日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた 藤原家

藤原頼通って、その後どうなったん? 父の道長がジャイアン過ぎて、頼通、意外とイイ人説

更新日:

 

藤原頼通の人生とは?

一度上りつめれば子々孫々まで安泰……とはいかないのが、権力者の世界です。
ちょっとしたミスやスキャンダルで真っ逆さまに転落していくこともありますし、知らないうちに自ら墓穴を掘ることだってありますよね。
今回は日本屈指の権力者……の息子が、そんな感じになっていった経緯のお話です。

長和六年(1017年)3月16日は、藤原道長の息子・藤原頼通が摂政になったとされる日です。

あの道長の息子、しかも正室生まれで摂政になったとくれば、さぞイイご身分だったろうと思いきや、そうともいい切れません。
なんでかというと、トーチャンの影響が良くも悪くもデカすぎたからです。

藤原頼通(平等院木造の模写)/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

妻LOVEを押し通して道長のゴリ押しを退ける

頼通は7歳のときに童殿上(元服前の公家の子弟が宮中へ上がって行儀見習をすること)し、12歳で元服、15歳で従三位、21歳で権大納言を授かるという、当時の貴族のエリートコースを最初から突っ走っていました。
さらに、ときの天子である一条天皇のいとこ・隆姫女王(たかひめじょおう)を正室にもらっています。皇族から嫁を迎えることになりますから、これには道長も大喜び。

政略結婚の面が強い縁組でしたが、頼通と隆姫女王は仲睦まじかったそうです。
子供には恵まれませんでしたが、頼通は三条天皇の時代になってから、三条天皇自身に「キミまだ子供いないんだって? 私の姫を降嫁させたいんだけどどうよ」(意訳)と話を持ちかけられても、「妻が悲しみますので」と断ったほど。隆姫女王を愛していたんですね。

皇族で「女王」といった場合、おおむね”天皇にならなかった親王の娘”です。そのため、三条天皇の娘=内親王が降嫁した場合、正室であるにもかかわらず、隆姫女王のほうが格下になってしまいます。
女性にとって実家の格が最高の後ろ盾だったこの時代、もしも三条天皇の申し出を受ければ、隆姫女王は子供に恵まれない上に格下に追いやられ、非常に辛い立場になる……ということを、頼通は避けたのでした。
道長は「皇族から二人も嫁が来るなんてラッキー!! 男は何人でも妻を持っていいんだから、お前もいろんな女性と関係を持て!」(超訳)と言っていたそうですが、頼通はうなずきませんでした。

そのうち頼通が病気となり、お祈りの結果、隆姫女王の父である具平親王の怨霊が現れたため、道長もゴリ押しは諦めました。
当時は病気=怨霊の祟りor神仏の罰、という価値観ですから、これにはさすがの道長もゴネきれなかったようです。

 

スポンサーリンク

頼通、24歳で藤原長者に君臨する

幸い、内親王降嫁の話が取りやめになると、頼通の病は快癒しました。
現実的に考えると、板挟みで神経性の病気になっていた可能性がありますよね。そういうときに悪夢を見て、舅である具平親王のことを寝言に出していたとか、多分そんな感じでしょう。

三条天皇からすると、この件は道長懐柔策の一つだったので、悔しかったでしょうね。
当時の皇太子は道長の孫(彰子の子供)でしたので、道長は外祖父として権力を握るため、しきりに三条天皇に退位を迫っていました。三条天皇にとっては鬱陶しいことこの上ありません。
そこで頼通に内親王を降嫁させることによって、道長をなだめて皇位を保とうとしたのです。

とはいえ、三条天皇も自分の子供たちには深い愛情を注ぎ、子供たちも三条天皇を思いやっていたエピソードが多々ありますので、頼通の妻を想う気持ちも理解していた……と思いたいですね。
とりあえず道長はもうちょっと引っ込んでろと。

しかし、現実の道長はそんな謙虚な人ではありません。
相変わらず三条天皇に譲位を迫り続けました。三条天皇が眼病を患ってからはさらにせっつきまくり、ついに三条天皇も譲位せざるを得なくなります。

道長の孫である後一条天皇が即位すると、頼通は内大臣に進み、摂政の宣下を受け、ついでに藤氏長者(藤原氏全体のトップの座)も道長から譲り受けました。
ときに、頼通24歳。この若さで妻を守るために父に逆らったとは、当時の情勢からするとなかなかの度胸ですね。

