シャクシャイン

静内町アイヌ民俗資料館敷地内にあるシャクシャイン像/photo by 竹中敏洋(竹中銅器) wikipediaより引用

江戸時代

シャクシャインの反乱はなぜ失敗に終わった?松前藩の策略がエグい件

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
シャクシャイン
をクリックお願いします。

 

改易を恐れてリーダーたちを皆殺し

和睦交渉は一旦まとまったかに見えました。

しかし、それを祝う酒宴の席でシャクシャインを始めとしたアイヌのリーダー達は皆殺されてしまうのです。

これだと「何だよ松前藩ってひでえな!」としか思えませんが、一応、彼等には彼等なりの理由もあります。

当時、蝦夷地は松前藩の管轄でしたから、そこで起きる争いは幕府に内紛とみなされました。

あまりにも長引けば、

「お前ら、自分ちのトラブルも解決できないの? クビな」

と改易を食らうリスクが高かったのです。

なんせ当時の将軍は徳川家綱です。

影の薄い四代将軍ですが、その周囲は三代・徳川家光の時代から政治を担ってきた猛者たちががっちり固めています。

不備を見落とすはずがありません。

徳川家綱
四代将軍・徳川家綱を地味将軍と言うなかれ 実は好感度エピ満載な人

続きを見る

とはいえアイヌ達にとって、松前藩や江戸幕府の事情など、知ったこっちゃない話ですから、単にヒドイ話でしかありません。

こうして頼れるリーダーを失ったアイヌ達は、否が応でも鎮まらずをえなくなってしまったのです。

その後も松前藩は交易によって懐を潤わせるワケですが、必ずしも清廉潔白な統治ではなかったことも指摘されております。

詳細は以下の記事にお譲りします。

 

あわせて読みたい関連記事

アイヌ差別
和人はアイヌをどう差別した?古代から振り返る1,000年以上の歴史

続きを見る

アイヌの歴史
アイヌの歴史を振り返る~漫画ゴールデンカムイで注目される北の大地

続きを見る

古代日本にいた民族
古代日本にたくさんいた「ヤマト以外」の人たち~東北の蝦夷だけに非ず

続きを見る

徳川家綱
四代将軍・徳川家綱を地味将軍と言うなかれ 実は好感度エピ満載な人

続きを見る

長月七紀・記

【参考】
国史大辞典
シャクシャイン/wikipedia

TOPページへ

 



-江戸時代
-

×