幕末・維新

薩長の倒幕で民は腹いっぱい食えるようになった?明治維新のマイナスあれこれ

2018年大河ドラマ『西郷どん』では、主役の西郷隆盛が何度もこう宣言しておりました。

倒幕し、民がメシを腹一杯食べられるようにする」

素晴らしい発想ですが、実際にどうなったか?

というと、残念ながら史実とは真逆に近いです。

戊辰戦争負け組となった佐幕藩関係者は、北海道の荒野をさまようような開拓事業に追いやられた例もありました。

北海道開拓はとにかく過酷! 明治維新の敗者、屯田兵、新選組、囚人、ヒグマ

続きを見る

戦争に敗れた会津藩士らは何処へ~北海道開拓で余市に実ったリンゴ「緋の衣」

続きを見る

それだけでなく、露骨に切られたのが幕臣。

つまり幕府に直接出仕していた旗本や御家人たちです。

彼らは「彰義隊」として戦いで傷つき斃れた者だけでなく、生き残ってもさらなる悲劇が待ち受けていました。

彰義隊が散った上野戦争~旧幕府軍の悲しき結末を振り返る

続きを見る

幕臣の没落は、江戸から東京に変わった首都の荒廃でもあります。

『西郷どん』では大いなる理想が掲げられておりますが、実際は綺麗事ばかりじゃなかった明治維新後の悲劇や荒廃について。

おそらく大河では触れられない、苦しき史実にも少し目を向けてみたいと思います。

 

大奥崩壊! 篤姫すら苦しんだ、不都合な史実

大奥」と聞いて、皆さんはどんなイメージをお持ちになられます?

 

この男女逆転版のように「一人のモノに多数の美形異性が仕えるハーレム!」って印象ですかね。

それは、間違っていません。

鈴のしゃなりしゃなりと鳴る廊下を歩く上様は、史実です。が、それだけじゃないのです。

大奥の上級女官は、男性官僚も一目置くほど政治力が強く、下級女中は力仕事をこなしていました。

資産家の商人など、町人階級の者たちは、女子の教育機関としてこうした女中に我が娘を送り込みます。

というのも、そこでは化粧からマナーまで一流の者になるための修行が行われ、大奥女中出身というだけで女性は注目を集めたからです。

こうした女子教育機関でもあった大奥が、明治維新によって終焉を告げられました。

同時に、経済的にもインパクトがありました。

大奥に仕える女官は、結構な給与を得ていました。

その使い道といえば、豪華な衣装。外出時のお饅頭といった菓子類です。

江戸時代の上流商人は、大奥からの愛顧によって財を成していたのです。

一部の商人は明治政府に入り込むのに成功したものの、幕府と共に潰えた商家がいくつもありました。

しかもそこには、明治政府の経済政策がお粗末過ぎてダメージを喰らった事例もあったのです(詳細は後述)。

 

実家の島津家に対し容赦ない怒り

江戸時代が続いたなら、キャリアウーマンとして嫁ぎ先を見つけられたはずの女官たちも、大奥崩壊を機に実家へ戻りました。

彼女らは大奥で身につけた所作や考え方が、キャリアの証どころか気取った風習と白眼視され、嫁ぎ先も見つけられません。

そのため実家と縁を切り、茶道やマナーの師範となる元大奥女官が、明治初期にはよく見られたものです。

大奥トップであった篤姫(天璋院)こそ、この処分に激怒した筆頭でもあります。

篤姫47年の生涯~薩摩島津家に生まれ 最後は芯から徳川家として生き抜いた

続きを見る

宸翰(しんかん・天皇直筆)の額すら攻撃した新政府軍。

特に実家島津家に対し、篤姫は容赦ない怒りを書き残しています。

彼女は島津家と敵対する彰義隊や、奥羽越列藩同盟に期待を寄せたほどで、歯がみしながら大奥を去り、次代の宗主・徳川家達の育成に余生を懸けました。

奥羽越列藩同盟とは?戊辰戦争の東北31藩~中心は伊達家の仙台藩だったが

続きを見る

幻の16代将軍・徳川家達ってどんな人? 新しい徳川家を担った元将軍候補

続きを見る

徳川家の女として骨を埋める――そんな篤姫の遺徳を徳川家は評価し、第二次世界大戦まで彼女の好物である「あんかけ豆腐」、「さがら茶の御膳」、「白インゲンの甘煮」を祥月命日に食べたそうです。

