絵・小久ヒロ

麒麟がくる特集 豊臣家 その日、歴史が動いた

女のお陰で出世したから「蛍大名」京極高次の生きる道

更新日:

慶長十四年(1609年)5月3日、”蛍大名”といわれた京極高次(たかつぐ)が亡くなりました。

『ホタルだなんて、雅なあだ名やわ~』
なんて一瞬思われるかもしれませんが、実はまったく違う理由でこのようにいわれています。

彼は女性の縁者に助けられることが多かったため、
【女の尻のおかげ(七光り)で出世したヤツ】
という実に不名誉かつ品のない言い方をされてしまったのです。

いつの時代も悪趣味なあだ名をつける人はいるんですね。

実際は高次自身もいろいろ頑張っていますので、汚名をすすぎたい人物の一人です。

 

細川家に並ぶ名門

もともと高継の生まれた京極家は、室町時代の”三管四職”と呼ばれる家の一つでした。

簡単に言うと室町幕府のエリート一家で、「管」は幕府No.2の管領、「職」は軍事・警察機能のトップを示します。
本来であれば高次も、幕府の要職につく家の出というワケです。

が、応仁の乱以降は他の名門と同じくすっかり落ちぶれておりました。

元は自領のパシリ的な位置だった浅井家(信長の義弟・長政の家)に立場をひっくり返されているくらいですので、その凋落振りが窺えるでしょう。
まぁ。高次が生まれる前の話ですので、彼のせいではないんですが。

小さい頃には織田信長のところへ人質に出されています。

真面目に仕えていたようで、10歳の頃には5,000石もの領地をもらっていましたから、さほど待遇は悪くなかったのではないでしょう。

信長の嫡男・織田信忠とも歳が近く、そのまま順調に行けば織田家の重臣になれたと思われますが、残念なことに本能寺の変でその道は絶たれてしまいます

このとき高次は妹の嫁ぎ先が明智光秀についたため、その縁で自分も光秀に協力しました。
細川家とは真逆の道を選んだわけですね。

そして結果は皆さんご存知の通り……。
明智光秀は、山崎の戦い豊臣秀吉に滅ぼされてしまい、高次は身分を隠して一時野に下りました。妹の旦那も自害に追い込まれています。

 

名門お姫様大好き♪の秀吉が妹を気に入る

次に高次が姿を現すのは、本能寺の変から二年後のこと。

名門好きの秀吉が高次の妹を気に入り、側室にしたことで彼の運が開けました。
妹が「うちのお兄ちゃんはアナタに逆らいましたが、あのときは仕方がなかったのです」と秀吉に口添えしてくれたのです。

秀吉は秀吉で、まだ天下統一の前で人手が欲しい時期でしたから、名門かつそこそこ実績のある高次をあっさり許しました。
高次もこれに応え、九州征伐で功を挙げてめでたく大名になります。

そして、浅からぬ縁のある浅井家の娘・お初と結婚します。
信長の妹・お市の方と、浅井長政の間に生まれた浅井三姉妹、その次女ですね。

絵・富永商太

特に夫婦仲のエピソードはないようですが、子供がいない割には不仲という逸話もないですし、従兄妹同士で歳も近く、また同郷の出ですからそこそこ話は合ったんじゃないですかね。

しかし、この結婚のせいで高次は”蛍大名”といわれるようになってしまいます。

お初の姉は淀殿(茶々)。
そして特に秀頼が生まれてからの秀吉が、彼女に激甘だったことは想像に難くありません。

この二点から
「高次は奥さんと義理のお姉さんを通して、秀吉に媚を売ったに違いない」
→「女の尻のおかげで出世とはいいご身分よなwww」

というわけです。品がないなあ。

高次には関係ないんですけども、秀吉存命中の蛍に関する話がもう一つあります。
ついでですからご紹介しましょう。

ボケの始まった秀吉が【奥山に 紅葉踏み分け 鳴く蛍】という季節感も生態も無視した歌を詠んだため、勇気ある人がツッコんだところ、秀吉の八つ当たりを危惧した細川幽斎細川藤孝)がフォローして事なきをえた――というものです。
結局、細川幽斎のチートっぷりが際立った、という話なのですが。

