足利直義

かつては源頼朝、近年では足利直義では?とされる神護寺三像の一つ(肖像画)/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

観応の擾乱(じょうらん)は史上最大の兄弟ゲンカ~尊氏vs直義の結末は?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
観応の擾乱
をクリックお願いします。

 

鎌倉の延福寺に幽閉 数日後に不可解な……

直義は、かつて南朝方のNo.2というか後醍醐天皇の嫡子だった護良親王をコロさせてしまったことがあるので、南朝からすれば仇も仇。どう考えても手を組まない、組めない相手です。

後醍醐天皇
後醍醐天皇の何がどう悪かった? ドタバタの南北朝動乱が始まった理由

続きを見る

しかし、南朝方も困っていたのは事実です。

既に楠木家など中核となる人材をほとんど失ってすっからかん状態だったので、なりふり構っていられません。

仇敵をアッサリ自陣に引き入れる南朝の不義理に対して、護良親王は化けて出てもいいぐらいでしょう。

※ちなみに「護良」の読み方は「もりよし」と「もりなが」の二説あり

この辺からややこしくなってくるのですが、概ね

北朝方=尊氏
南朝方=直義

と考えていただければわかりやすくなるかと。

当初は直義のほうが優勢で、こっちについた武士が高師直らを倒すほどでした。

しかし、尊氏が南朝に降るような形で一時休戦すると、今度は新たに「直義は不届き者だからブッコロすように^^」という命令が尊氏に下ります。

そして尊氏とその息子・義詮に挟撃されてしまった直義は、京都を脱して鎌倉へ。

それもアッサリと見破られて、兵と将とを取り上げられ、丸腰同然になると鎌倉の延福寺というお寺に幽閉されました。

さらにその数日後。

なぜか突然不可解な死を遂げます。

 

太平記だけは「尊氏が直義を毒殺しました!」

世間的には「急病」ということにされました。

が、太平記だけは「尊氏が毒殺しました」と書いています。どこからどう見ても怪しさ爆発です。

そもそも京都から鎌倉まで逃げて兵を挙げた人が、死ぬ直前の病人であったはずはありません。

真相は今もハッキリしませんが、尊氏は亡くなる直前「弟を従二位にしていただけませんか」と願い出ているので、贖罪のニオイもしますね。

そもそも当人同士が仲違いしたわけでもありませんし、願文や尊氏の性格からすれば、必要なことだとわかっていても相当辛かったでしょう。

初の武家政権を作るために自分の意思で弟達を切り捨てた源頼朝や、そもそも父と母が同じ兄弟のいない徳川家康と比べると、肉親関係については尊氏と直義が一番可哀相なのかもしれません。

源頼朝
源頼朝 史実の人物像に迫る!出生から鎌倉幕府の設立 死因まで53年の生涯

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

血縁とは本当に難しい。

いつの時代も人は大いに悩まされますね。

みんなが読んでる関連記事

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

織田信勝(織田信行)
兄・信長に誅殺された織田信勝(織田信行)そもそも当主の器だった?

続きを見る

足利尊氏
足利尊氏は情緒不安定なカリスマ将軍? 生誕から室町幕府までの生涯まとめ

続きを見る

高師直
高師直は室町幕府設立の立役者なれど……最期は無残な殺され方だった?

続きを見る

後醍醐天皇
後醍醐天皇の何がどう悪かった? ドタバタの南北朝動乱が始まった理由

続きを見る

源頼朝
源頼朝 史実の人物像に迫る!出生から鎌倉幕府の設立 死因まで53年の生涯

続きを見る

徳川家康
徳川家康 史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで75年の生涯 年表付

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
足利直義/wikipedia

TOPページへ

 



-源平・鎌倉・室町
-