タイタニック救命艇で脱出する様子/wikipediaより引用

イギリス

カネで救命艇を貸し切った!と中傷された「タイタニック号」生き残り貴族の言い分

タイタニック号の描写で良く出てくるのが、金を渡して救命艇に乗ろうとする輩。

97年のディカプリオ映画でも、そんなくだりがあったかと記憶します。

実はこれ、モデルとなった貴族夫妻がいます。

気の毒な事に全くの事実誤認でして、事故後に生き残った夫人が、こうした誹謗に対して怒りをしたためた手紙がオークションにかけられたことがありました(リバプール・エコー紙)。

 

准男爵夫人「酷いったらありゃしないわ」

怒りの手紙を書いたのはルシール・ゴードン。

旦那さんのコズモ・ダフ・ゴードンは准男爵なので、貴族夫人となります。

タイタニック号で2度も偉い目にあったダフ・ゴードン准男爵夫人(サイトより)

タイタニック号で2度も偉い目にあったダフ・ゴードン准男爵夫人(リバプール・エコー紙より引用)

で、この旦那さんともどもタイタニック号に乗り込み、例の大事故に遭遇するのですが、乗り込んだ救命艇には収容の余地があったのに、乗組員に「転覆してしまったらどうする」と言いつけて、事故現場で溺れる人を見捨てさせたとされています。

このネタは何度となく使われ、1997年の映画「タイタニック」でも出てきますし、2012年に英国のITVで制作されたミニシリーズでも取りあげられています。

しかし、そんな事はなかった!というのです。

沈みゆくタイタニック号/wikipediaより引用

当事者にしたら怒り心頭。

1912年5月27日付けで3枚に渡る手紙を書き残しているのです。

よほど腹に据えかねたのでしょう。

こんな文章がしたためられておりました。

「私達が助かった事についてニューヨークから嬉しいとの電報を送って頂くなんて、貴方は何て親切な方なのかしら。帰路の際に英国に受けた待遇は、とてもじゃないけど、まともじゃなかったのよ!!!! 酷いったらありゃしないわ」

ビックリマーク、なんぼ付けてまんねん奥さん。

 

新聞には「マネーボート」と書かれ

事故原因の調査はアメリカで先に行われました。

その後、1912年の5月2日から7月12日にかけて、英国でも事故調査委員会が開かれ、ナイツブリッジの自宅にも調査員が訪れていました。

文面はこんな筆跡です。

無実を訴えるゴードン准男爵夫人の手紙

無実を訴えるゴードン准男爵夫人の手紙(リバプール・エコー紙より引用)

心無しか、筆跡が乱れている気が……。

「心底ウンザリなの」って感じですね。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-イギリス
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.