末弘ヒロ子/Wikipediaより引用

明治・大正・昭和時代

日本初のミスコン優勝者・末弘ヒロ子~学習院のお嬢さんは突如退学となった

ネット上には「ただしイケメンに限る」なんて言い回しがありますが、世の中には美しすぎて思わぬ損をしてしまった人がいます。

明治四十一年(1908年)3月5日は、日本初の美人コンテストが(新聞上で)開催された日です。

現代でいうところのミスコンで「新聞上」というのがミソ。というのも、このミスコンでトップになったがゆえに、大迷惑をしてしまった人がいたのです。

どういう経緯だったのか? 順を追って見ていきましょう。

 

もとはアメリカの新聞社から企画が始まった

時を遡ること約一年前。
アメリカの新聞が「全世界の美人さんの写真大募集!」と言いだしました。

これに時事新報社がノって、「我こそは日本一の美女という者は写真を!」と募集をかけます。

そして日本中からさまざまな女性の写真が送られたのですがが、一時期はノーコメントな感じの写真ばかりで、編集部としても(´・ω・`)状態だったとか。

まぁ、撮る人の腕前も影響しますしね。本人が気付いていない姿勢や角度を指摘して、綺麗に撮るというのもカメラマンさんの腕ですし。

まあそれはさておき、時事新報社に送られてきた写真のうち、ほんの数枚だけ目を引くものがありました。
そして一位に選ばれたのが、当時の小倉市長・末弘道方の娘であるヒロ子嬢です。

TOP画像をご覧ください。
本当に美しいですよね。

彼女は16歳。
ミスコンというよりは美少女コンテストに出たほうが似つかわしい、花も恥らう少女でした。

ちなみに、二位以下の人はみんなヒロ子より年上ですし、なにより日本一の美女と認められたのですから、もちろん喜ぶべきことです。

しかし、ここで大問題が起こります。ヒロ子は、学習院中学部の三年生だったのです。

 

乃木希典が激怒! 嫁入りを控えた娘が不謹慎だ

特に、学習院の学長だった乃木希典は激怒しました。

乃木希典――妻と共に明治天皇に殉じた悩める軍人の生き様とは?

続きを見る

同校は皇族や華族のお嬢様たちのための学校ですから、自らの写真を全国で晒すようなことは、不謹慎だと考えられたのです。

この写真はヒロ子が自分で送ったわけではありません。

彼女のお姉さんの旦那さん(つまり義理の兄)が写真館の主で、あるときヒロ子の写真を撮り、「よく撮れているから、新聞社に送ろう^^」と言い出したのです。

しかもヒロ子はその場で断っていたのに、後日その義兄が勝手に送ってしまったのだとか。
ありがた迷惑の見本みたいな話ですね。

 

まさしく青天の霹靂

そんなわけで、ヒロ子にとっては勝手に応募されていたことも、それで学習院からお咎めを受けるのも青天の霹靂でした。

しかもその写真も、水着や薄着のアッハンウッフン的なものではなく、着物姿のごく普通の写真です。やや流し目ではあるものの、お見合い写真にでも使えそうな雰囲気があるほどですね。それでも……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-明治・大正・昭和時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.