忠臣蔵/wikipediaより引用

江戸時代 その日、歴史が動いた

赤穂義士と忠臣蔵の真実~松之廊下で斬りつけ討入に至るまでの史実マトメ

投稿日:

日本の物語で超ロングランといえば忠臣蔵

史実の赤穂浪士事件を題材にしたお話で、かつてはドラマでも演劇でも、「ネタに困ったら忠臣蔵やっとけ!」という時代もあったと言います。
討ち入りが12月だったので年末ドラマのお約束というイメージですよね。

しかし、代表的な人形浄瑠璃作品「仮名手本忠臣蔵」が初上演されたのは、寛延元年(1748年)8月14日のことでした。

 

幕府に睨まれないように脚色入れた忠臣蔵

数ある赤穂義士事件系の中でも集大成といえるのが『仮名手本忠臣蔵』でしょう。
当初は人形浄瑠璃の作品だったのが好評のため、その年のうちに歌舞伎でも演じられるようになりました。

というか、いまや赤穂義士事件そのものよりも「忠臣蔵」ほうが有名ですよね。
フィクションと史実がこんがらがっちゃってる方もおられるでしょう。

江戸時代では、体制批判(幕府批判)につながるノンフィクションベースの作品は御法度でしたので、実際に上演されるときは【実名虚名いりまぜ】になっています。

代表的なところを挙げておきますと……。

吉良上野介きらこうずけのすけ高師直こうのもろなお(室町幕府創設の立役者で足利尊氏の側近・吉良が高家筆頭だから)

浅野内匠頭あさのたくみのかみ→塩谷判官(赤穂の塩から)

大石内蔵助おおいしくらのすけ→大星由良之助(音の響きから)

さらに、吉良(高)が浅野(塩谷)の妻に横恋慕したりと、ドロドロのサイドストーリーを織り交ぜたことが、ウケにウケたのです。

忠臣蔵(1958年)/wikipediaより引用

 

禁断の場所で不意打ち→失敗

さて、「松の廊下刃傷」と「討ち入り」が有名な忠臣蔵ですが、史実の「赤穂義士事件」を見てみましょう。

事件は忠臣蔵初演の半世紀前、元禄14年(1701)3月14日のこと。
朝廷からの使節(勅使)の接待役を任じられた浅野内匠頭長矩あさのたくみのかみながのりが、突然、高家(儀式などを担当する格の高い大名)筆頭の吉良上野介義央よしひさを斬りつけました。

しかも、その場所が江戸城・松之廊下という、一番刃傷ごとをやってはいけないところ。

しかもしかも、ヒーロー役なのであまり指摘されませんが、武士としては格好悪いことに不意打ちなのに殺害に「失敗」しているのです。

にもかかわらず内匠頭は切腹、赤穂藩浅野家は城地没収と絶家の判決を受け、残された四十七人(一人は途中で離脱)の部下たちが吉良を殺すことで、主君の仇討ちを完遂するわけです。

 

将軍は犬公方でお馴染みの綱吉だった

そもそもなぜ浅野内匠頭はそんなことをしたのでしょうか?

当時の将軍は徳川綱吉
「生類憐みの令」で悪名高い人ですが、最近は暴力を排除し、文治政治を推し進めた方として再評価されておりますね。

儒学を重んじ、威厳の衰えつつあった朝廷に対してもきちんと礼を尽くし、年明けのお祝いやその返礼の勅使を丁寧にもてなしたりして、慣例を大切にする面もあったのです。

徳川綱吉って実は名君!暴力を排除し江戸に倫理を広めた犬公方

実 ...

続きを見る

さらに言えば、生類憐れみの令が、生けるものに対する命の尊さを説いた――という見方もあるほどです。

生類憐れみの令は日本人に必要だった?倫理観を矯正した“悪法”に正しい評価を

徳 ...

