週刊武春 合戦

戦場の兵士たちは何を食ってた?戦国時代のミリメシ事情 ご馳走は「縄」です

投稿日:

「ミリメシ」って聞いたことありますか?

「ミリタリー飯」すなわち軍隊が野戦などで食べる食事のこと。
自衛隊でも「戦闘糧食」といって缶詰やレトルトパウチ製のものなどが支給されるそうです。

当然ながら複雑な調理ができない戦地において迅速かつ簡便に摂取でき、なおかつ十分なカロリーを満たすことのできるものが条件となっています。

では、戦争が常態化していたともいえる戦国時代はどうだったのでしょうか

 

そもそもが食うため奪うため

当時は日本中が飢餓の時代でした。
戦場に雑兵たちが集まる多くの理由は「ご飯」が食べられるからにほかなりません。

「頼むから、子連れはやめるように」と大名たちが命令を出した例もあります。
子供にも食べさせるために「この子はいずれいい戦闘員になりますんで見学です」という理由で親子で従軍するケースが相次いでいたからです。

他にも敵地で人さらいをしたり、家財道具やお宝を強奪したり。
要は、生きるためですね。

それゆえ戦争に強い領主は尊敬されたりもしました。
※ただし乱暴狼藉を働く者たちは武士の間では軽蔑もされたりしたそうですから、その辺、ややこしいところです

戦闘時には、以下のような非常食を食べますが、イクサといっても日本の場合は、戦闘そのものよりも、陣地の構築などの土木作業の時間がかなり多かったことをあらかじめ申し上げておきます。

まずは標準的な食事の様子を見てみましょう。

 

スポンサーリンク

一日三食の起源は戦国時代だった

この頃は、朝と夕の2回の食事が一般的でしたが、重労働の兵士たちはこれに夜食がついて3回となります。

兵士たちの食事が江戸時代になって武士の食生活に取り入れられ、今の日本の「一日3食」という生活に繋がっていくという説もあります。

いつ戦闘が始まるか分からないので、まず早朝に朝ごはんと夕ご飯分のご飯を炊きます。
日中に戦闘が行われることが多いので、夕飯の準備をしている余裕はありません。

夜になると、戦闘があっても普通は中止になります。

ところが、「夜襲」というのもわりと頻繁に起こるため、必ず夜食用にご飯を炊き、腹ごしらえをしてから眠りにつくのです。

つまり、「炊事は2回、食事は朝ごはんがポカポカ、昼ご飯はお弁当、夕飯はポカポカ」と、まったく現代の家庭の食卓の同じなのです。
まさか、平和な日本の団欒の原点が戦国時代のミリメシにあったとは。

ちなみに兵士の米は【一日10合】というのが基準だったりします。
実際には10合に足らず「7~8合しか支給されない」というケースもあったようですが、いずれにせよ命を賭け、日中に体を動かす戦場での仕事がラクではなかったことがご理解いただけるでしょう。

もう少し具体的に見ていきましょう。

 

炒米・干飯

もっともイメージしやすい糧食のひとつでしょう。

主食となる穀物を加熱した後で乾燥させるという、保存性・携帯性に優れた戦国のミリメシです。

そのままポリポリかじるもよし。
お湯で戻して柔らかくするもよし。

実際にはお湯と一緒に口に含んで咀嚼したことが多かったともいいます。

干飯は現代の「アルファ化米」に通じるものでもありますね。

戦国時代のミリメシ事情

 

スポンサーリンク

焼味噌

発酵食品であり、調味料としても使える味噌は戦国時代にも重宝されたようです。
米と塩とともに陣中の兵粮として欠かせないものでした。

そのままでは腐ったりカビが生えたりするので焼いて味噌玉にして携帯したようです。

もちろんお湯に溶かせば味噌汁になり、おかず代わりにかじったりもしたそうです。

味噌は中国伝来の食品ですが、すでに正倉院文書(奈良時代)にも税金の一種として物納されていたようですから、戦国時代には各地それぞれの味噌があったことでしょう。

例えば、全国から兵士が集結した関ヶ原の合戦では、
「お、お前の味噌旨そうだな」
「いやいや、あなたこそ、なかなかのもので」
「変わった色をしておるな」
なんて、全国味噌自慢があったのでしょうかね。

 

梅干し

保存食の王様、梅干しを戦国の男たちがほっとくはずはありませんね。

戦闘では大量に汗をかき、なおかつ激しい心身の疲労が蓄積されることは想像に難くありません。

梅干しに含まれる塩分やクエン酸は、戦に疲れた男たちの体力を回復させるのに力を発揮したことでしょう。
種をとって糸をつけるなど携行に工夫がなされたそうです。

梅干しはわが国最古の医学書『医心方』(10世紀)にも載っていることからその起源はすくなくとも奈良時代にまでさかのぼり、平安時代後半には普通の食卓にのぼっていたと言われています。

それと、のどが渇いたときには「梅干しを見て唾を出せ」という”知恵”が『雑兵物語』に記されています。
足軽たちの生活などが描かれていたもので、非常にリアルな情報ですね。

 

スポンサーリンク

芋茎縄・ズイキ(いもがらなわ)

戦国ミリメシの白眉がこれ。
サトイモの茎である「ズイキ」を味噌汁で煮しめたものを乾燥させ、縄にしたものです。

まさに「食べられるロープ」!

腰に荒縄のようにくくりつけ、そのままかじったり、お湯で戻すと味噌汁にもなるという優れ物!
一度食べてみたいですね。

例えば、いざ籠城という危機に備え、熊本城の畳なんかにも使われていたという話もあります。

「ズイキ」という謎めいた名称は、有名な禅僧・夢窓疎石の歌から出た名だと伝わります。

「いもの葉に置く白随喜露のたまらぬはこれや随喜の涙なるらん」

「随喜」というのは大喜びという意味です。

夢窓疎石/wikipediaより引用

このように、戦国のミリメシは主に「乾燥品」と「塩蔵品」がその主役を務めたと考えられています。

軽くて持ち運びやすく、保存性が高くてなおかつ栄1養もある――現代のニーズと何ら変わりありません。

ですが願わくば、平和に食卓でいただきたいものですね。

帯刀コロク・記
富永商太・画




スポンサーリンク


【参考】
東郷隆『雑兵足軽たちのの戦い』講談社(→amazon link

 



-週刊武春, 合戦

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.