イラスト・富永商太

徳川家 麒麟がくる特集 週刊武春

徳川家康は3度の死地を乗り越え天下人に!75年の生涯をスッキリ解説・年表付き

更新日:

誤解を恐れずに言うならば徳川家康は人気がありません。

もちろん全くの嫌われ者というワケではなく、織田信長豊臣秀吉、あるいは真田信繁伊達政宗と比べたらという話でもあり、ゲームや映像作品などでも、なんとな~くイケてない存在ではないでしょうか?

しかし、これが海外に出ると俄然評価が変わる。
信長や秀吉よりスポットを当てられるのは家康(BBCなどでも制作される)。

実際、その活躍は上記2人に劣るものではなく、戦国ファンが胸を躍らせる合戦にしたって「姉川の戦い」や「金ヶ崎の退き口」あるいは「三方ヶ原の戦い」など、十分に語ることはあるのです。

そこで本稿では、家康の生涯でポイントになるところにスポットを当て、スッキリとその生涯をまとめてみます。

熱い家康――そんな楽しみ方もたまには良いとは思いませんか。

 

父・広忠は17歳 母・於大の方は15歳

東は今川、西は織田、北は武田に挟まれて、常に窮地の中にあった三河の徳川(松平)。

そうした状況の最中、竹千代こと後の徳川家康は、天文11年(1542年)、父・松平広忠と母・於大の方(おだいのかた)の嫡男として岡崎城で生まれました。

岡崎城に伝わる家康の産湯井戸

父の広忠は17歳。
その妻・於大の方は15歳というまだ若い夫婦です。

竹千代の世代には、数多の戦国武将がおり、同じ「三英傑」として数えられる、織田信長(1534年)や豊臣秀吉(1536年or1537年※諸説アリ)と少し下の年代に当たります。

後に直接対決することになる武田信玄(1521年)とは親子ほどの差(武田勝頼の4歳上)でした。

【主な戦国武将の生年】
北条早雲(1432年)
斎藤道三(1494年)
毛利元就(1497年)
・北条氏康(1515年)
・今川義元(1519年)
・武田信玄(1521年)
・上杉謙信(1530年)
・織田信長(1534年)
島津義弘(1535年)
・豊臣秀吉(1536 or 1537年)
・徳川家康(1542年)
・武田勝頼(1546年)
最上義光(1546年)
本多忠勝(1548年)
立花宗茂(1567年)

そんな綺羅星のごとき戦国武将の中で、なぜに徳川家康が、最終的な天下人となれたのか?

いかなる生涯を過ごしたか?

まずは家康の生まれた一族・松平家の由来についても触れながら、その一生を追ってみましょう。

 

家康が生まれる直前の松平家は苦難にあった

松平一族の由来は、どうもハッキリしません。
その出自は江戸期以来議論されおり、『どうやら古代豪族・賀茂氏の流れでないか?』とされています。

確かに家紋の「三つ葉葵」は葵祭で有名な賀茂神社との関わりがありますが、これでは武家の棟梁として血統の正統性はちょっと弱い。

そこで家康は、新田義貞の配下・得川義季が松平の始祖であった――という伝説を根拠に、のちに「徳川」と名乗り、新田系の清和源氏血統であると自称するようになったのです。

また家康の系統である安祥松平家は、実は嫡流ではありません。
嫡流の家勢が衰えたため、それにとってかわった系統。このあたりの血筋の問題はいろいろとつつかれてきました。

そんな松平党たちはいかにして三河で躍進していったのか?

