歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

織田家 その日、歴史が動いた

織田家で森一族を率いた森可成 信長さんのお気に入りはどんな武将だった?

更新日:

 

どんな大名でも、多かれ少なかれお気に入りの家臣がいるものです。
秀吉であればいわゆる”子飼い”たちですし、アッー!のもつれで裏切った(とも言われる)陶晴賢だって元は主君である大内義隆の寵臣でした。

織田信長の場合はやはり森蘭丸が挙げられますけども、苛烈とされる人柄の割には他にもお気に入りが何人かいます。
今回はその一人……というにはちょっと年かさ?な人のお話です。

元亀元年(1570年)の9月20日、森可成(よしなり)が宇佐山城の戦いで討死しました。名字で何となく検討のついた方もいらっしゃるかと思いますが、蘭丸を始めとした森兄弟のお父さんです。

蘭丸があらゆる意味で信長に気に入られていたので、”森家=蘭丸のおかげで出世した”ようなイメージを持たれがちですが、実はトーチャンの代から信頼されていたのでした。

といっても織田家譜代の家臣というわけではなく、元は美濃の守護大名だった土岐家に仕えていた家系です。ここは一説には明智光秀と縁のある家ともいわれているので、後々のことを考えると因果を感じますね。

しかし、土岐家が斎藤道三(信長正室・濃姫のトーチャン)によって滅ぼされたため、可成と森家は織田家につきました。

 

信長は嬉々として迎えたでしょう

当時信長はまだ20歳くらい。弟・信行との確執もまだケリが着いていない頃でしたから、一人でも多く有能な家臣が欲しかったことは想像に難くありません。
そこに10歳ほど年上で経験豊富、さらに槍の名手として知られていた可成が来たのですから、信長は嬉々として迎えたことでしょう。

また、可成は頭もキレる人だったようで、情報戦などにも長けていました。そのせいか忍者説もあるくらいです。面白いor有能な人材を求めた信長が気に入るには充分ですね。

こういう謀略型って人付き合いが得意でないことが多いですが、可成は柴田勝家や前田利家とのエピソードがいくつかありますので、社交性もある程度備えていたようです。ホント器用やな。

 

スポンサーリンク

男児に恵まれていたので信忠の代も安泰

可成が男の子に恵まれていたのも気に入られた一因かもしれません。

長男・可隆(よしたか)は若くして討死。しかし、後に恐怖の代名詞扱いされる次男・長可(ながよし)、三男・蘭丸、四男・坊丸、五男・力丸、六男・忠政がいましたので、信長としては「これなら信忠の代も助かりそうだ」と思っていたのではないでしょうか。

ついでにいえばこの六人兄弟+娘三人とも正室との間の子供ですから、もし本能寺の変が起きずに森家の息子たちが生き延びていれば、相当な結束力が生まれていたと思われます。惜しいというかカーチャンすげえ。

さて、可成もまた信頼に応え、織田家中及び尾張統一に伴う戦いを通じてよく仕えました。織田家に入って10年ほどで城を任されていますし、その働きには信長も満足していたようです。
この間に信長のじいやこと平手政秀が自刃してしまっていますので、年上かつ有能である可成のような家臣の存在は頼もしかったことでしょう。

 

織田家包囲網の最中に宇佐山城が襲われ、討ち死に

しかし、浅井長政が織田家との戦を決意、侵攻してきたときに可成の居城・宇佐山城は最前線になってしまいます。当初は撃退したものの、石山本願寺を通じて延暦寺が浅井方につくと形勢逆転。奮戦空しく討死してしまったのでした。

昨年取り上げた通り、信長はおそらく延暦寺丸焼きはしていないと思われますが(詳細はコチラ)、寺社勢力に対してある意味大名よりも厳しい態度を取り続けたのは、可成のような有能な家臣の敵討ちという意味もあったのかもしれません。

このとき弟も亡くしていますし、別の一向一揆でも何人か肉親が戦死していますからね。もちろん私怨ばかりではなく、公的な理由も大きかったでしょうけども。

そういう方面から見てみると、やっぱり信長って良くも悪くも情が濃い人だったんじゃないかなあという気がしてきます。

……あれ、いつの間にかNOBUさんの話に。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:今日は何の日?徒然日記 森可成逸話集

 



-織田家, その日、歴史が動いた
-, , ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.