歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

北欧神話には、「スキーの女神」ことウルの妻スカジが登場/wikipediaより引用

オリンピック

スキーの歴史は紀元前2500年から! 狩猟具がやがて武具になり、そしてスポーツへ

投稿日:

平昌(ピョンチャン)冬季五輪がいよいよ開催。
スケート、ホッケー、ボードにカーリング――と各種競技がある中で、ウィンタースポーツの王様とも言えるのがスキーではないでしょうか。

さすがKingだけあって、種目はアルペン、モーグル、ジャンプ、クロスカントリー等と多岐に渡り、更には自分で楽しむにもスキーは最高に贅沢な趣味です。

その歴史も古いもので。
実に紀元前2500年まで遡るというから驚きでしょう。

当時はもちろんスポーツではなく、実用的な移動ツールであり、積雪の多い地方で狩猟の際に用いられた薄い板が始まりでした。

只者ではないスキーの歴史、見てまいりましょう。

 

スキーの歴史は人類と共にあり

前述の通り、スキーは狩猟に用いられたのが始まりです。

ただし、雪がある場所ならドコでもOKというわけでもなく、例えば森の中を移動するなら、かんじきやスノーシューの方が効率的。
長い板でシューッと滑ることができる広々としたエリアで、スノーシューが長く薄くのばされて、原始的なスキーになりました。

例えばヨーロッパ、ロシア、日本の北海道(アイヌ人)等の間で、スキーは古くから重宝されています。

スウェーデンでは、紀元前1500年頃に作られたと見られる「2メートル前後のスキー板」が発掘されています。

発掘されたスキー板/photo by moralist Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

「白樺の脚」伝説

時代が下ると、ものすごい速さで谷や坂道を滑り降りる者が出てきます。

北欧の国ではこうした者が、
「あっぱれ、勇者である!」
と賞賛されるようになるわけです。武士が馬術を褒められるようなものですね。

ヴァイキングもスキーを用いており、彼らの間ではいかに急斜面を滑り降りるかという、技試しも行われるようになりました。

北欧神話の神・ウル。このようにスキーを履いて、弓を構えたのが戦士の武装でした/Wikipediaより引用

13世紀のノルウェーでは、伝説のスキーヤーも生まれました。

二人の勇者が反乱者の手から幼い王子(のちの名君ホーコン4世)を救出。
王を殺し、幼い王子までも手に掛けようという追っ手から逃れるため、二人は吹雪の中55キロという距離をスキーで滑り抜けました。

人々は彼らの勇気を讃えて、二人を「白樺の脚」と呼んだのです。

白樺の脚/Wikipediaより引用

なんだか二人の絵を見ていると、劉備の子供を抱いて戦場を駆け抜けた【北欧版趙雲】にも見えますね。

当時は、現在のように両手にストックを持つわけではなく、武器と盾等を持ちながら滑りました。

「白樺の脚」を描いた紋章/Wikipediaより引用

ちなみにこの「白樺の脚」の偉業を記念して、ノルウェーでは55キロを滑る競技会が現在も開催されているそうです。

 

1800年頃、スポーツとしてのスキーが確立

上記の通り、人々は、狩猟、移動手段、武術の鍛錬としてスキーを利用してきました。

ではスポーツとして確立するのはいつのことなのか?

1800年頃、北欧ノルウェーのテレマルク地方で、レジャーとしてのスキーが広まります。
1本のストックでバランスを取りながら、一定のペースで滑る――この地方の方言で「スラローム」と呼ばれました。

そのうち、スキーを得意とする人々は、ビールグラスを持ったり、落ちているものを拾ったりしながら滑るように……要は、タイムを競うのではなく、パフォーマンスを楽しんだのですね。

さらにはコースの傾斜を生かす「ゲレンデシュブリンク」という遊び方も発生。
ジャンプをしているうちに、思い切って高く跳ぶ者が出始めます。

このころのスキージャンプは、現在のように飛距離を競うものではなく、高さを競うものでした。
飛距離はせいぜい10メートル以下。道具も環境も整ってない場所では、それでも十分だったのかもしれませんね。

スポーツとしてのスキーに変化が訪れるのは1860年代のイギリス。
同国ではスポーツの促進が始まり、その一環としてスポーツとしてのスキーも始まり、例えばスキージャンプは現在のものにかなり近づいてきました。

ストックは廃止され、脚を体に引きつけるフォームが工夫されます。
ビンディングも発展し、飛距離は30メートルを越えるようになりました。

一方、ノルウェー体育協会では、この頃スキーの三種目を制定します。

・滑走
・滑降
・ジャンプ

このころのジャンプは、飛距離だけではなく、フォームや飛び方の美しさも競技採点対象となっていました。

ちなみにスキージャンプは【ヴァイキングの処刑法が起源】という説もあります。
が、こちらは都市伝説の域を出ないようで。
19世紀以降、スキーが娯楽から競技化される過程で誕生したものでしょう。

 

スポンサーリンク

アルペンスキーの誕生

スキーの三種目を制定したノルウェー。

やはり現在とは異なっており、例えば滑降は500メートルほどの坂道をまっすぐ下るものでした。
ノルウェーの場合、比較的緩い斜面であるため、単純な技術で滑ることができたのです。