キッカケとなったのは、松平七代目であり家康にとって祖父にあたる松平清康です。

松平清康/wikipediaより引用

武勇に長けた清康は三河国を切り従えます。

ところが天文4年(1535年)、守山城攻略を目指して織田信秀(信長の父)と対陣中、部下に斬殺されてしまいました。この「守山崩れ」と呼ばれる悲劇以来、松平党は勢いを失い、苦難の日々を歩むことになったのです。

この時、清康の嫡子である広忠は僅か13歳。岡崎城を追われ、流浪の身となります。
今川義元の取りなしで岡崎城に戻れたものの、これ以降は今川の意向に逆らえなくなりました。

のちに家康となる竹千代が生まれたのは、こんな苦難の中でのことでした。

さらに幼い竹千代に苦難が襲いかかります。母・於大の方の兄である水野信元が今川と敵対する織田方についたため、於大が広忠から離縁されてしまったのです。

こうして竹千代は、実母と生き別れることとなったのでした。

 

スポンサーリンク

三河武士団の忍従 すべては竹千代様のために

生母と離別した竹千代に、さらなる困難が待ち受けます。

6歳の折、父・広忠が織田家に対して対抗するため援軍を今川家に申し込んだところ、人質として竹千代を求められたのです。織田への対抗勢力である松平家から人質を取るのならば、生母実家が織田方についた竹千代がふさわしかったのです。

竹千代は駿府へと送られます。が、このとき有名な人質の横取り事件があって織田家に送られ、竹千代はそのまま二年間、尾張に滞在することになったのでした。

そしてこの尾張人質期間中の天文18年(1549年)に、父・広忠が急死してしまうのですから、過酷にも程がある幼少期です。広忠は表向き病死とされていますが、実は家臣による殺害でした。

祖父、父と二代続けて家臣により殺害されてしまった竹千代。
義元は成年の当主が不在となった松平家を支配下に置き、人質交換で竹千代の身柄を駿府に移します。

竹千代は多くの若い家臣たちに囲まれながら、駿府で暮らすことになりました。彼らは青年か主君と同年代にあたり、遊び相手をつとめながら、竹千代を守り続けます。

駿府で竹千代の教育にあたったのは、母方の祖母である源応尼でした。

さらに長じると、名門今川家に仕える名僧たちが薫陶を授けます。その中には今川義元が頼りにした太原雪斎もいました。学問に長けているだけではなく、合戦でも活躍した太原雪斎の教えを受けたことは、竹千代にとって大いにプラスとなったことでしょう。

大大名たる今川家で知性と教養に磨きをかけたことは、竹千代の人格形成によい影響を及ぼしたことでしょう。今川家としても、竹千代が成人したのちには今川家配下の武将として力を尽くして欲しいわけで、粗略な扱いはしなかったと推察できます。

竹千代自身の処遇はさておき、その家臣たちの扱いは過酷なものでした。

岡崎城に入った今川家の城代に従わねばならず、合戦では捨て石のような役目を背負わされるのです。幼主である竹千代が駿府にいる以上、逆らうこともできません。
それでも三河武士団は松平家を見限らず、いつか来る独立の日を信じていました。

彼らの希望は、幼主・竹千代に託されていたのです。

天文22年(1555年)、竹千代は14歳で元服。義元から一字拝領し、次郎三郎元信と名乗ります(ただし、その数年後には元康と改名したようです)。

元信は元服後一時的に岡崎城に戻ります。
しかしそこには今川家の城代がおり、本丸に入ることはできませんでした。

それでも家臣たちは元服した主君の姿を見て感慨もひとしお。元信はこっそりと蔵の中身を見せられます。
そこには大量の兵糧米と軍資金が備蓄されました。

「これは若殿が三河に戻る時のため、その時期に備えて蓄えていたものでございます」

今川家に服従し、決して豊かではない暮らしの中、こつこつと貯められた物資を見て、元信の感動も大きく、そして責任感も全身を駆け巡ったことでしょう。

永禄元年(1558年)、元康は初陣で戦果をあげますが、それに対して恩賞は松平家のごく一部を与えられただけでした。家臣たちは不満を訴え、松平家の領地すべてを与えるように訴えますが、退けられます。

関ヶ原まで、あと四十二年。この二年後、石田三成が生まれるのでした。

 

