
中でも公家に仕えていた田中河内介の日向送り(殺害)は、西郷にとってショックでした。

「もう"勤王"の二文字を唱ゆっこたあでけん」
そう嘆いたそうです。

幕末という激動の時代、凄惨な事件の一ページ。
それは薩摩藩にとって、思い出すのも忌まわしい、暗く哀しい事件でした。

【関連記事】

次の大きな出来事は、生麦事件からの薩英戦争です。

薩英戦争で意外に少ない薩摩の被害!イギリスと仲良くなった理由がそこにある

事件の経過そのもについての詳細等は、
・明治天皇の教育係だった田中河内介
・鎮撫使であった「大山格之助(大山綱良)」
・事件の首謀者「有馬新七」
の伝記でご覧ください。

田中河内介が皇室を救った!? 明治天皇の出生を自費&借金で助けた男、薩摩に殺される

大山格之助(大山綱良)修羅の剣!西郷どんで北村有起哉さん演じるジゲン流の達人とは?

有馬新七38年の生涯マトメ!西郷どんでのラストシーンは「おいごと刺せ!」になるか

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
国史大辞典
幕末維新人物事典』泉秀樹
さつま人国誌 幕末・明治編』桐野作人

 

-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.