中南米

マヤ文明はなぜ滅びた? 最後は戦乱が起き200万人がドコかへ消えた

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
マヤ文明
をクリックお願いします。

 

巨大な水槽跡から31体の遺骨 付近では王一族が処刑されている

マヤ文明の各都市では、石碑に記録を刻んでいました。

しかし、9世紀から最初の25年で7つの都市、次の25年で5つの都市、そして9世紀末までには8つの都市が記録をやめてしまうのです。

最後の記録は909年。

これより先、記録は一切残っておりません。

そしてマヤ文明の都市遺跡には、凄惨な虐殺のあとが遺されています。

2005年、カンクエンの遺跡にある巨大な水槽跡から、31体の遺骨が見つかりました。

手足を切断されており、男性、妊婦を含めた女性、子供のもの。宝石や貝殻を身につけており、身分の高い遺体であることがわかりました。

この水槽の近くには、カンクエン最後の王夫妻が埋葬されていました。

王とその一族が処刑された跡でしょう。

こうした暴力のあとは、都市同士で激しい戦争が起きていたことを示します。

マヤ文明ティカル神殿

 

農業よりも戦争を重視→減った食料を求めて更に争う

都市が発展し、政治闘争が激化した結果か。

あるいは引き金となる天変地異や疫病があったのか。

とにかく何らかの理由で人々は争うようになりました。

互いを攻撃し、交易や農業よりも戦争を重視するようになっていったのです。

人々の住む場所は、肥沃で農作物が大量に栽培できる場所ではなく、防衛に適した場所へと変わっていきました。

戦争の結果、農作物も富も減少し、その減ったものを奪うため、戦争はより激化します。

人口は減り、都市は崩壊し、人々は古代マヤ文明を捨てて別の場所へと旅立ちました。

旅立てたのは幸運なあくまで人々であり、争いや混乱の中で命を落とした人も大勢いたでしょう。

結果、300万人いた人口が100万人に減少したとも、1000万人前後いた人口が200万人を割ったとも言われています。

生き残った人がおり、その子孫にあたる人々も存在するとはいえ、確かにこれは文明崩壊と言えるのではないでしょうか。

古代マヤ文明崩壊の謎——まさに歴史上の密室殺人です。

そのミステリアスは今日も人々を引きつけています。

あわせて読みたい関連記事

アステカ文明の生贄儀式ってマジ?『ジョジョの奇妙な冒険』原点を探る

続きを見る

イースター島とモアイ像の歴史 巨大な石像が作られ、廃れていった経緯とは

続きを見る

歴史ロマン溢れる古代文字! ロゼッタストーンや楔形文字って?

続きを見る

富士山・貞観大噴火(864~866年)湖に大量の溶岩流れ、青木ヶ原樹海できる

続きを見る

藤村シシン『古代ギリシャのリアル』が空前絶後のぉおおおお~極彩色!

続きを見る

日記『日本その日その日』の日本評が面白い!大森貝塚のモースが残す

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】

『殺戮の世界史: 人類が犯した100の大罪』(→amazon

TOPページへ

 



-中南米

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.