桶狭間で思わぬチャンス! そして岡崎城へ

念願の松平家独立の好機は、思わぬところでやってきます。

永禄3年(1560年)、今川義元は圧倒的な軍事力を背景に、尾張侵攻を開始(上洛目的という説は現在否定されています)。その配下の将として、元康は先鋒を任されました。

これは露骨な捨て石という見方もできますが、彼の領地が地理的に尾張に近いということも関係しているでしょう。元康の任務は孤立した大高城への食料搬入であり、首尾良くこの任務を果たします。

しかし5月19日、予想だにせぬ大番狂わせが発生します。皆さんご存知の通り、今川義元が織田信長率いる軍勢に討たれてしまったのです。

のちに「桶狭間の戦い」と呼ばれる歴史上の転換点。元康はこの時、大高城で休息中でした。

このままでは敵地尾張に入り込んでいる松平勢は孤立し、囲まれてしまいます。絶体絶命のピンチか――と焦った元康ですが、実のところ織田勢には兵力の余裕がなく、元康に攻撃を仕掛けることは出来ませんでした。

そこで元康は、自領の松平まで無傷で撤退し、いったんは菩提寺の大樹寺に入ります。
このとき、松平家の本拠である岡崎城は、今川の城代が撤退し、空城になっていました。喉から手が出るほど欲しかった念願の岡崎城が目前にある……されど今川に対する義理のためか、しばらく様子見に徹する元康。

意を決して岡崎城に入り、今か今かと織田勢の襲来を待ちました。

岡崎城

が、義元を討ったことで力を使い果たしたのか、結局、織田勢はやって来ません。

かくして思いもよらぬ幸運により、ほぼ無傷で岡崎城を取り戻した――なんて書くと棚ボタラッキーのようではありますが、先に大高城へ危険な食料搬入を果たしていることを忘れてはいけません。

いずれにせよ今川は、当主義元を討たれ、家督を継いだ今川氏真体制では、不安定な状況です。

この間隙を縫って永禄5年(1562年)、元康は今川家から独立を果たし、母方の叔父の仲介で織田家と同盟を結びました。
このとき義元からもらった偏「元」を返上し、家康と名乗るようになります。

スムーズな独立のようにも思いますが、実際はさにあらず。

永禄6年(1563年)には「神君三大危難」の一つである三河一向一揆に遭っており、家康は一揆を鎮圧しつつ三河を統一。ようやく独立大名となったのでした。

二代続けて主君が若くして家臣に殺された三河松平一族。悲運の雲に晴れ間が見え、ようやく明るい兆しが見えてきました。

関ヶ原まで、あと四十年のことです。

 

信長と同盟を結び「家康」に改名

永禄5年(1562年)、前述の通り、元康は尾張の織田信長と同盟を結びました。
この同盟は、信長が本能寺で斃れるまでの二十年間堅持されることになります。

この同盟で西側に安全を確保した元康の狙いは、東の今川です。義元の死以来、国衆の動揺を抑えきれない今川領は、武田・北条によって食い荒らされているような状態でした。

そして永禄6年(1563年)には元康から「家康」へと改名。

「家」の字はどこから来たのかというと、清和源氏の「源義家」ではないかとされています。さらに永禄9年(1566年)には従五位三河守叙任と同時に「徳川」に改姓。松平元康はおなじみの「徳川家康」となったのでした。

さてここで、あの狂歌を思い出したいと思います。

◆織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 すわりしままに 食うは徳川

これを家康本人がもし読んだとしたら「おいおい、織田が餅をついたというならば、私だって一緒にやっていたじゃあないか」と言いたくなるかもしれません。

織田信長が天下布武を目指していたのは確かです。そしてその道のりには、頼りになる同盟相手として家康がいたのでした。いわば信長が杵で餅をつく合間に、手際よくひっくり返していたのが家康と言えるのではないでしょうか。

