日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

わざと鼻毛を伸ばしたという武者・前田利常(富永商太・絵)

スポンサーリンク

前田家

前田利常【鼻毛大名】は、前田利家の子にして最後のリアル傾奇者だった!

更新日:

 

加賀百万石――。言わずと知れた前田一族が治める北陸の大藩であり、その三代目(正式には加賀藩2代目)となった前田利常はわざと鼻毛を伸ばして江戸城にのぼり、顰蹙を買ったことがある。

「自分がバカ殿と思われていれば、家を潰してもかまわない」

かくのごとく利常は鼻息荒く語った。そんな説も流れているが、それは大間違い。利常は、伊達政宗と並ぶ最後の戦国武将で、天下の傾奇者と呼ばれた父・利家の気質を最も受け継いだ漢(おとこ)だったのだ。

 

こいつはキレるとやばい・・・

利常は、江戸城で「立ち小便禁止。罰金1両」とあると、わざわざそこで小便をしたくらいの無茶好きで、幕府を刺激しつづけた。

鼻毛も「バカ殿」を演じたワケじゃない。「戦に鼻毛をそろえる武士なぞいない」という戦国バカのアピールのため。幕府が前田家を「バカだから安心」と取り潰さなかったのではなく、「こいつはキレるとやばい」と思い、正面から対処できなかったのだ。

正面から対処できなければ、静かに死んでもらうのが一番。利常は徳川家から常に暗殺の危険にさらされていた。

そこで彼は、「外で御馳走をふるまわられたら、一度は食べて、こっそり吐け」と、家族にも厳命していたくらいの鋭い男だった。「酔わないために吐く」ではなく「死なないために吐く」とは、戦国大名は気が休まらないにもほどがある。

 

スポンサーリンク

兄の利長は服毒自殺の可能性も

ちなみに、命を狙われていたというのは、決して誇張した話ではなく、鼻毛大名の兄・利長も過酷な運命を辿っている。
利長は名前こそあまり知られていないが、なかなかの傾奇者。父の利家からは「絶対に豊臣秀頼さまを守れ」との遺言を受け、愛する母のまつを家康に人質にとられ、常に板挟みの状態だった。

父の遺言を守り続ければ、前田家は徳川に潰されてしまう。究極の選択をせまられた彼は、そこで鼻毛の利常に家康の孫と結婚させ、3代目の家督を譲ると、隠遁してそのまま死んでしまったのだ。

公式には病死となっているが、服毒自殺の可能性が高い。自らが死ぬことで豊臣秀頼との関係を絶ち、家を残したのだ。大藩の当主というのは計り知れないプレッシャーの中で生きていたのだろう。

 

前田利長(利家の長男)は不可解な死であった/wikipediaより引用

加賀藩2代目の前田利長(利家の長男)/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

文/川和二十六

 




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-前田家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.