江戸

必ずしも「夫>妻」ではない!江戸時代の離婚と三くだり半の書き方

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
江戸時代の三くだり半
をクリックお願いします。

 

このことについて研究をした高木侃氏によると、なんと1/4強、つまり25%以上が「離婚の理由なし」なんだそうです。

次に多いのが前のページで紹介したように「我等勝手ニ付」、つまり「私の勝手で」という理由です。

以前はこの部分をとらえて「江戸時代、夫は妻を何の理由もなく勝手に離婚させることができた」と解釈されてきました(「夫専権離婚」)。

それが「夫が離縁状をたたきつけ、妻が泣く泣く家に帰る」というイメージにつながったわけです。

 

相手を気遣って理由はゴニョゴニョ

ところが、高木氏をはじめとする多くの研究により、江戸時代の離婚のイメージは大きく変化しました。

江戸時代は夫婦両方の家で話し合い、円満離婚を図るのが一般的であり(「熟談離婚」)、理由を書かないのは「書くべきではない」という考え方があったのだ、とされるようになったのです。

したがって「我等勝手ニ付」も「当方の都合で」という意味になります。

現代でもタレントなどが離婚をする、という記事が出ると、だいたいは「すれ違いが生じた」とか「性格の不一致」とか、抽象的な言い方をしますよね。

会社や職との「離婚」ともいえる辞表も理由については「一身上の理由」として、なにがあっても、どんなにブラック企業であっても、具体的な理由はかかないのが決まりです。

江戸時代でも表向きには抽象的にしておくべき、との考えがあったということです。

 

とんでもない悪女にされたら再婚でけん

では、なぜ理由をはっきり書かないのか?

これを別の視点からもう少し考えてみます。

たとえば、理由が書かれているものの中には「妻が家出をし、自分勝手に私の悪口を言っている、さらに離別してほしいと言っているから離縁する」というものがあります。

この理由からイメージされる妻は「家出」「自分勝手」「悪口」ととんでもない悪い女です。

正直なところ、このような女性と結婚したい、と思う男性はほとんどいないのではないでしょうか。

しかしそれでは、この女性が再婚することはできません。

そうなると実家に戻って、一生「厄介者」として生活するか、自分で働くしかないわけです。つまりは再婚ができない、ということはそのまま、その人の人生の選択肢を狭めることにつながりました。

三くだり半に離婚理由をはっきり書かない、ということは、その後の双方の人生を守るためにも必要なことだったのでしょう。

かつては愛し合った相手へ、最後の「愛情」というところでしょうか。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

日本が【男色・衆道】に寛容だった説は本当か?平安~江戸時代を振り返る

続きを見る

江戸時代の男色・BLをナメたらアカン! とにかくバイオレンスで甘みゼロ

続きを見る

江戸時代で最もフシギな離婚劇 なぜ池田継政は伊達家の嫁を突然送り返した?

続きを見る

伊集院須賀~西郷1人目の妻とは? わずか2年でスピード離婚したのはなぜ

続きを見る

20人以上もいた家康の妻・側室ってどんなメンツだったの?

続きを見る

藤原道綱母(平安時代のジェラシー作家代表)ねちっこい性格を全力擁護!

続きを見る

寵姫800人のハーレム生活から聖人君主へ~ウラジーミル1世の変わり身

続きを見る

文:川和二十六

【参考】

『三くだり半からはじめる古文書入門』(→amazon link

TOPページへ

 



-江戸

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.