二人の関係は共存共栄であり、家康だけではなく信長もこの同盟から利益を得ていたのです。そうでなければ二十年も続かなかったはずです。

例えば永禄11年(1568年)、信長は上洛を果たします。

これも東側を家康が抑え、背後を突かれることはないと思っていなければ難しいことです。この上洛によって信長は将軍・足利義昭を奉じ、他の大名に対して一歩リードするようになるわけです。

イラスト:富永商太

一方、家康は、東の今川を攻略。永禄12年(1569年)には、今川氏真が掛川城を開城して家康に降伏、戦国大名・今川氏はここで滅亡します。

氏真は家康の保護下に入り、特に険悪な仲というわけでもなく、二人は晩年までつきあいが続きます。
氏真の子は旗本として江戸幕府に仕えるほどです。

家康は信長の同盟相手として、永禄13年(1570年)金ヶ崎の戦い、元亀元年(1570年)の姉川の戦いにも参戦、存在感を見せます。

家康というと晩年の狸親父のイメージが強いのですが、壮年期は武家の棟梁らしい精悍な姿を見せています。姉川の戦いではどうしても一番手を切ると譲らず、結局信長は陣立てを変更した、と伝わります。

 

三方ヶ原で「武士の意地」は無駄じゃない!?

信長が勢いを増す中、他の大名も指をくわえて見ているわけではありません。

信長と対立した足利義昭の要請を受け、ついに元亀3年(1572年)、武田信玄が上洛を開始しました(※と言ってもこのときの武田家もかつての今川氏と同様、徳川領への侵攻であり、京都への上洛ではないとの見方です)。

信玄率いる二万の軍勢は、甲府から徳川領へと侵攻開始。家康の敗因を探るまでもなく、数の差は圧倒的でありむしろ勝ち目がまったくない戦いでした。二番目の「神君三大危難」の開幕です。
このときの武田勢ときたら、破竹の勢いとか鎧袖一触とか、そんな言葉がふさわしい進撃ぶりでした。

家康のもとには信長から三千の援軍が到着します。
それでも形成は不利です。家康は本拠の浜松城に籠もり、武田勢の来襲を待ち受けます。

ところが敵は意外な行動に出ます。なんと浜松城を素通りし、三方原台地から浜名湖へと進んだのです。

これは当時のセオリーからすれば異常なことでした。進軍する先にある城は落とす、あるいは少なくとも攻め手を送り込むのが常道。これはまるで猫が鼠をいたぶるような、あまりにひどい侮辱でした。
この見え透いた侮辱を目の前にして、家康と家臣の意見は対立します。劣勢であるからには見送るべきだという静観論に、家康は反対。

「見え透いた挑発であり、おびき出そうという魂胆はわかっている。しかし、これを見送っては武士として末代までの恥だ!」
家康は敢えて出撃し、敵の背後を突く決意を固めたのでした。

敵は家康の手を全て見通しておりました。徳川勢の進軍ルートを予測し、待ち構えていた武田勢は僅か二時間で相手を打ち負かします。徳川勢も織田からの援軍も甚大な被害を被り、家康は忠実な家臣たちを身代わりにたてながら、なんとか撤退したのでした。

浜松城まで戻った家康は敢えて城門を開け放つ「空城の計」を用い、それを見た相手はそのまま引き揚げた、とも言われています。ちょっと出来過ぎた話のような気もしますが。

同合戦は「三方ヶ原の戦い」と呼ばれ、武田信玄相手に惨敗をした家康ですが、これは家康のキャリアにとって必ずしもマイナスになったとは思えない部分もあります。

「試合に負けて勝負で勝った」とは言い過ぎかもしれませんが、敢えて不利とわかっていても武士としての名誉に賭けて出撃するというその心理は、同じ武士にとって「心にグッと来る」行動ではないでしょうか。

