織田信雄/wikipediaより引用

織田家 その日、歴史が動いた

「信長の血」を現代に残した織田信雄!典型的ダメ武将は本当にダメ武将か?

投稿日:

歴史上の人物が評価されるとき。
ほとんどの場合は「華々しい功績を挙げられたかどうか?」が焦点になりますよね。

いわゆる三英傑
織田信長
豊臣秀吉
徳川家康
などはその典型でしょう。

しかし、視点を変え「きちんと遺伝子を残せたかどうか?」となると、三人の中では家康ぐらいでは?と思いがちですが、実はそんなこたぁありません。

寛永七年(1630年)4月30日に亡くなった織田信雄がその一人です。

名前からわかりますように織田信長の息子です。

 

幼名は茶筅丸 だった髪の毛結ったら茶筅みたい

「信勝」の読み方が「のぶお」なのか「のぶかつ」なのか。
信長の次男なのか三男なのか。

割と大事なことすらハッキリしていません。逆に幼名がはっきり伝わっているのが不気味なほどです。

以前、松平忠輝の記事で「家康はやたらと子供の顔にこだわる」という話をしましたが、逆に信長は子供の名前に妙なセンスを発揮する人でした。

織田信忠は「顔が奇妙だから」奇妙丸。
信孝は「三月七日生まれだから」三七丸、

そして信雄は茶筅丸。

「髪の毛結ったら茶筅(ちゃせん・お茶点てるアレ)みたいになりそうだから」という身も蓋もない命名をされています。
誰も止めなかった……んではなく、止められなかったんですかねHAHAHAHAHA!

他にも「母親が”鍋”だから」というわけのわからん理由で「酌」と名付けられた人もいます。

ホントどっから出てくるんだこんな名前。キラキラネームとか目じゃありません。

一方、女の子には比較的普通の名付けをしているので、余計に信長のセンスがわかりません。

「男は元服すりゃ名前変えるんだから、幼名なんざテキトーでいいんだよテキトーで」だったのか。
「バッカお前、女の子は嫁ぐんだからまともな名前にしなきゃマズイだろ!」だったのか。

天才のアタマの中は、凡人には測れないですね。

 

スポンサーリンク

名門北畠の養子になったはいいが

さて、戦国時代もしくは織田家がお好きな方には「ああ、あのアホね」の一言で片付けられてしまう信雄。
最初のうちは比較的まともでした。当社比ならぬ信雄比では、ですが。

彼は信長の戦略の一環【伊勢方面攻略】の手段として、同地の大名である北畠家の婿養子に入り、実質的には乗っ取っとります。

その後、武田信玄に寝返ろうとしていた家臣を粛清。
そこまではよかったのですが、その後、信雄のバカ殿伝説が始まってしまいます。

まず最初に、無断で伊賀(現・三重県西部)に攻め入り、ものの見事に返り討ち。
信長に「何やってんだド阿呆! 親子の縁切るぞゴルァ!!」(※実話)とこってり絞られています。

基本的に身内に甘い信長がいきなり縁切りを言い出しているのですから、その怒りの程が窺えます。

このとき、信雄が養子入りするときにつけてあげた柘植保重(つげやすしげ)という重臣が討死しており、そりゃあ信長もキレるわという話です。

 

本能寺の後は行動がすべて意味不明

その後の信雄の行動は、生涯を通して「??????」といいたくなるようなものばかりです。

例えば、本能寺の変の際は甲賀(現・滋賀県)まで軍を率いてきたにもかかわらず、何故か引き返しています。
場合によっては、明智光秀に襲いかかることも出来たかもしれませんよね。

それどころか逆に、安土城に放火したという【噂】もあるくらいです。

また、豊臣秀吉vs柴田勝家織田信孝(異母兄弟)の戦である【賤ヶ岳の戦い】では秀吉方につきながら、結局は秀吉とうまくいかず、翌年の小牧・長久手の戦いでは家康側と手を組みます。
そこまでは良しとして、戦が長引くと家康に無断で秀吉と単独講和を結んでしまうというアホっぷりです。

家康としては「信雄サマのお味方を致します」という大義名分で秀吉に敵対した戦いだったので、大将である信雄が降伏してしまうと戦う意味がなくなってしまうのです。

言わば秀吉と家康の天下分け目の戦いだったので、徳川にとってはシャレにならない展開でした。

 

スポンサーリンク

関ヶ原では渋い役割演じたつもりで誰にもきづかれず

関が原の際は大坂城内で「様子を窺う」という高等スキルを披露しました。

が、あまりに高度な技術だったため誰も理解することができず、「お前、西軍側の城にいたんだから改易な」ということであっさり領地を取り上げられてしまいます。

しかし、懲りずに豊臣家へ再出仕。
大坂冬の陣直前に徳川家につくという、これまたウルトラCを見せ付けてくれます。

最初から間者のつもりで入り込んだとも言われていますが、上記の経緯を見るとガチで「もう豊臣オワタだから逃ーげよっと」なんて考えていそうな気がしてきます。

ちなみに、大坂夏の陣の後はちゃっかり大名に復帰しています。
そこからが一番大名らしいともいえる期間で、産業を奨励したり庭園を造らせたり、生前に財産分与をきちんとやってから隠居生活を楽しんでいたようです。

こんな感じで行動に一貫性がないと言いましょうか。
周りの迷惑や自分の立場を全く考えてなさそうな言動ばかりだったので、当時から「またあのアホがやりやがったな」的な扱いをされていました。

アホのふりしてお家を守った大名も多々いますが、信雄の場合本気でやってたとしか思えないのがまた何とも。

 

長い眼でみるとすごい男よ

さらにわけのわからんことに、途中転封や家格が下がったにもかかわらず、彼の子孫はしっかり明治時代まで存続しています。

系統によって大名家だったり、旗本(直接将軍に会える最低の身分)だったりしますが、血筋そのものが残っているということ自体がスゴイ話ですよね。

というわけで、一応、信雄も広い意味での「勝ち組」と捉えることができるのですが……何でしょうねこの違和感。
一番普通の人に近いといえば近いのですけれども、あの信長の息子だからこそそのギャップにガッカリしてしまうのかもしれませんね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典
織田信雄/wikipedia

 



-織田家, その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.