歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

その日、歴史が動いた 諸家

天空の城「竹田城」の城主ってどうなったん? 最後は家康の勘気くらって切腹に

更新日:

関が原の裏切り者といえば小早川秀秋とその前方にいた四名。
実は、本戦以外でも西軍から東軍に寝返った人がいます。
しかし、その人はせっかく寝返ったのに天寿を全うすることができませんでした。

慶長五年(1600年)の10月28日、「天空の城」として知られる竹田城の主・赤松広秀が切腹しました。

斎村姓になったり、名前も広通・広秀・広英・政広と何度も変わっているためか、調べようとしてもなかなか見つからないという違う意味でも悲劇のお人です。

photo by お城野郎!

なぜ西軍から寝返ったのに切腹する羽目になったのかというと、裏切ったタイミングとやり方が徳川家康の怒りを買ってしまったからです。

広秀は東軍の細川幽斎(忠興のお父さん・別名戦国最大のチート)の田辺城というところを攻めていたのですが、攻め手の中には幽斎の弟子とも言える武将が多かったため、兵力的には有利でもなかなか押し切れずにいました。

そこへ後陽成天皇が間に入り、講和の勅命を出します。
幽斎は古今伝授という古今和歌集の秘伝を受け継いでいて、彼が死んでしまうと後世に残らない危険があったからです。
そうこうしているうちに本戦の関が原も決着したため、西軍は田辺城を完全に落とすことなく退きました。

が、ここで黙っていては勝者・家康に厳罰を食らうのは目に見えています。
良くて改易、悪くて+切腹。
「生き残ったのにンな目に遭ってたまるか!」と考えた広秀は、手土産を用意しようと思い立ちます。
そこへ声をかけてきたのが、旧知の仲だった亀井茲矩(これのり)でした。
茲矩は東軍にいたので、「今からでも遅くないから、西軍の城を攻め取ろうぜ?オレが口利いてやるからさ!」というわけです。
この話に乗った広秀は、茲矩率いる鳥取城攻めの軍に加わりました。

 

終戦しているのに貴重な城下を燃やしすぎて

しかし、茲矩を信用しすぎたことが広秀一生の誤算。
鳥取城はかつて秀吉が数ヶ月に及ぶ兵糧攻めの末、城主の切腹と引き換えにようやく降伏させた城です。
一段も二段も劣る彼らが、正攻法で落とせる城ではありませんでした。
業を煮やした茲矩は、最後の手段に出ます。
広秀に「なかなか落ちないから、ちょっと火つけてきて」と命じ、城下をあらかた焼いてしまったのです。
火攻めは攻城戦の常套手段とはいえ、あまりにも派手に焼きすぎたこと、既に関が原で大勢が決していた=徳川家への媚が見え見えだったために、家康の怒りを爆発させてしまいました。
案の定「オレに媚を売りたいからって城丸焼きにするとか頭おかしくね?二人とも切腹な」というにべもない返事が茲矩と広秀の元に届きます。

そして広秀は自分の領地に戻ることも許されず、鳥取城から程近い真教寺というお寺で切腹させられてしまったのでした。
ちなみに命じた張本人の茲矩は「すみませんやりすぎましたでもアイツが勝手にやったんですワタクシが気づいたときにはもう丸焼けだったんです嘘じゃありません信じてください!!」とデコで穴を掘る勢いで謝り倒し、家康から見逃してもらっています。
トカゲの尻尾切りの見本みたいなヤツですね。

茲矩はもともと東軍だったから助かった、という説もありますが、それもちょっと考えにくい気がします。
デカい戦の後ですから、勝者である家康はこれから多くの大名に恩賞を与えなくてはいけません。
所領を没収できる対象が多ければ多いほどありがたいはずです。
改易するには絶好のミスをやらかしてくれた相手(しかも見え透いた嘘ついてる)を、「もともと味方だったから」なんて生温い優しさで見逃すでしょうか?
茲矩は行政面も優秀だったので、それを惜しんだといえばわからなくもないですが……どうにもスッキリしないいきさつです。

お城野郎撮影

photo by お城野郎

スポンサーリンク

竹田城に幽霊現れなくてよかったですね

そしてスケープゴートにされた広秀はというと、あっさり成仏できるはずもなく、その後鳥取城下では広秀の幽霊が化けて出るようになったとか……。

でも、そそのかされたとはいえ自分が焼き討ちした城で祟っても仕方がないというか、逆に住民の霊から追い払われそうような気がするのですが、そういうこと言っちゃダメですかね。
大谷吉継のように、直接恨みのある相手のとこまで飛んでいく気力がなかったんでしょうか。

うーん、どの角度から見ても後味の悪い話です。




スポンサーリンク


長月 七紀・記

 




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-その日、歴史が動いた, 諸家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.