鉄仮面/wikipediaより引用

フランス

鉄仮面って一体誰なの? バスティーユ監獄に何十年も捕らえられていた囚人

投稿日:

かつて失脚したお偉いさんは、即座に死刑or流罪がテンプレでした。

日本だと崇徳天皇後鳥羽上皇といったトップの人でも流されていますし、海外でもナポレオンや、エリザベス1世のお母さんであるアン・ブーリンなど、枚挙に暇がありません。

では終身刑になった人はいなかったのか?

といえば、います。
ドデカい謎と共に何十年も生きた囚人が。

1703年(日本では江戸時代・元禄十六年)11月19日に亡くなった、”鉄仮面”と称される人物です。

「仮面の男」として小説や映画のモチーフになっていますので、何となく見覚えのある方もいらっしゃるでしょうか。

 

面会時だけマスクをつける、しかも布製って

彼がフランスのバスティーユ監獄に収監されたのは1669年。

それから約34年間、世話役に任じられたとある監獄のお偉いさんと共に何ヶ所かの牢を渡り歩き、ついに自由になることはありませんでした。

日本史でいえばだいたい四代目将軍・徳川家綱~五代目・徳川綱吉の時代にあたります。
将軍一世代分と見ると長いですね。

亡くなったのはフランス革命で有名なバスティーユ監獄でした。

彼についてはおそらく「鉄の仮面を一生つけ続けていた」と考えている方が多いと思うのでけども、実際に仮面をつけていたのは面会者が訪れてきたときだけ。

しかも【布製】だったそうです。なんじゃ、そりゃ。

鉄仮面/wikipediaより引用

上記のイメージイラストだと鉄っぽいんですけどね。

布の仮面だとちょっとイメージしにくい……まぁ、オペラ座の怪人的なものか、目の周りだけ覆うアレかどっちだったんでしょう。
さすがにミイラ男みたいなやつではないと思いたいです。

どこの監獄でも直接世話をする人が「彼の顔を知らない」と言っていたそうなので、面会者だけでなく監獄内の人間の前でもマスクをつけていた可能性は高そうです。

それでいて食事や衣服については囚人とは思えないほど良いものが与えられていたとか。

 

正体以外に「大きな疑問」が2つある

さて、ここまで一体いくつの謎が出てきたか?

彼の正体についてはもちろん、他に大きく二つの疑問が出てきます。

一つは、「彼に複数回面会をしにくる人物がいた」ということ。
顔を隠したまま生かしておくこと自体も謎ですが、それでいながら面会しにくる必要はいったいどこにあるのでしょう?

見世物になっていたわけでもなさそうですし、彼は相当厳しい緘口令を布かれていたらしく、自らの身の上などについて話すことは固く禁じられていたといいますから、面会する理由がそもそもないのです。

現代のようにパパラッチが何人もいたというなら話は別ですが、それなら書物か何かにそれらしき記述が残っていてもよさそうですよね。

 

なぜ34年間も生かしておいたのか

もう一つは、囚人でありながら、なぜ34年間も生かしておいたのかということです。

身も蓋もない言い方をしますが、当時のヨーロッパでは(も)ある程度身分がある&政治的または軍事的に邪魔になりそうな人物はとっとと【ピー】してしまうのが常識みたいなものでした。
生かしておくと、いつ立場をひっくり返されるかわからないからです。

「王様になったら、親兄弟をMINAGOROSHIにするのが当然!」

そんな時代もありました。

さすがに近代ではそこまで過激なことをする人はそうそういませんが、鉄仮面にわざわざお世話役がついていることからして、元はかなりの身分があった人であることは間違いないところ。

となると、余計に生かしておく理由がわからないのです。
囚人を養うのだってタダじゃありませんからね。

ついでにいうと、この時代のフランスはルイ14世があっちこっちで散財していたので財政が火の車になっていました。

上記の通り彼は固く口止めされていたのですが、亡くなったときには所持品や使っていた家具なども全て焼却処分され、暮らしていた独房でさえも壁を削った上で新しく塗料を塗り直すなど、徹底的に痕跡を消されています。

そこまでして彼の存在を消したいというなら、なぜこれほど長い間生かしておいたのでしょう?

 

説その一 イギリスからの亡命者?

これは近い時代の人々にとっても大きな謎で、彼の正体についてはさまざまな憶測を呼びました。

大きく分けるとだいたい二つのパターンがあります。

一つは、イギリスからの亡命者ではないか?というもの。
同時期のイギリスは名誉革命その他でお偉いさんたちがドタバタしており、当然ながら勝者もいれば敗れて国を追われる人もいました。

名誉革命で追い出されたほうの王様に肩入れした人々の誰かという説があります。

似たようなもので鉄仮面=クロムウェル説なんてのもありますが、彼は1658年にイギリスで亡くなり、デスマスクも作られていますので、これはお粗末なデマですね。

 

ルイ14世の双子の兄?

もう一方は当然というか何というか、フランス関係者だというものです。
フランスの話ですから当たり前ですね。

最も有力なのはルイ14世の双子の兄もしくは庶兄というもので、多くの文学作品で取り入れられています。
王様の兄弟だから無下に扱えないが、身分その他を公にされるとマズイというわけです。

ちなみにルイ14世本人説なんてのもあります。

一般に知られている「太陽王」のほうは替え玉だという話ですね。
日本でいえば「皇女和宮は輿入れの際に庶民の娘と入れ替えられた」説と似たようなもので、ちょっとダイナミックすぎましょう。

しかし、外国の王族または貴族であればかくまうことを口実に「ここに正当な後継者がいる!我々は彼を助けて戦うぞ!」と戦争を吹っかけていてもおかしくないですし、フランス王族であれば尚のことブッコロされていたほうが自然な気がするんですよねえ。

 

自殺を禁じられていたカトリック関係者?

ここからはまた完全に私見なのですけども、もしかしたらカトリック関係のお偉いさんじゃないかなあと思っております。

鉄仮面は敬虔なカトリック信者だったらしいですし、
【囚われの身で34年間も生きる道を選んだのは、キリスト教で自殺が禁じられているからだ】
と考えれば理屈として通ります。

また、ルイ14世は「カトリックの守護者」を目指してプロテスタントの迫害などいろいろやっていたため、カトリックの聖職者を殺せなかったのでは……とも考えられるんじゃないかと。

面会者についても、教会関係者であれば元々懺悔内容の秘匿などで口は堅いほうでしょうから、情報が漏れるおそれはないと見られて会うことができたかもしれません。

上記の通り彼に関する物的証拠は完全に消し去られてしまっているので、本当に正体を確かめるのならやはりタイムスリップするしかなさそうです。
それも彼が捕まったそのものズバリの瞬間に。

当分の間は切り裂きジャック(画像ググるな危険)と同じく、西洋史上のミステリーのままでしょうね。

長月 七紀・記

【参考】
鉄仮面/wikipedia

 



-フランス

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.