日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク



まんが戦国ブギウギ

まずは信孝ブッコワス! 秀吉の調略神ワザモードが全開バリバリ哉【戦国boogie-woogie vol.80】

更新日:

 

明智光秀を京都・山崎で破り、清州会議では三法師を推挙した羽柴秀吉(豊臣秀吉)。
見事にその目論見は果たしたが、一方で柴田勝家のもとには織田家の精神的支柱とも言える「お市」が嫁ぎ、勝家の本拠地・北陸と畿内を結ぶ長浜城も獲得するなど、依然としてその勢力図はどう転ぶか不明であった。
そんな中、先手を打ったのが、やはり秀吉。
信長の四男にして自らの養子としていた羽柴秀勝を喪主として、亡き主君・織田信長の葬儀を執り行ったのである。それはあたかも自分が後継者と高らかに宣言していたかのように――。
激動の織田家後継者争い。次に動き出したのは……?

 

【毎週土曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

池田恒興、空気を嫁よ! いやいや、これぞ秀吉の読み?

20150905アニィたかはしさん4コマ漫画1
◆本能寺に没した信長の遺体が見つからなかったのは、明智光秀にとっても不運でしたが、残された織田家中にとっても大きな問題となって残りました。
どんなカタチで葬儀を行うのか。
通説では秀吉が、遺体の代わりに木像(香木とも)を焼き、強引に完了させたと言われております。
しかも、その喪主は清州会議で自分がプッシュした三法師(織田家後継ぎ・織田信忠の息子)ではなく、自らの養子に迎えていた信長の四男だったのですから、公然と織田家の責任者を宣言したも同然。
他の家臣たち、特に柴田勝家や織田信孝から見れば宣戦布告にも等しかったことでしょう。

 

スポンサーリンク

使える名目は何でも使う それが秀吉の活きる道

20150905アニィたかはしさん4コマ漫画2
◆調略に定評のあった秀吉が、その能力を最もパワフルに発揮したのって、この頃だと思うのは私だけでしょうか。
古くは織田家が美濃へ攻めこむときも、浅井の小谷城を攻略するときも、はたまた毛利攻めの途中で見せた三木城・鳥取城・備中高松城の攻撃も、それぞれ印象深いものですが、明智光秀を倒してからの手腕はまさに神ワザ。
近くにいた(いさせられた?)織田信孝さん、たまったもんじゃありません。

 

冬を背景にして挙兵! まずは長浜、そして岐阜

20150905アニィたかはしさん4コマ漫画3
◆当時の柴田勝家さんの決定的な弱点って、地政的なものでしたよね。
冬場の北陸では進軍ままならぬこと明白。ために畿内と結ぶ要衝として「長浜城」を譲り受けはしたものの(清州会議で決定)、さほど効果的とも思える使い方はされなかったような。
そんな簡単じゃないこたぁわかってるんですけど。結果論だってことは承知なんすけど。
結局、長浜城の柴田勝豊は秀吉に囲まれてアッサリ、これを受け渡し、返す刀で秀吉はスイスイと岐阜城へ。そして信孝は……。

 

タラレバの信孝に、成功を説く秀吉が黒すぎて、冬……

20150905アニィたかはしさん4コマ漫画4
◆柴田勝豊から長浜城を奪いとった秀吉は、自軍に加えて織田信雄なども引き連れ、岐阜城へ向かいました。
城方の織田信孝はアッサリ降伏。山崎の戦いでは神輿として担がれ、清州会議でコケにされ、さらに再び蹴落とされたのですから、織田家の人間としては配下の秀吉に蹂躙されて、凄まじく腹の立ったことでしょう。
その証拠に信孝、凄まじい死に様を見せますが、それはまた後日の話。
いずれにせよ勝家を後見人とする信孝を決定的に追い落としたことで、次なる合戦の幕開けとなるのでした。賤ヶ岳の戦いです……。

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週土曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 



スポンサーリンク

スポンサーリンク

戦国ブギウギの新刊です!

意外と優しい!? 織田信長さん



生誕450周年!伊達政宗さんの生涯



毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.