生麦事件

生麦事件のイメージ/国立国会図書館蔵

幕末・維新

生麦事件でイギリス人奥さんは頭髪を剃られ 英国vs薩摩に発展する

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
生麦事件
をクリックお願いします。

 

女性は頭髪を剃られ……

結果としてリチャードソンは死亡、他二名が重傷、一人だけいた女性は奇跡的に無傷でした。

ただし、頭を剃られているので、それはそれでキツかったことでしょう。

彼女は大慌てで横浜居留地に戻り、救援を求めました。

重傷だった二名は当時アメリカ領事館として使われていた本覚寺へ身を寄せ、治療を受けます。

当然、イギリス領事達は大激怒。

この時点ではまだきちんと事件の真相を質し、解決を図ろうとしていました。

開港など諸々の折衝を何とかうまく進めていきたい幕府としても、頭を抱えながら協力します。

一方、周辺の市民はのんきなもので「さすが薩州さま!俺達にできないことを平然とやってのけるッ!」と大喜びだったとか……。

いやはや、感覚の違いって恐ろしい。

 

紳士から海賊へ豹変のイギリス

この事件が本格的にヤバくなってくるのは翌年(1863年)からのこと。

イギリス公使の元へ本国から「幕府に謝罪と賠償金、薩摩からは犯人の引渡しと賠償金を寄越せと言え!」という指示が届きます。

さらに、幕府を脅すために横浜へフランス・オランダ・アメリカとともに艦隊を送りつける徹底振りでした。

「謝って犯人を出して、金を払うなら許してやんよ!ゴタゴタ抜かすと……」というわけです。

汚いぞ、さすが海賊紳士!

すったもんだの末、幕府は賠償金を払うことになりました。

もちろん薩摩にも艦隊が送られています。

「まずは話し合うけど、ゴタゴタ抜かすと(ry」という態度を両方へ見せたわけです。

が、こちらの交渉は激烈なまでに不調。

当事者だけで話し合うとうまくいかないのは、どこの国のどの時代でも同じだったようで……。

しかもその間に薩摩の船がイギリス艦隊に捕まるという事故が発生。

「開戦か!」

「一応、艦隊を用意したけど、幕府が金払ったんだから薩摩もそのうち折れるだろ」と思っていたイギリス側も、砲撃されては黙っていられません。

「やんのかコラァ!」とキレ返し、【薩英戦争】が始まってしまうのでした……。

薩英戦争で意外に少ない薩摩の被害~その後イギリスと仲良くなったのは実益から

続きを見る

いったいここまでで何人が何回キレたんでしょうか。

この戦争は現在の鹿児島市街が焼き払われる、イギリス艦隊も旗艦艦長と副長が戦死するなど、双方にそこそこの犠牲が出ます。

痛み分けとなった後に再度横浜で話し合い、英国へ賠償金を払うことで生麦事件の解決としました。

ちなみに、実行犯の薩摩藩士たちは「どこに逃げたかわからないからどうしようもありません。見つけたら処刑しておきますんで」ということで処罰を免れています。そして……。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-幕末・維新
-,