さらさら越えを描いた錦絵(歌川芳形画)/wikipediaより引用

織田家

【戦国合戦譚・さらさら越え】冬の北アルプスを越えてまで成政が訴えたことは?

投稿日:

戦国時代も終盤にさしかかった天正十二年(1584年)12月初旬、「さらさら越え」がありました。

と言っても、初めて耳にする方は、ワケがわかりませんよね。

「さらさら越え」をまず一言でまとめますと、
【越中(富山県)の戦国大名だった佐々成政が、冬の北アルプスを徒歩で越え、信濃を経由して三河の徳川家康に会いに行った】
というものです。

余計にワケがわからなくなったかもしれません。

ゴアテックスもテントもない戦国時代に、飛騨山脈やら黒部ダムやらのある険しい冬山を、徒歩で越えるなんて自殺行為にも等しい愚行。
お騒がせユーチューバーでもやらないでしょう。

しかし、それを断行した佐々成政にも相応の理由がありました。

徳川家康や織田信雄(信長二男)、豊臣秀吉にも大いに関係のあるこの「さらさら越え」。
順を追って振り返ってみましょう。

 

「さらさら越え」のキッカケは秀吉vs家康の合戦

「さらさら越え」の発端は、徳川家康と豊臣秀吉が直接対決をした【小牧・長久手の戦い(1584年3~11月)】でした。

秀吉の天下は【小牧・長久手の戦い】でほぼ内定!複雑な戦況をスッキリ解説

天 ...

続きを見る

少しばかり説明しますと、徳川家康が織田信雄(織田信長の二男)と共に2~3万の連合軍で挙兵して、豊臣秀吉らの大軍7万(10万とも)と全面対決した合戦です。

規模の大きな割に、本格的な戦闘が起きたのは長久手の戦いぐらいで、全体としては睨み合って両軍動けず状態。
そのうち、本拠地の長島城を囲まれそうになった織田信雄が、家康の了承を得ず、勝手に秀吉と和睦してしまうという、なんともしまらない終わり方でした。

当然ながら家康は困惑しきりで、困ったのは佐々成政も同様でした。

成政は、直接この戦いに参加していたわけではありませんが、北陸地方で秀吉方の前田利家と上杉景勝の間に挟まれて奮闘していたのです。

要は、反秀吉になっていたんですね。
その証拠に、前田家とはこの年の9月に【末森城の戦い】という死闘も繰り広げており、簡単には引けない状況でした。

末森城の戦いは前田家の桶狭間! 北陸の重要拠点を猛将・成政から守り抜け

信 ...

続きを見る

というか、成政には、以前から秀吉との間に因縁があったのです。

 

おまえら、勝手に和睦してんじゃねぇよ!

最も大きな因縁は、前年、天正11年(1583年)のことでした。

柴田勝家が秀吉と揉め【賤ヶ岳の戦い】で負けたとき、成政は勝家サイドにいて、敗戦の結果、自身は頭を丸めた上、幼い娘を人質に出してまで許しを得ていたのです。

かつて織田信長のもとで共に出世を競い合った立場だけに、秀吉の風下へつくのは屈辱だったのしょう。
こうした過去の遺恨が積み重なり、小牧・長久手の戦いでは家康サイドについていただけに、秀吉とあっさり和睦を締結されてはたまったもんじゃありません。

しかも、合戦を始めた織田信雄が勝手に止めてしまうんですから、絶望感もハンパじゃない。

実は、天正12年(1584年)3月に始まった小牧・長久手の戦いは、11月になるまで、実に半年以上にも及んでおり、戦況は膠着していたとはいえ、戦いは、どちらに転ぶかわからない状態でした。
そんなときに信雄一人が勝手に折れ、仕方なく家康も退いた――と聞けば、自ら直談判したくなるのも無理ありません。

和睦が成立し、このまま家康が秀吉に取り込まれてしまえば、反秀吉のポジションを取った自身の身も危険になるばかりです。

そこで、「家康、講和したってよ」(超訳)の知らせを受けた成政は、居ても立っても居られず、直接話をするため、富山から浜松城へ向けて出発することにしたのです。

問題はルートでした。
ここからは地図を確認しながら見て参りましょう。

 

富山から浜松へ行くルートは限られていた

まず、日本海側にある黄色い拠点が、成政の本拠地・富山城です。

太平洋側の赤い拠点が浜松城になります。

では、富山城→浜松城へ行くにはどうすべきか?

一般的に考えられるルートは、西の加賀なり東の越後なりを目指してから南下する道でしょう。
平時ならば馬も使えて、北海道や九州を目指すような絶望的な距離でもありません。

しかし、戦時においてはそうも言ってられず……。

特にこのときは、西の前田家、東の上杉家が敵として立ちはだかっており、とてもじゃないけど少人数で抜けられるものではありませんでした。

ならば一直線に南下すりゃええでよ!
と思うかも知れませんが、南の美濃は秀吉の勢力圏があって、こちらも通行不可能でした。

そこで浮上してきたのが「さらさら越え」だったのです。

富山から北アルプス山中のザラ峠を越え、信濃の信濃大町へ向かい、その後は長野の盆地を南下していくルートです。

上の地図で言うと紫色の地点を進むワケですね。

【さらさら越え】

富山城(黄色)

ザラ峠(紫色)

信濃大町(紫色)

浜松城(赤色)

信濃なら徳川の勢力圏にあるので安心して歩ける(はず)。

しかし旧暦の12月上旬は現在でいう1月上旬頃のこと。
雪山を徒歩で越える方がよっぽど危険ですが、それ以上に、戦時における他国の通行が危険だったということでしょう。

 

実際はもう少し標高の低い安房峠辺りだったのでは?

かくして12月に入り、成政は決死の覚悟で富山を出発。
富山城から出たのか、他の支城から出たのか不明ですが、極寒の【ザラ峠(佐良峠とも)】を無事に通り抜けると、信濃経由で25日には浜松へ到着しました。

約3週間の行程というところでしょうか。

しかし、そうまでして会いに行った家康の返事はつれないものでした。あっさり断られます。

家康にしたって、無理な話でしょう。
すでに終戦から結構な日数が経過していて、今さら挙兵するのも大義名分もくそもない。

結局、家康に断られてしまった佐々成政は、続いて織田信雄や滝川一益などにも断られてしまい、失意のままの帰国を余儀なくされます。

なお、このとき成政の年齢50歳ぐらいだったと思われ(生年不詳)、いかに日頃から身体を鍛えている武士であっても、標高2,000〜3,000mの北アルプス、しかも冬に「さらさら越え」することは不可能でしょ――という意見もあります。

そのため近年では別ルートを通ったのではないか、という指摘もされております。
例えば安房峠あぼうとうげ(1790m)あたりなら、少しばかりラクになるというものです。

あるいは上杉家の家臣に手引きをしてもらって越後を通ったという指摘もあったり、いささか混沌としている状況です。

いずれにせよ戦国武将、いや佐々成政の感服するばかりです。

結局、この後、秀吉に攻められながら許されて肥後(熊本)を任されるのですが、そこで大規模な国人一揆を誘発していしまい、最終的に切腹へ追い込まれます。

佐々成政の生涯についての詳細は、以下の記事をご覧ください。

長月 七紀・記

【参考】
『織田信長家臣人名辞典(吉川弘文館)』(→amazon
『秀吉家臣団の内幕 天下人をめぐる群像劇 (SB新書)』(→amazon
『戦国時代人物事典(学習研究社)』(→amazon

 



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.