しかし、アルプス山脈のような急斜面では、この滑降は出来ません。
そもそもノルウェーの人々は、アルプス山脈でスキーはできないと考えていたふしがあります。

「アルプス山脈を滑るのならば、それにふさわしいスキー技術があるはずだ」
そう考えたのが、オーストリア人であり“アルペンスキーの父”と呼ばれることになる、マティアス・ツダルスキーでした。

1896年、シュテムターンを基礎とするスキー術「リリエンフェルト・スキー術」を確立します。
急斜面を、ターンを駆使して降りるスキー術ですね。

ツダルスキーのスキー術/Wikipediaより引用

「なんだそれは、邪道じゃないか!」
このスキー術に不満の声をあげたのが、ノルウェーのスキーヤーたちでした。

急斜面をターンで降りる技術は、スポーツとしての動きであり、伝統的な移動手段であったそれまでのものとはまったくの別物。
しかし、ツダルスキーのスキー術が画期的かつ実用的であるのもまた事実で、急速に広まってゆくのでした。

現在、スキーは二種類に大別されます。
アルペンとノルディック。
特徴を記すと以下の通りです。

アルペン(ダウンヒル):アルプス地方のスキーという意味。ツダルスキーが始めた、アルプス山脈のような坂を下る(ダウンヒル)競技。ビンディングは踵を固定する
ノルディック(クロスカントリー、スキージャンプ、テレマーク):移動手段としての、本来のスキーの姿からの発展系。18世紀、ノルウェー軍スキー隊軍事教練において行われた競技が洗練された。ビンディングは踵を固定しない

スキーといえばアルペンスキーを真っ先に思い浮かべる方も多いでしょう。
しかし歴史は浅く、オリンピック競技種目への採用も遅れました。
ノルディックは第1回冬季五輪の1924年以来採用されていたのに対し、アルペン競技は1936年の第4回大会まで待たねばなりません。

現在でもノルディック系はノルウェー、アルペン系はオーストリアが有力選手を多数輩出していますが、それも当然。
日本人にとって柔道のようなもので、負けられない・負けたくない「お家芸」なのです。

 

日本のスキー指導元祖はレルヒ少佐

1911年(明治44年)。
新潟県高田市に、オーストリア人の青年士官がやって来ました。

テオドール・エードラー・フォン・レルヒ――。

彼は、あのツダルスキーからアルペンスキーを習った男です。

スキーを履いたレルヒ/Wikipediaより引用

実は、これ以前にも日本にスキーは存在しました。
そもそもアイヌ人が利用していましたし、1904年(明治37年)には野村治三郎がノルウェーから輸入したスキーを履いて滑っています。

1909年(明治42年)に八甲田雪中行軍遭難事件が起こると、ノルウェー王ホーコン7世がスキーセット2台をお見舞いに贈呈。その他にも、お抱え外国人たちやスポーツマンが、スキーを滑っておりました。

そうした前史があっても、やはり日本のスキーといえばレルヒが元祖とされているのですね。
まぁ、集団への指導や練習は彼が初めてなので、間違ってはいません。

例えば、日本陸軍。
八甲田雪中行軍遭難事件という苦い教訓を経験していた彼らは、スキー技術に興味を抱いておりました。
習得すれば、雪中行軍も改善できる――そう考えられていたのです。

そこで、いざレルヒが指導を始めると、軍人たちは転んでばかり。

それでも周囲の人々も興味津々で、練習会には軍人のみならず、市民、教員、女性の参加も認められました。

レルヒの練習会場は、「大日本スキー発祥の地」として石碑が建てられました/photo by 長岡外史 Wikipediaより引用

レルヒの教えたスキーは一本杖のものであり、あとから導入された二本杖のスキー術に取って代わられてしまいます。
それでもレルヒの名は、新潟のみならず、日本の歴史にしっかりと刻まれているのです。

ちなみに、彼をモデルとしたゆるキャラ「レルヒさん」は人気があり、新潟県内のお土産屋さんでは彼のグッズを見かけないことがないほどです。

レルヒさん公式サイトより引用

 

スポンサーリンク

冬の娯楽として定着したスキー

スキーの歴史は前述の通り長いものです。
しかし、各国で娯楽の王者として定着するのは、1930年代以降でした。

交通網と科学技術が発展すると、人々は冬山まで気軽に移動。それと平行して、スキー技術も洗練が進みます。

スキーは冬の娯楽の王者となったのです。
スキーを楽しむのは、山間部に住む人だけではなくなったのです。

第二次世界大戦以降、スキー人口やリゾートはますます巨大化。
あたたかいレストハウス、ゲレンデが窓から見えるリゾートホテル、温水プールまで備えた複合施設……と、現代のスキー場は、自然の中にある大都会の趣すらあります。

日本でもかつて映画『私をスキーに連れてって』や、広瀬香美さんの楽曲『ゲレンデがとけるほど恋をしたい。』なんてスキー関連のコンテンツが大流行しました。

それが、世界史レベルで見ると4,500年前から始まっていたなんて……。
やっぱりチョット驚きですね。

 

文:小檜山青




スポンサーリンク


【参考文献】
高橋 幸一(編集)・‎野々宮徹(編集)『雪と氷のスポーツ百科



-オリンピック

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.