歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

飛鳥・奈良・平安時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

国風文化の特徴マトメ~なぜ平安時代に【ひらがな&カタカナ】は生まれたか?

投稿日:

国風文化とは、遣唐使が停止された10世紀以降に発達した、日本独自の文化をさします。

漢字からひらがな・カタカナが生まれて発達し、現代に至るまで併用されているように、
「中国の文化を魔改造+日本オリジナルの要素」
と考えるのが妥当でしょうか。

漢文や漢詩はこの時代以降も重んじられていますし、中国文化からの脱却や切り替えというわけではないんですね。

 

文字・文学

平安時代は、日本語に大きく影響を与えた期間でもあります。

なぜなら、漢字から「ひらがな&カタカナ」が生まれたから。
順番としては、まずカタカナが漢字の一部から作られました。

「伊」の人偏から「イ」、「宇」のウ冠から「ウ」という感じです。

これが漢文を読むときにルビのように使われるようになり、
「これ便利じゃん!」
「漢字よりこっち使えば、もっと楽に文章を残せるじゃないか!」
という点が高く評価され、カタカナが多くの場面で用いられることになりました。

また、漢字の草書体(一定の法則に従って、漢字を省略する書き方)をさらに崩してできたのが「ひらがな」です。
ひらがなに曲線が多いのは、元になった草書体が比較的丸みを帯びているからなのかもしれません。

そして「漢文は男性が身につけるべき教養」であることから、男性は漢字とカタカナ、女性はそれらを学ぶことが避けられたため「ひらがな」で文章を記すようになりました。

清少納言紫式部のように、知力と環境に恵まれた女性は漢字・漢文の知識を持っていましたが、それはごくごく例外です。
もしかしたら、世間体を考えて隠していただけで、他にも漢文に通じた女性がいたのかもしれませんね。

その辺の建前にあまりこだわらなかったのが、平安一の権力者・藤原道長です。

道長は自らの娘である彰子と、その夫である一条天皇の仲を親密にするため、彰子を魅力ある女性に教育しようと考えました。
そのために、歌や物語の才で知られていた女性をあっちこっちからかき集めます。

・実家にいた紫式部
・親王兄弟との恋愛沙汰などにより宮中を去っていた和泉式部
・元は道長の正室・源倫子に仕えていた赤染衛門
などです。

漢文を学ぶ女性が多数派になるようなことはなかったと思われますが、和歌の技術を磨くために歌集を読んだり、歌作でも字を書きつけるといった習慣は定着しました。
もしもひらがながなかったら、女流歌人や作家の発達もなかった……かもしれません。

 

スポンサーリンク

絵画・書道・工芸

絵画では、終末思想からくる来迎図(阿弥陀如来が死にゆく人間を迎えに来る様子を描いたもの)や、物語絵が多く作られました。

源氏物語』で、光源氏の養女・梅壺の女御(=秋好中宮)と、頭の中将の娘・新弘徽殿の女御のどちらが冷泉帝の寵愛を受けられるか……という勝負で、物語絵を含めた絵画の勝負(絵合わせ)をするシーンがあります。

それだけ日常的に作られたり、鑑賞されたり、贈答されたりしていたのでしょう。
残念ながら、平安時代の作品は(だいたい応仁の乱のせいで)ほぼ現存していないと考えられています。
万が一、発見されたら、どえらい価格がつくでしょうね。

書道の分野では、小野道風・藤原佐理・藤原行成が【三跡】と呼ばれ、別格扱いになりました。
三”蹟”とも書きますが、日常的に使う漢字からすると、前者のほうが覚えやすく書きやすいでしょう。

同じく書道の名人を列記した【三筆】(空海・嵯峨天皇・橘逸勢)と見分けるコツは(作風以外だと)時代です。
三筆のほうが前の世代で、全員9世紀の人物。そして三跡は10世紀の人物です。

弘法大師空海/wikipediaより引用

六人まとめて、一行プロフィールをつけてみましょう。

【三筆】
・空海 真言宗の開祖
・嵯峨天皇 薬子の変で勝った天皇
・橘逸勢 承和の変とばっちりで流罪・客死した人

【三跡】
・小野道風 源氏物語でも褒められている作風
・藤原佐理 ひらがなの元になったとされる草書体の第一人者
・藤原行成 道風に憧れて書の道に入った人

スペースの都合で割愛しますが、どの人にも濃ゆいエピソードがあるので、気になった方はググる先生にお尋ねくださいね。

最後に、平安時代だけでなく長きに渡って日本文化の代表例となった工芸品のお話を二つほど致しましょう。

 

「蒔絵(まきえ)」

漆器の表面にもう一度漆で絵や模様を描き、乾かないうちに金や銀の粉を蒔くというものです。
こうすると、濡れていた漆のところにだけ金・銀の絵が残るわけです。

手箱などの日用品や絵画などによく使われていて、現存しているものも多々あります。

平安時代ではなく江戸時代のものですが、徳川家光の長女・千代姫が尾張徳川家に輿入れした際の嫁入り道具一式である「初音の調度」などが蒔絵を用いた道具として有名ですね。

 

スポンサーリンク

「日本刀」

奈良時代までの「刀」は反りがない直刀が主流です。

今日我々がイメージするような反りのついた刀が生まれ、定着したのは平安時代。
天下五剣と呼ばれるうちの二振り「童子切安綱」「三日月宗近」などがこの時代に作られ、なおかつ現存しています。

現在は両方とも東京国立博物館(トーハク)に収蔵されていて、何年かに一度展示されることがあります。

 

また、この時代のことなので「この刀でスゴイ妖怪を退治しました!」という話が多いのも特徴です。刀剣類が好きな方は、その辺まで調べてみるのも一興ですよ。
個人的に上記の本をオススメします。

怪談と名刀』(双葉文庫)
※昭和初期に出た本なので、少々文章が古めかしいのが難点で……売れたら現代向けに再編集版が出たりしませんかね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】国史大辞典 『怪談と名刀』

 

-飛鳥・奈良・平安時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.