イラスト・富永商太

後年の狸親父というイメージもありながら、関が原の戦いで家康は、加藤清正ら豊臣系大名も取り込んでいるわけで、人の心を掴む要素があったはずです。
それがこうした武士としてプライドを賭けて困難に立ち向かった態度ではないでしょうか。

さて、徳川勢を蹴散らした武田勢は後が続きません。
これまたご存知の通り、土壇場になって信玄が病死してしまったのです。

その死はしばし伏せられたままとなりますが、信玄の死による反織田勢力の後退を見逃す信長ではありません。まずは天正元年(1573年)、信長は朝倉義景と浅井長政を滅ぼしたのでした。

勢いに乗る織田・徳川勢は、信玄亡き後の武田勝頼との戦いに挑みます。天正三年(1575年)、長篠・設楽ヶ原の戦い(いわゆる長篠の戦い)で武田勝頼相手に大勝利。まさに最強のコンビともいえる信長と家康ですが、この先には思いも寄らぬ悲劇が待ち受けていたのでした。

関ヶ原まで、あと二十五年。

 

スポンサーリンク

信康切腹事件 理由は諸説あれど心苦しき

天正年間はまさに世代交代の時代でした。

天正6年(1578年)、武田信玄と争った上杉謙信が急死。
後継者をめぐる「御館の乱」が発生します。

長篠の戦いでの損害回復で勝頼も苦しい立場であり、武田と上杉がおとなしくなったその最中、信長の目は西へと向けられます。

この時期は、毛利攻めの羽柴秀吉が活躍していた時期。
一方で家康はあくまで東担当であり、西の秀吉に、東の家康という構図が出来上がります。
徳川はこの頃、防備に専念する穏やかな日々となっておりました。

この比較的穏やかな時期の天正6年(1578年)、家康にとって悲劇的な事件が起こるのです。

家康の嫡男・信康の正室は、信長の娘・徳姫でした。
彼女が父の信長に対し、信康母子を告発する書状をしたためたというのです。この内容が姑である築山殿との不仲程度ならともかく、二人が武田と通牒しているとあったから、信長としては見逃せません。

信長が徳川からの使者である酒井忠次に問い糾したところ、彼は否定しなかったため、信康は切腹、築山殿の死が決まってしまった、という流れです。

この不可解な悲劇の動機はいろいろな説があり、これだという決定的な証拠はなかなか見いだせていないようです。

ただ、とりあえず、信長が信康の器量を恐れた説は除外してもよいのではないでしょうか。
信長にとって徳川は重要なパートナー。その世継ぎが優れていたのならば、それはむしろ歓迎すべきことでしょう。
この説は家康がのちに天下を取るというバイアスに基づいたものではないかと思います。

武田勝頼が送り込んだスパイである大賀弥四郎なる者が、徳川家中に深く入り込み、築山殿と信康を手なずけて武田を利する行動を取るように操った、というトロイの木馬のような説もあります。
あるいは武田信玄・義信父子のように、不仲が背景にあるとか。

いずれにせよ、父が子、夫が妻を死なせなければならなかったのですから、痛恨事には間違いありません。
この事件によって、家康の嫡子は事件の翌年に生まれた秀忠となります。

関ヶ原まで、あと二十一年です。

 

バカンス気分が一転!命を賭して地元へ帰る

天正10年(1582年)、信長は満を持して武田領に侵攻を開始。
相次ぐ武田家臣の離反が発生します。

家康は駿河から武田領へ攻め入り、ここでも頼りになるパートナーとして手腕を発揮します。信長は家康の功績に報い、家康は駿河を拝領することになったのでした。

宿敵である武田氏はここで滅び、信長も家康も祝賀ムードであったことでしょう。
信長は功労者の家康を本拠地の安土城に呼び、祝おうという流れになります。

ところがこの時、饗応責任者の明智光秀がよりにもよって腐った魚を用意してしまったらしい、ということが問題になります。
このとき信長は今でいうガチ切れをして光秀を激しく叱って蹴りを入れてしまったらしいのですが、信長の気持ちも、光秀の気持ちもわからなくもありません。

