日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

まり先生の歴史診察室 豊臣家 関ヶ原の戦い

石田三成は「三成腹=過敏性腸症候群」だったから関が原で負けた? 柿を食べなかったのもそのせい?

更新日:

 

大河ドラマ『真田丸』で関ヶ原の戦いが一瞬で終わったことが話題になっておりますね。

敗戦後、西軍の実質的大将である石田三成は伊吹山中へ落ち延び、数日後に捕らえられますが、実はこの戦いの趨勢に、ある病気が影響したかもしれない――という話をご存知でしょうか?

今回のテーマは「石田三成と下痢」です。

【TOPイラスト】霜月けい

 

3杯のお茶エピソードから見ると気遣いの人だった!?

石田三成は永禄3年(1560年)の近江生まれ。天正2年(1577年)頃から父・兄と共に羽柴秀吉に仕え始めました。

奉公前の三成がまだ寺の小僧だった頃、当時長浜城主である秀吉に3杯のお茶を出した逸話は戦国ファンには大変有名でしょう。鷹狩りでノドが乾いていた秀吉が寺に立ち寄った際、最初はぬるいお茶、次にやや熱いお茶、そして最後に熱いお茶を出し、その細やかな心遣いを買われた――というものです。後に加藤清正などと揉めることを考えると、このときの気遣いはドコいった?と言いたくなってしまいますが、それはさておき……。

秀吉の側近として頭角を現した三成は、その後、『太閤検地』や『刀狩り』などの政策を立案実行。文禄4年(1595年)には秀吉から近江佐和山19万4,000石を与えられ大名としても出世しております。ただ、イメージとしては凄腕の官僚ってところでしょうか。実際、五奉行の一人ですしね。

一方で戦場での槍働きがイマイチとされていて、脳筋バリバリな武将には嫌われており、特に朝鮮出兵では現場との意見が折り合わず、加藤清正らとの対立関係は非常に根深いものとなってしまいました。

JR長浜駅前にある三献の茶エピソードの像/wikipediaより引用

JR長浜駅前にある三献の茶エピソードの像/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

日大早川先生の説では「過敏性腸症候群」が疑わしい

秀吉の死後、家康に睨みを利かせていた前田利家が亡くなると、三成は清正や福島正則などの武断派に襲われ、それを契機に五奉行引退へと追い込まれます。

しかし、慶長5年(1600年)7月に家康の会津征伐がはじまると、弾劾状を出して家康に戦線布告、かくして天下分け目の関ヶ原がはじまるのでした。じゃじゃじゃーん。

結果、毛利は動かず、小早川秀秋は裏切り、脇坂なんかも寝返ってで西軍敗北~。ちょっとドラマの真似をして関ヶ原をはしょりましたが、実は敗因の一つに「三成がお腹を壊していたから」ってあるのをご存知でしたか?

関ヶ原当時40歳の三成は、親友の大谷吉継と違い、特に持病があったような記録はございません。

ただ、合戦前日からお腹の調子は悪かったようです。

この場合、最も疑わしいのは食中毒です。が、あの三成が大事な合戦の前に当たりそうなものを食べるとは思えません。普段いい加減な私ですら国家試験の数日前からは刺身などの生モノを避け、暴飲暴食をせずその日に備えました。

では、三成が下痢をした原因はなんでしょうか?

日本大学の早川智先生の説では「過敏性腸症候群」が疑わしいとのことです。

石田三成/wikipediaより引用

石田三成/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

石田家では「三成腹」と呼んでいるとか

過敏性腸症候群とは主に大腸の運動機能と分泌障害でおこる病気です。

血液検査や腸の検査をしてもガンや炎症などの異常を認めないのに、お腹の調子が悪くなる病気で、症状としては下痢タイプ、便秘タイプ、そして下痢と便秘を繰り返すタイプがあります。

好発年齢(その病気にかかりやすい年齢)は20〜40歳。

ストレス社会の先進国に多く、原因としては腸を司る自律神経のバランスが崩れることにありそうで、生活習慣の乱れなども相まって複合的に作用するそうです。ゆえに、元々神経質な人が暴飲暴食や過労、プレッシャーなどに晒されると、症状が出る場合が多くなります。

ほら、プレッシャーでお腹を壊す人がいるじゃないですか。

大事な試験やプレゼンの前にお腹がゴーロゴロ。三成を例にとっても神経質でデリケートな性格で、しかも天下分け目のプレッシャーですから、これは医学的にもお腹を壊しておかしくない状況です。

週刊誌の記事で三成の子孫の方が「石田家の男子はお腹が弱いらしく、試験前日などにはよく下す」と話されていました。石田家ではこれを「三成腹」と呼んでいるそうで……。

かくしてお腹の調子が悪かった三成は十分な指揮が取れず敗戦に至ったということです。

 

「柿は痰の毒だから要らない」とキッパリ( ー`дー´)

さて本当に下痢が原因かは別として敗戦の将となった三成を見てみましょう。

逃亡中の山中で捕らえられた三成は、大坂、堺を罪人として引き回された後、京都の六条河原で斬首とされました。この時にこんな逸話が残っておりまさす。

処刑の前に京都を引き回された三成は喉が渇き、お湯が飲みたいと言いました。これに対し警護の侍は「水は無いが柿はある。これを食べなさい」と干し柿を差し出したところ、三成は「柿は痰の毒だから要らない」とキッパリ( ー`дー´)

侍は「間も無く首を斬られる者が毒を避けて何になる」と笑いましたが、三成は「大志を持つ者は最後まで命を惜しむものだ」と悠然としていた――というこれまた戦国ファンには有名なお話ですね。もし一発逆転で斬首を免れた場合、柿で体調を崩したら次の一手が打てなくなるからですね。

ここで、気になることがあります。

「柿が痰の毒」ってどういうことなんでしょうか。

 

柿のヘタを煎じて飲むとシャックリが止まる!?

皆さんお察しのとおり、柿自体に毒性はありません。

果実にはビタミンCやビタミンAを多く含み、食物繊維も豊富です。薬として用いられることもあり、その効果は「肺を潤し咳を鎮める」そうです。高血圧に良いともされています。

それとですね、柿のヘタを煎じて飲むとシャックリが止まります。これ、現代医学の本にもバッチリ書いてあります。少なくとも痰に悪そうな印象はございません。

そこで浮上してくるのが、タンが痰でなく胆だったという解釈でして。

胆→腹部と考えますと、柿の食べ過ぎでタンニンが固まった「胃石」ができる場合がありますので、それがお腹に悪いと考えられなくもありません。また前述の過敏性腸症候群は特定の食物で起こる人もあり「三成が柿でお腹を下す体質だった」との捉え方もあります。うん、これで行こう!

そうそう、関ヶ原のお土産でこの逸話が元になったお菓子があります。

名前はズバリ「石田三成 胆の毒ゼリー」。もらったらドン引きですが中身は美味しい柿ゼリーの模様です。

編集さん、今回の原稿料代わりに買ってきて下さいな(笑)。

 

まり先生TOP画像640B

文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

 

【編集部より】

アマゾンの戦国本ランキングで1位に返り咲いた、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!

yahoo楽天でも定価1,728円(1,600円+税)発売しておりますので、皆さまご愛顧よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

【参考】

スポンサーリンク

石田三成/wikipedia NEWSポストセブン IBSネット 日本消化器病学会 MSD

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-まり先生の歴史診察室, 豊臣家, 関ヶ原の戦い

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.