『西郷どん』がこのままの調子で進みますと、篤姫が西郷に笑顔で感謝し、喜んで大奥を引き渡すかもしれません。

が、それはあまりにご都合主義であり、歴史への冒涜とすら思えてしまいます。

フィクションだからといってそこまで歪曲しないことを祈っておりますが……。

 

女子教育の理想と現実

大奥という女子教育機関が消滅した後、明治政府が新たな女子教育に尽くしたのであればまだ良かったのでしょう。

しかし現実はさにあらず。

明治4年(1871年)、欧米の女子教育に感心した黒田清隆の提案により、日本初の女子留学生が渡米しました。

新政府の米国留学女学生 左から、永井しげ (10)、上田てい (16)、吉益りょう (16)、津田うめ (9)、山川捨松 (12)/wikipediaより引用

このメンツが、かなり偏りがあるのです。

というのも、津田梅子は幕臣の娘であり、山川捨松は佐幕藩の出。要は戊辰戦争・負け組の者たちばかりでなのです。

もしも明治政府がホンキで女子教育を重視していたならば、留学のメンバーが皇族や公家娘、薩長土肥のお姫様が、少なくとも半数は入るのが普通だと思いませんか?

これが現実です。

彼女らは、養育費にも窮するような、佐幕派負け組の女子ばかり。

当時の人は、米国留学と聞いて「世捨て人にするようなものだ」と女子の親たちを批判的に見ていました。

津田梅子が6才で渡米し帰国後に感じた絶望~それでも女子教育に生涯を賭けて

続きを見る

大山捨松
大山捨松の激動! 家老の娘が留学&帰国子女となり社交ダンサーを経て敵の妻に

続きを見る

ただし、それは仕方のない話かもしれません。

当時の日本は、まっとうな家の娘は十代半ばから嫁ぐもの。それが留学先のアメリカで学習期間にあてられては、日本での将来が先行き不安と思われても仕方のない話です。

実際、帰国した女子学生は、日本で塩対応を受けます。

「負け組の、適齢期遅れ、日本語も不自由な西洋かぶれ女ども」

そう言われてしまった女子留学生は、負け犬でしかありませんでした。

メンバーの一人・山川捨松は、アメリカ人の親友アリス・ベーコンに「私は適齢期過ぎたって母が嘆く始末!」と自虐めいた手紙を送ったほどです。

当時の捨松は、まだ20代前半です。

卒業時、アメリカの新聞は捨松の優秀さを絶賛し「彼女は日本の宝です」と書いたほど。その教養と美貌は、アメリカでは絶賛されたのです。

しかし、日本の価値観では、負け犬でしかありませんでした。

結局、明治政府は、留学をさせるだけさせて、帰国後のフォローは全くしなかったのです。

大学当時の捨松/wikipediaより引用

ただし、捨てる神あれば拾う神あり。

薩摩出身で妻を失っていた大山巌は、パーティ会場でシェイクスピア劇『ヴェニスの商人』のヒロイン・ポーシャを演じた捨松にぞっこん惚れ、すぐに求婚します。

薩摩藩士のトンデモ武勇伝!大久保の畳回し!従道の裸踊り!川路の大便投下!

続きを見る

が、会津藩である捨松の兄たちは「薩摩と結婚なぞあっではならね!」と激怒です。

当の捨松はというと……これが乗り気でした。

というのも彼女は帰国後、女子教育を推進しながら塩対応されることにウンザリしていたのです。

西郷隆盛や西郷従道のイトコである大山の夫人になれば、社会的な発言力は大幅アップするはず。

西郷隆盛49年の生涯まとめ【年表付】誕生から西南戦争での最期まで

続きを見る

ホントはすごい西郷従道(信吾)!兄・隆盛に隠れがちな有能っぷりとは?

続きを見る

そんな彼女の狙いは、半分当たりで、半分はずれといったところでした。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-,

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)