信長としては、
「今は初夏だし、生ものの魚は腐りやすい。だからこそ、万事ぬかりなくこなす光秀に頼んだわけだろ。それを腐らせるとかありえない失態。しかも長年尽くしてくれた家康相手だぞ。俺の顔に泥を塗りおって!」

光秀としては、
「この生ものが腐りやすい季節に魚から腐った臭いがしたくらいで、蹴りを入れるなんてあまりに横暴だ。家康公は長年のつきあいって言いますけど、私だって長いこと仕えているじゃないですか。この間の甲州攻めでも面罵されましたし」
といったところですね。

家康は場の空気の悪さを感じ取ったと思ったかもしれませんが、まさかこの後、光秀が信長を討つとか思ったわけもありません。

信長の家康への慰労は続きます。
「長年いろいろありがとう。武田も滅びたことだし、一区切りってことで堺見物なんかどう? 茶会も楽しんでゆっくりしていってね」

信長としては安土の腐った魚事件もあることですし、それを補うためにも豪華ツアーを用意するわけです。
堺の接待尽くしで、家康も「いろいろあったけど、信長公と長年コンビ組んできてよかったよな」と思ったんではないでしょうか。

このとき信長の家康への対応を見ていると、ビジネスパートナーとして最高です。気遣いのある人だな、と思えます。
ただし、この「信長プロデュース家康お疲れ様ツアー」は最悪の形で幕切れとなるわけですが……。

信長手配の接待尽くしを楽しんでいた家康の元へ、6月2日に凶報が飛び込んできます。
前日、京都の本能寺で信長が光秀によって討たれたというのです。

楽しいバカンスが一転、地獄のサバイバルになりました。
三番目の「神君三大危難」の開幕です。

凶報に接して、家康は半ば諦めました。
「もう駄目だ。土民の手にかかって無残に死ぬくらいなら、切腹する」
そんな主君を本多忠勝ら家臣が止めます。
「伊賀を越えて、帰りましょう」

そう提案したのは服部半蔵正成でした。忍者の代名詞となった「服部半蔵」ですが、服部半蔵正成自身は忍者ではなく、その父が忍者でした。
半蔵正成はこの父の代から家康に仕えていました。

家康は早くから伊賀忍者を活用していたようです。
信長は「天正伊賀の乱」で伊賀忍者に弾圧を加えましたが、家康はむしろこの時彼らを保護下に置いたようです。こうした家康の経歴が伊賀越えの時に生かされたことでしょう。

家康とその家臣たちは、少なくない犠牲を払いながらも険しい道を突破。生き延び、本拠地三河にたどり着きます。家康は信長の仇打ちのために光秀討伐に向かうものの、羽柴秀吉が勝利をおさめたと知ると引き返します。

そんな彼の前に、主を失った武田遺領が横たわっていました。
関ヶ原まで、あと十八年です。

忍者・服部半蔵、実際は武士! 家康に仕えた忠臣は優しさの人だった

 

旧武田領を巡る争い 表裏比興の真田

旧武田は恐ろしくカオスな状態になっておりました。
主君を失った武田家臣や国衆が一揆を起こし、領内にとどまる織田系武将に牙を剥いていたのです。

この土地を越後の上杉、相模の北条、そして三河の徳川が見逃すわけもありません。

甲斐・信濃・上野は三者が火花を散らす場となったのです。ただし、上杉景勝は新発田重家の反乱が起こっていたこともあり、積極介入しにくい状況でした。

この混乱の中、旧武田家臣である真田昌幸が活躍します。
状況を見て、つく相手を替える昌幸は、この「天正壬午の乱」の鍵を握る存在でした。

家康ははじめ北条相手に苦戦をするのですが、当初は北条方だった昌幸を味方につけたあたりから、状況が好転します。

徳川と北条は同盟を結び、ひとまず乱は終わるかに見えたのですが、予想外の事態が起こりました。
この和睦交渉で、北条氏政は上野国沼田領を要求。
家康は昌幸に引き渡しを求めたのです。