続きを見る

ともかく綱吉は、武士だからといって無闇矢鱈と刀を振り回すような暴力沙汰には厳しい目を持っておりました。

お膝元で暴力なんてもってのほか。
しかも朝廷からの返礼の使者をもてなす役目ですから、より一層、格式ある振る舞いが求められる。

そんなときに担当になったのが赤穂藩主の浅野内匠頭(3万5,000石、一説に5万石超)と伊予吉田藩主(3万石)の伊達宗春でした。
二人は、指南役の吉良上野介義央の指示に従い、準備をしていきます。

しかしこの接待役、非常にお金がかかる仕事でした。
「朝廷に失礼のないように!」ということで宴会や高価なお土産を用意しなくてはなりません。

わかりやすく言えば、外様大名(関が原の戦いの後に徳川に従った大名)の力を削ぐ目的もあったのですね。
こっそりお金や武器を蓄えられて、反乱を起こされてはたまりませんからね。

しかも、指南役である吉良上野介にも授業料として高価な贈り物をしなくてはなりませんでした。

この二重の散財で、特に、小さな藩は非常に苦しめられます。
浅野内匠頭は以前にも饗応役を務めたことがあるのですが、その間に物価が大幅に上がったこともあって、かなりの負担と感じていたようです。

浅野内匠頭が吉良上野介に斬りかかった理由は ズバリ金銭問題でしょう

寛 ...

続きを見る

 

本当の原因は浅野vs伊達の因縁?

最近では、
【浅野 vs 吉良】
の問題というより
【浅野 vs 伊達】
なんじゃないの?という説も出ています。

というのも、接待役となった二人は、分家なのですが……。

親藩は、それぞれ42万石の広島藩と62万石の仙台藩です。
この藩の始祖である伊達政宗浅野長政に因縁があり、両家は断交状態にありました。

親のいうことは子や孫までも。
浅野内匠頭と伊達宗春は、非常に気まずかったはずです。

本来は、伊達側にキレたいところでしょうが、それをやると浅野本家に大迷惑がかかります。
そこで、キレる相手を、吉良上野介にしたとしたら……ちょっとかわいそう、吉良さん。

ともかく、あと一日でもてなしも終わるという正念場の日に事件は起こってしまいました。

吉良上野介が梶川頼照(かじかわよりてる)という江戸城の役人と立ち話をしていたときだったとされています。

この梶川さんが日記にその時の様子を詳しく書いているので、興味のある方は調べてみると面白いかもしれません。
本当はルールを破った浅野内匠頭が悪いんですけどね……。

さて、この後は皆さんもご存知の通り。
あれだけ気を使っていた朝廷へのもてなしを台無しにされて、綱吉は当然怒り心頭。
浅野内匠頭は、即日切腹を申し付けられました。

意外にも、浅野内匠頭は粛々として命令に従ったそうです。

「恨みがあるのは上野介であって、お上に逆らう意志はない」と言っていたそうなので、もしかするとはじめから覚悟していたのかもしれません。

そして約一年後、四十七士の討ち入りが起こります。

忠臣蔵/Wikipediaより引用

 

討ち入り即ドラマ化決定!

当時としてもこの事件はビッグニュースでした。

世は元和偃武以来の平和の時代。
つまり「チャンバラやめて穏やかに行こうぜ!」という雰囲気が定着してきていたからです。

その中で乱暴なやり方とはいえ、忠義を尽くして討ち入りを果たした赤穂義士達は、一躍時の人になります。

こうして忠臣蔵は庶民に深く愛されていく物語になったのですが、実は討ち入りの前に既に舞台化されたことがありました。
もちろん、討ち入りの部分は含まれていません。

『東山栄華舞台』という演目で、名前や場所は違うものの、明らかに浅野内匠頭が吉良上野介に切りかかるシーンを意識した場面があったそうです。

しかも上演したのが江戸の山村座だというのがまた何というか、度胸のある話です。
お上に見つかったらお咎めをくらいそうなものですが、平気だったんでしょうか。

討ち入りのあった後は、年が明けてすぐ討ち入りシーンまで入った舞台が上演されていたそうです。

討ち入りは12月14日……ということは、年明けまで半月?
半月で脚本書いて、稽古して、上演したってことですよね??
さらに、上演場所は京都。

仕事が早いってレベルじゃねーぞ!

長月 七紀・記

伊達政宗は逸話も史実も全部オモロイ!70年の生涯まとめ【逸話の正誤表付】

戦 ...

続きを見る

【参考】
国史大辞典
『これが本当の「忠臣蔵」 赤穂浪士討ち入り事件の真相(小学館101新書)』(→amazon link
『赤穂義士 忠臣蔵の真相 (河出文庫)』(→amazon link
忠臣蔵/wikipedia

 



-江戸時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.