徳川家慶/Wikipediaより引用

江戸時代

徳川家慶(12代将軍)ペリー来航の激動期に空気のような存在なのはナゼ

嘉永六年(1853年)6月22日、江戸幕府十二代将軍・徳川家慶(いえよし)が亡くなりました。

教科書だと見事にスッ飛ばされる将軍の一人ですので『誰?』と思われる方も多いかもしれません。

治世中に、ペリーが黒船で殴りこんできたり、水野忠邦による天保の改革が行われたり、「蛮社の獄」が起きたり。

実はイベント盛りだくさんなのですが、いかんせん本人の影が薄すぎるんですよね。

一体どんな方だったのでしょう?

 

江戸時代の「院政」犠牲者

徳川家慶が地味なのは、父親である十一代将軍・徳川家斉(いえなり)と、さらにその父・一橋治済(はるさだ)からの悪習が原因と言えそうです。

徳川家斉~子どもを55人も作った11代将軍は目立たぬけれどキテレツな御仁

続きを見る

理由は他でもありません。

治済は家斉の、家斉は家慶の実権を奪っていたからです。

院政や大御所政治のようなもので、この頃になると平均寿命が延びてきていたため、その期間もハンパなく長くなっていました。

例えば五十年間も将軍職に就いていた家斉は、そのうち四十年間は治済が取り仕切っておりました。

自分の意思で仕事をやれたのはたった十年程度。これじゃ自分の子供に将軍を譲っても、そうカンタンに引き下がろうとは思えないですよね。

そのため、家慶もまた最初の四年ほどは父親の言いなりになるしかなく、それをあげつらわれて「そうせい様」なんて言われてしまっていました。

幕末長州藩の毛利敬親も「そうせい候」と呼ばれたりしてましたね。

毛利敬親が幕末の長州躍進を陰で支え「そうせい候」と揶揄され

続きを見る

四代・徳川家綱も「左様せい様」とか言われてましたし、十代・徳川家重は病気のためトイレが近かったので「小便公方」なんて不名誉な呼び方をされています。

徳川家綱って実はメンタルイケメン将軍でしょ!地味って言わないで

続きを見る

徳川家重の「小便公方」はあんまりだ……実は引き際鮮やかだった9代将軍

続きを見る

 

ペリー来航で騒いでいるさなかに死亡

どう考えても後任者のためにならない「院政」風の悪習は、家慶の代で終わりました。

といっても家慶が「やめよう!」と言い出したわけではなく、隠居する前に突然亡くなってしまったのです。

ちなみにこの頃は上記の通りペリーが「開国シナサーイ!」と言って来たあたりで、開国するかしないか、まさに歴史が動く瞬間。

いくら「そうせい様」とはいえトップがいなくなってはそれどころではありません。

なんせペリーが来てから三週間後というタイミングでの突然死です。暑さが厳しい年だったようなので、熱中症を患ったのが死へのキッカケになった可能性も指摘されております。

いずれにせよ幕閣としては途方に暮れたことでしょう。

次の十三代将軍は篤姫の夫・徳川家定

徳川家定(十三代将軍)って何だか可哀想……篤姫の夫として期待されるも

続きを見る

大河『篤姫』では堺雅人さん、『西郷どん』では又吉直樹さんが演じられておりましたね。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-江戸時代
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.