日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

意外と優しい!? 織田信長さん

週刊武春 真田家

真田幸村はナゼ伝説が一人歩きするのだろう?

更新日:

 

織田信長に伊達政宗、真田幸村・・・。

ここ数年の戦国BASARAや戦国無双ブームでイケメン武将としても取り上げられており、戦国ギャルとか歴女に限らず、男が見ても痺れる存在だ。

しかし、この幸村さん、悲しいことに我々が知っている伝説にいくつか怪しいものもございまして・・・。

 

本名は真田信繁です

そもそも彼は本名からして違う。にわかには信じがたいことだが、真田幸村という名の人物は歴史上、存在しない。彼の名は「信繁」であり、幸村という呼び名は江戸時代に突然現れた。

いったい誰やねん?と、これが多くの歴史研究家が調べても確たる答えは出ないまま。

たしかに父の昌幸も、祖父の幸隆も「幸」の字が入っており、幸村という名は収まりがとてもよい。ゆえに違和感なく広まってしまったのだろう。

 

スポンサーリンク

十勇士もいませんでした

真田幸村には、彼と同じぐらい人気のある部下がいる。真田十勇士だ。

彼らが架空の人物であることは今さら説明不要かもしれないが、そもそも十勇士とは、講談本(今で言うマンガ)の『立川文庫真田幸村』に登場したのがキッカケで、大正時代に広まった。ざっと10名を挙げてみよう。

猿飛佐助 十勇士の筆頭で忍者
霧隠才蔵 浅井長政の家臣の息子で伊賀の忍者から忍術を伝授された忍者 *
穴山小助 信玄の弟、穴山梅雪の甥で幸村の影武者
三好清海入道 鉄の棒を振り回す怪力の僧侶
三好伊三入道 清海の弟
由利鎌之助 鎖鎌の名人
筧(かけい)十蔵 鉄砲の名手
海野六郎 真田家の古くから使える参謀
根津甚八 幸村の影武者
望月六郎 幸村の影武者

20130729yukimura

ご存知真田一族は、武田家や上杉家、北条家に徳川家と強敵ばかりとの駆け引きが続き、諜報活動の存在は不可欠だった。そのため十勇士たちも忍者が主流となっているのであろう。
ぶっちゃけ「実在してくれていたら最高に面白かったのに!」とは思うし、マンガなどでも味が出るのでこのまま生き残ってほしいが、事実ではないことだけは頭の片隅に入れておきたい。

 

「あのぅ、これ、幸村さんのお顔では・・・」

そして真田伝説のラストは、幸村の死に様である。

彼は大坂夏の陣で徳川本陣に突撃し、最後は体力の限界で休んでいるところを福井藩の兵士に見つかり、「オレの首を持っていけ。私は真田幸村である」と男気のある最期であったと伝えられている。

くぅうううううう! 悲しいかな、これがウソ><;

最近の研究で、福井から新しい史料が見つかってしまったのだ。

見つけんなよ!とイケメン幸村ファンが怒りたくなる内容かもしれないので、心当たりのある方は、ここでページを閉じてくだせぇ(´・ω・`)

実は幸村が語ったとされる「オレの首をもっていけ」なんて粋な会話は一切なく、転がっていた数多の首の中から見つけられたという。激しい混戦の中、誰が誰だかわからず、のちになって、「あのぅ、これ、幸村さんのお顔では・・・」と認識されたのだ。

どうせなら信長みたいに遺体が見つからなければよかったのに!

とはいえ、幸村が家康に死の特攻を繰り返し、徳川軍の本陣をズタボロにしたことに変わりはない。

真田幸村。その名、その功績は永遠なり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

*ご指摘うけて修正しました。ありがとうございます。



意外と優しい!? 織田信長さん


毛利元就はナゼ一代で中国地方の覇者となれた?


井伊直虎の生涯46年をスッキリ解説!



武将ジャパン・TOPページへ戻る



スポンサーリンク

-週刊武春, 真田家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.