「だが断る。沼田領は徳川から与えられた領土ではない」

昌幸としてはせっかく味方したのに沼田を求めるとは、家康に恩を仇で返されたようで腹が立ったとは思います。

言うなれば昌幸に筋がある――とはいえ、家康としてもまさか断られるとは思ってもいなかったでしょう。

真田昌幸/wikipediaより引用

天正13年(1585年)、家康は真田討伐のために家臣を出兵、第一次真田合戦が起こります。
家康としては生意気な国衆をひねり潰すくらいの気持ちだったかもしれません。国衆と大名ではまず戦いにならないのが普通です。

ところが真田は普通ではない。

家康は圧倒的少数の相手に対して、手痛い敗北を被ったのでした。
しかも昌幸が徳川方を撃退した上田城は、昌幸が家康配下であったときに、家康の許可を得て建てたものです。まさに屈辱的な敗北でした。

このあとも真田一族は、家康の人生の転換点において、あまりありがたくない形で顔を出します。

それにしてもこの天正壬午の乱というのは、重大な戦いであり、錚々たる大名が絡んでいるにも関わらず、注目を集めにくいような気がします。

本能寺で信長が倒れると、注目は華々しく仇打ちを遂げる秀吉に集まってしまうということもあるでしょう。
戦いの最後で真田に大敗し、味噌を付けてしまったため、というのもあるのでしょう。

しかしこの乱で家康は、しっかりと自分なりの天下餅をこねているのです。
思うように介入できなかった上杉、どうにも精彩を欠いているように思える北条に対して、家康は確実に旧武田領を獲得し、新たなる天下人たる秀吉も無視できない存在になったのです。

 

秀吉との対決 そして豊臣政権へ

天正10年(1582年)、信長が倒れ、家康が旧武田領で激しい死闘を繰り広げている頃。
畿内は空白状態になりました。

信長の後継者たちは狼狽し、光秀を討とうにも、まるで動きが止まったような状況です。
そんな中、毛利攻めに赴いていた秀吉は、敵と素早い講和を結ぶと、電撃的な中国大返しで駆け戻り、山崎の戦いで光秀を打ち破ったのでした。

信長の死から一月ほどのち、清洲会議において信長と共に討ち死にした嫡男・織田信忠の遺児・三法師を織田家後継者とし、その叔父である信孝と信雄を後見とすることが決定されます。

しかしこの決定後も、信孝と信雄の確執は続きます。

信孝は柴田勝家、信雄は秀吉と結び、信長の家臣団をも巻き込む争いに発展。天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦いとなり、勝家が敗北、自刃します。
同様に信孝も切腹へと追い込まれました。

勝った側の信雄ではありますが、この頃から秀吉との仲が悪化。信雄は家康に接近します。記述が前後しますが、この要請は第一次上田合戦の前です。

家康と秀吉はついに天正12年(1584年)、小牧・長久手の戦いで対決することになります。

この戦いは、家康にとって「勝負に勝って試合に負けた」と言えるのではないでしょうか。
数で劣る家康・信雄連合軍は最終的に講和を結び、家康は次男・於義丸(のちの秀康)を人質として秀吉に送っています。
とはいえ、長久手方面において徳川勢は敵を圧倒しました。徳川四天王※1・井伊直政や家康のイトコである水野勝成の活躍によって森長可、池田恒興を討ち取り、羽柴秀次が率いていた本隊を壊滅状態に追い込んだのです。

森長可の首は、戦場からさほど離れていない菩提寺まで運ばれる途中、敵の目をかいくぐって進むことを断念して埋葬されたと伝わります。
長可ほどの名だたる武将がそのような目にあわねばならなかったほど、徳川勢は強く、綿密な警戒をしていたのでしょう。