 

家康と三成から協力を要請されて

陰口や不名誉なことを囁かれながらも、高次は真面目に働き続けました。

関が原の戦いの時には、徳川家康石田三成両方から声をかけられていますので、少なくともただの蛍でないということは間違いないでしょう。
どっちつかずだったと見ることもできますが、彼はその立場を存分に生かして動きました。

まず最初に、家康から「ちょっと上杉んとこ行ってくるから、大津城(現・滋賀県大津市)の守りをお願いしますね」(超訳)と声をかけられました。

ボケッとしているわけにもいきませんし、京極家として家康とのコネは保っておかないとマズそうだと判断します。
そこで弟と家臣を家康に同行させ、体面を保ちました。

が、ここで馴染みの武将を通じて三成から「徳川を始末するんでこっちについてくださいよ!アナタ太閤殿下に恩がありまくるでしょ!」(超訳)という要請が来ます。

もし三成につかないとなると、高次は大津城で西軍全てを相手に一人で頑張らなくてはいけません。
この城は大阪から京都を通って関東方面に向かう途中に位置しており、さほど規模が大きくはなく、また兵数も多くはありません。

仮に籠城しても強く粘れる拠点ではない。

と、そこで高次は「まともに戦っても勝てなさそうだけど、三成が負けそうだし完全に味方するのもアレだな。よし息子を人質出して時間稼ごう」(超訳)という結論を出しました。

現代の感覚だと、人質=いかにも外道なことのように思えますが、当時はごくごく普通の外交手段の一つでした。
高次が特別冷たかったというわけではありません。

かくして「わかったよ三成さんにつきますよ」という態度をとりつつ、高次は篭城の備えをしながらこっそり上方の動向を家康に報告していました。

もし高次が本当に”蛍”だったら、この辺の腹芸はできなかったでしょう。

 

最初は西軍についたふりして琵琶湖畔で籠城

いよいよ西軍が出発!
高次は途中までは同行したものの、一人大急ぎで大津城へ帰ります。

そして帰城翌日には兵と兵糧を集め、井伊直政へ一報入れます。

「私は大津城で西軍を引き受けますので、家康殿によろしくお伝えください」

西軍の先発部隊と後続部隊をぶった切った形になるわけですね。
これも戦国武将としての観点がなければできないことです。高次△。

当然、西軍にバレて、兵がバーゲン会場のごとく押し寄せました。
しかも、率いているのは総大将・毛利輝元の叔父元康や、「剛勇鎮西一」と称された立花宗茂です。

高次も頑張りました。
が、兵数だけでも5倍はある上、西軍が大砲まで使ったのであえなく降伏することになります。

その降伏した日というのが旧暦の9月15日。
関が原の決戦当日です。

戦には負けたものの、高次が狙っていた「西軍の戦力削減」という目的は立派に達成できたことになります。

特に立花宗茂を足止めしたことは家康に大きく評価されました。

高次は敗戦の責任を取って一度高野山で出家しているのですが、大名への復帰を許した上、大幅な加増もされています。
同行させた弟も本戦で武功を挙げていたので、京極家全体の扱いも良くなりました。

 

大事な後半生は自分の力で生き延びている

その後は移封先の小浜で城を築き市街整備をするなど、良い殿様をやっていたようです。
ちょっと前に「オバマ大統領を勝手に応援する会」で話題になった福井県小浜市ですね。

ただ、残念ながら、城の完成前に高次が亡くなり、京極家自体も移封されてしまったので、高次がどんな街にしたかったのかはよくわからなくなってしまっています。

こうしてみると、躍進のキッカケは、確かに女性のおかげと言えなくもないですが、大事な後半生は自分の力で生き延びたことがわかります。
京極家自体も明治時代まで存続していますしね。

名門ゆえか、どちらかというと武功や謀略で生き延びたというよりも、公家のような粘り強さを持っていた感じがします。

むしろ、くだらないレッテルを貼られてもムキになって言い返したりせず、黙ってやるべきことをきちんとやっていたと捉えれば、現代人が手本にできるところも多い人といえそうです。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
京極高次/wikipedia

 



-麒麟がくる特集, 豊臣家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.