そう考えると道長との関係が悪化してもおかしくありませんが、基本的にはそうでもなかったようです。

道長は一度太政大臣になりましたが、すぐに辞職して頼通の後見に専念しています。頼通も父に表立って逆らうことはせず、大事なことは相談するようにしていました。
ただ、関白になった後の頼通を道長が罵倒したり、一時(ただし二回)勘当したこともあったそうですから、仲が良いとも言い切れなかったようです。まあ、普通の親子関係とみていいのではないでしょうか。

 

宇治殿を平等院鳳凰堂に改修

道長が亡くなった後の頼通は、藤原氏の立場を保つべく動いていましたが、子女に恵まれないのは手痛いことでした(と言っても側室との間に子供はいましたが)。この間、後一条天皇が崩御し、弟の後朱雀天皇が即位しています。となると、道長と同じように、娘なり養女なりを中宮にするのが望ましいところです。
頼通は隆姫女王の妹・祇子女王の娘を養女として入内させましたが、これだけでは道長ほど後宮に食い込むことはできません。

9年ほどして後朱雀天皇は病に倒れ、次の皇太子には後朱雀天皇自らの第二皇子・尊仁親王を立てるよういいつけました。尊仁親王は藤原氏を外戚に持たない(血筋的にはつながっていても近くはない)ため、頼通は反対しましたが、やはり天皇の意志のほうが優先されました。
その腹いせかのように、立太子後も頼通は尊仁親王には近づいていません。

頼通は父と同じように、次代の外戚となるべく、後朱雀天皇の次に即位した後冷泉天皇に一人娘・寛子を入内させて皇后にしましたが、皇子は生まれず……。
この頃奥州では前九年の役が起こるなど、不穏な空気にもなりました。

ただし、上方の情勢はさほど変わりません。
頼通は道長の別荘・宇治殿を平等院鳳凰堂に改修したり、高陽院(かやのいん)※1という巨大な邸宅を作ったり、権威を見せつけました。高陽院は現在残っていませんが、近年の発掘で「庭園にあった池”だけ”でも南北140mあった」ことがわかっています。多分、陸上の400mトラックと同じくらいの大きさはあったでしょうね。

※1 残念ながら現在は跡地のみで現存しておりません

 

70歳で太政大臣となり、80歳で出家 そして83歳で……

頼通は子女には恵まれない代わりに、自身は長命でした。70歳のとき太政大臣となり、翌年には自ら職を辞し、弟・教通の後ろ盾となっています。

しかし、後冷泉天皇が病に倒れると、そうも行かなくなりました。長年頼通とは不仲だった尊仁親王の即位が確定したも同然だからです。
そして後冷泉天皇が崩御し、尊仁親王が即位して後三条天皇となります。後三条天皇は財政改革のため、自ら積極的に荘園の整理を行いました。

それまで頼通は藤原氏の権力を保つため、藤原氏関連の人が持つ荘園をひいきしていました。後三条天皇はそういった「聖域」を許さず、頼通にも書類の提出を求めています。
とはいえ、さすがに平等院を中心とした部分には手を付けられませんでしたが、ここは痛み分けというところでしょうか。

頼通が80歳で出家し、後三条天皇も即位から4年で譲位、その半年後に亡くなったため、両者の対立が深刻化することはありませんでした。

頼通が亡くなったのは、83歳のときです。
同じ年の秋には姉・彰子が、さらに翌年には弟・教通が亡くなり、道長の子供たちの中で権勢を誇った人物がほとんど同じ時期に世を去ったことになります。

後三条天皇の次に即位した白河天皇が、自らの譲位後に院政をはじめることができたのは、藤原氏の権勢が落ちていったから……と見ることもできますね。

長月 七紀・記

【関連記事】
藤原道長が頂点に達して一族は没落へ されど血脈は全国へ散らばった!?
意外と知らない平等院鳳凰堂の歴史 10円玉でお馴染みだけど…
藤原彰子……日本で最も権力を有した男(藤原道長)の娘は真に幸せだったか?
三条天皇が40歳にして譲位 藤原道長に追いやられた無念は後三条天皇が晴らす!?
後三条天皇が藤原道長一派(摂関家)の政権卍固めを取り崩す! そしてバトンは白河天皇へ
藤原伊周(これちか)と長徳の変 女性関係がキッカケで法皇に矢を放ち、藤原道長に負ける

スポンサーリンク

参考:藤原頼通/wikipedia

 





1位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


2位 わろてんか主人公
吉本せい波乱の一生


3位 西郷隆盛49年の生涯!


4位 史実の真田幸村とは?


5位 最上義光 名将の証明


6位 ホントは熱い!徳川家康


7位 意外と優しい!? 織田信長さん


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?


注目 わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか毎日のあらすじ感想レビューは……

-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた, 藤原家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.