信長公記 足利家

本圀寺の変で将軍・義昭を襲撃(麒麟がくる第28回)信長公記ではどんな話?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
本圀寺の変(六条合戦)
をクリックお願いします。

 

「どちらも同じだから急げ」

しかし、そんなことをグダグダ言っていたら、最悪の場合将軍の命が危うくなる状況です。

怪我をしただけでも、信長の沽券に関わるでしょう。

日頃から世間の評判を気にしていた信長としては、評判がダダ下がりになることは避けたい。

そこで、信長自ら馬を降り、言い争っていた馬借たちの荷物を一つずつ点検して、

「どちらも同じだから急げ」

と命じたのでした。

こういう細かいことも家臣に任せきりにせず、自分でやるあたりが実に信長らしいですね。人間だもの、と言いたくなってしまう。

当時の岐阜で一番エライ人に直接言われれば、誰もゴネられませんから、結局早く始末はつきます。

信長らが出発したときも大雪は止んでおらず、人夫や下働きの者の中には、凍死者も出たとか。

危急の事態ですし、身分が低ければ低いほど、防寒対策はできなかったでしょうね……。

 

正式な将軍御所が必要だ

こうして、本来3日かかる距離を2日で駆け抜けた織田信長が京都に着いたのは、1月8日のことでした。

前述の通り、襲撃者たち三好三人衆らは、すでに明智光秀や三好義継、池田勝正らの働きによって撃退された後です。

とはいえ、途中でそれを知らされていたかどうかは不明ですから、信長たちは気が気でなかったことでしょう。

京都入りした信長は、本圀寺(六条御所)に直行。

義昭の無事を確かめると共に、当時の状況を聞きました。

そして、特に桂川方面で活躍した池田清貧斎という者に褒美を与えたといいます。

彼は池田勝正の家老で、俗名は正秀といいました。

生没年は不明ですが、天正三年(1575年)ごろから史料に登場しなくなるので、本圀寺の変が起きた永禄十二年(1569年)当時も老齢だったと思われます。

文字通り、年の功が活きたのでしょうね。

幸いにして義昭には大事なかったものの、本圀寺の変によって、正式な将軍御所の必要性が明らかになりました。

しかし、それには諸々の準備や織田家以外の人々の協力、朝廷への配慮などが必要になります。

次はそのあたりのお話です。

1

※本記事は連載『戦国初心者にも超わかる信長公記』第56・57話となります

あわせて読みたい関連記事

織田信長
史実の織田信長ってどんな人?生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ

続きを見る

史実の松永久秀は爆死にあらず~信長を2度も裏切った智将の生涯

続きを見る

信長と義昭の上洛
信長と義昭「上洛戦」の一部始終!京都入りまでどんな敵と戦った?

続きを見る

足利義輝
刀を握ったまま斃れる壮絶な最期~足利義輝13代将軍の生涯30年まとめ

続きを見る

三好長慶
信長の前にいた天下人・三好長慶~畿内を制した華麗な手腕43年の生涯

続きを見る

斎藤龍興
織田軍に国を追われた斎藤龍興が信長にネチネチ反撃~26年の生涯

続きを見る

明智光秀
史実の明智光秀とは?麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

細川藤孝(細川幽斎)
細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友~されど本能寺後は

続きを見る

三淵藤英
史実の三淵藤英(細川藤孝の兄)はなぜ信長に自害を命じられたか?

続きを見る

ルイス・フロイス
戦国や信長を描いたルイス・フロイス『日本史』には何が記されていた?

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-信長公記, 足利家
-

×