高師直

高師直/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

高師直は室町幕府設立の立役者なれど……最期は無残な殺され方だった?

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
高師直
をクリックお願いします。

 

尊氏に「直義殿を渡してください!」

激怒した師直は、京都の直義邸を襲撃して報復にかかります。

直義は尊氏の屋敷に逃げたものの、師直は容赦せず「直義殿を渡してください!」と訴えました。

尊氏としては部下や弟を殺したくありませんし、そもそも二人とも政権樹立の功労者です。幕府が始まったばかりの時期に、失うわけにはいきません。

そこで二人の間に入って和議を結ばせたのですが、これによって直義は出家して幕府を去ることになります。

もしも師直がクビになったのが直義の陰謀だったら、とんだしっぺ返しをくらったものですね。

事はここで終わりません。

直義が頭を丸めた後、師直は返り咲き、後に二代将軍となる足利義詮を補佐しつつ、幕府の実権を握りました。

足利義詮(2代将軍)は地味だけど意外に有能だった?生涯38年まとめ

続きを見る

と、ここで直義の養子である足利直冬(しかも足利尊氏の実子だからややこしい)が

「義父の仇!」

とばかりに反乱を起こしてしまうのです。

 

首を取って胴体は川に投げ捨てる

なぜ直冬は、実父である尊氏を困らせるような行動に出たのか?

一説には、母親の身分が低く、尊氏とその正室・赤橋登子になかなか認知してもらえず悶々としていたところ、直義がすくい上げたからだとも伝わっています。

いずれにせよ義理でも息子がコトを起こしたからには、足利直義も黙ってはいられません。

すぐさま直冬を救うべく、高師直討伐軍を挙げ、後に尊氏も巻き込む【観応の擾乱】が始まってしまいました。

足利直義
観応の擾乱(じょうらん)は史上最大の兄弟ゲンカ~尊氏vs直義の結末は?

続きを見る

緒戦で敗戦を食らった尊氏は、師直と弟・師泰の出家を条件に直義と和睦することにします。

しかし、です。

師直はそのための護送中に、直義派の武士・上杉能憲(よしのり)に襲われてブッコロされてしまいました。

首を取って胴体は川に投げ捨てる、という凄まじいやり方だったそうです。

なにやら「強い怨恨が感じられる」一件ですね。

師直に同行していた高氏一族もこのときほとんど殺され、別行動していて生き残った息子・師詮も、二年後に南朝との戦で命を落とし、師直の血は絶えました。

まぁ、色々と素行の良くない面も伝わったりしていますので、非業な最期は不可避だったのかもしれません。

家臣の妻の風呂を覗く師直
家臣の妻の風呂を覗いて大コーフン 人妻大好き黒執事・師直は星4つ

続きを見る

ただ前述のように、直義も師直が殺されてから一年後に急死しており、直冬に至っては途中で歴史の表舞台から姿を消してしまいます。

観応の擾乱は「勝者のいない戦い」と言えるでしょうか。

みんなが読んでる関連記事

家臣の妻の風呂を覗く師直
家臣の妻の風呂を覗いて大コーフン 人妻大好き黒執事・師直は星4つ

続きを見る

足利直義
観応の擾乱(じょうらん)は史上最大の兄弟ゲンカ~尊氏vs直義の結末は?

続きを見る

足利尊氏
足利尊氏は情緒不安定なカリスマ将軍? 生誕から室町幕府までの生涯まとめ

続きを見る

四条畷の戦いで楠木正行&正時兄弟が戦死~1人残った弟・正儀は?

続きを見る

足利義詮(2代将軍)は地味だけど意外に有能だった?生涯38年まとめ

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
高師直/wikipedia
上杉能憲/wikipedia
高師泰/wikipedia

TOPページへ

 



-源平・鎌倉・室町
-