講和後、家康と秀吉の間では戦いには至らないものの、和解もしない、冷戦状態が続くことになります。
そんな中、衝撃的な事件が起こります。

天正13年(1585年)、長年仕えてきた石川数正が突如秀吉の元へと出奔してしまったのです。

数正は、駿府での人質時代から苦楽をともにしてきた家臣です。
しかも彼は軍事機密情報を握っていたわけですから、それがすべて敵の手の内に渡るということです。

彼の出奔は、これだけ重要な事件であるにも関わらず、動機はハッキリしません。
秀吉との対決を唱える強硬派に対して、数正は和平派。
秀吉との交渉に疲れてきたのか、向こうの方がよいのではと思えてきたのでしょうか。

いずれにせよこの出奔によって家康は軍制改革をしなければならなくなります。
このとき力になったのが、旧武田家臣たちでした。

武田軍制を取り入れた甲州流軍学が築城術に変わった理由

天正14年(1586年)になると、秀吉は懐柔策を取って家康に接近してきます。
実妹・朝日姫を家康に正室として迎えさせ、さらに人質として生母・大政所をも送ってきたのです。

こうなると家康も、流石に秀吉からの上洛要請を断り切れなくなります。

仕方なく上洛したような形かと思われますが、家康にとってはなかなか美味しい話でもありました。
この時期に朝廷から「三位中将」に叙任されているのです。
家康にとってはかなり嬉しい叙任ではありますが、「従一位関白」である秀吉と同席したらば下位に置かれるということでもあります。

それでも、損と得を天秤にかければ、官位(※官位とは官職位階の組み合わせを意味します)には大きな魅力がありました。

秀吉としては手強い家康をついに屈服させたのです。
官位授与の効果は抜群で、これに抵抗できる大名はいません。

この時期、家康は藤原から源氏に改姓しています。
家康はもともと源氏にしたいと願っていましたが、その動機は将来的に「征夷大将軍」を希望していたからでした。

のちの歴史を考えると家康はこの頃から将軍としての天下を狙い、着々と動いているようにも思えますが、公家の頂点を極めた関白秀吉からすれば、せいぜい「征夷大将軍=東国武士の抑え」と解釈できるのではないでしょうか。

事実、家康は今後東国武士の抑え、代表のような役割を果たします。

関ヶ原まで、あと十二年です。

※1……徳川四天王(本多忠勝・榊原康政・井伊直政・酒井忠次の4名)

 

スポンサーリンク

北条氏滅亡を受け、小田原ではなく江戸へ移封

小牧・長久手の戦いから数年間、秀吉が九州を征圧する間、豊臣政権下で家康とその家臣たちは一息つく日々を送ることになります。
若い頃から戦場を駆け巡ってきた彼らにとって安息の日々でした。

こう書くとまるで家康がのんびりと餅つきを横で見ていたようですが、もちろんそうではありません。
領内の整備といった内政や検地、さらには関東や奥羽の大名との外交も行っていました。

九州まで征圧した秀吉の目は、関東・奥羽に向けられます。

奥羽の大名は、鎌倉以来の名門であることを誇りとし、また貴族である関白に恭順することに抵抗を示す者もいました。
一方では、今権威を味方につければ一発逆転ができるとばかりに、いち早く秀吉に認められようとする者もいました。

そして関東には、北条家がありました。

北条家には難攻不落の小田原城、南奥を制した若き独眼竜・伊達政宗との同盟関係、そして姻戚関係にある徳川家康という、頼りになるものがあります。
家康としては、秀吉に服従以来同盟は破棄されたようなものであり、家康自身も北条氏政・氏直父子に服従するよう迫っていたのです。
しかし相手は応じません。

北条家周辺をめぐる関東は、導火線のない火薬のような状況におちいっていました。




スポンサーリンク


そこへ導火線を差し込む男が登場します。
あの真田昌幸です。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-徳川家, 麒麟がくる特集, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.