織田信忠/wikipediaより引用

織田家 信長公記

信長から信忠への家督相続~何のトラブルも起きなかった? 信長公記132&133話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
信長から信忠への家督相続
をクリックお願いします。

 

信忠に織田家の家督と岐阜城、そして尾張・美濃の二国を譲りました。

ただし、この後も【本能寺の変】で斃れるまで、信長はずっと織田家の実権を握り続けます。

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

「それって意味ないじゃん」とも思えてしまいますが、武家で生前に家督を譲るのは死後の後継者争いを防ぐため。

信長自身も弟・織田信勝と争いを演じており、その難しさを痛感していたからこそでしょう。

織田信勝(織田信行) 信長に謀殺された弟は当主の器だったか?

続きを見る

織田家の場合は、信忠が首尾よく岩村城を攻略し、朝廷からの覚えもめでたく官位を授かったことで、家中にも外部にも「織田家の嫡男は実力がある」とアピールすることができました。

だからこそ、信長は家督継承をこのタイミングにしたのでしょう。

 

仇討ちで知られる「星切の太刀」

また、家督継承を機に、信長から信忠へ様々な名物(お宝)が譲られたとあります。

代表的な物は「星切の太刀」という刀です。

これは日本三大仇討ちの一つ、鎌倉時代の「曾我兄弟の仇討ち」に関係している名刀でした。

事件の詳細は以下の記事をご参照いただくとして、

曾我兄弟の仇討ちの哀しい結末~巡り巡って鎌倉幕府に新たな犠牲者

続きを見る

簡単に説明しますと、曾我祐成(すけなり)・時致(ときむね)という武士の兄弟が、幼い頃に殺された父親の仇を討ったという話です。

星切の太刀は、曽我兄弟のうち弟のほうである時致の佩刀だった、といわれています。しかし、信長が手にするまでの来歴や、誰の作品なのかということはわかっていません。

後々、本能寺の変の際に焼失したとされているため、後世から星切の太刀の足跡を追うのは非常に難しくなってしまいました。

星切の太刀の他にも、変の当日の信長・信忠は多くの名刀・名物を持っており、運命を共にしたといわれています。

明智軍によって回収され、後世へ伝わったものもいくつかありますが……実にもったいない話です。

 

佐久間の屋敷へ移り住む

他にも信長から信忠へ、星切の太刀以外にも名物をいろいろと譲ったようです。

しかし、信長公記には細かな記載がありません。

この後も折に触れて信忠へ譲られた品がたくさんあるので、それらと混同するのを避けたものか、単に抜け落ちただけでしょうか。

こうして「ご隠居様」になった信長ですが、まだまだ仕事をやる気は満々です。

僅かな茶道具だけを持って、家老である佐久間信盛の屋敷に移りました。

佐久間信盛(織田家の重臣)はなぜ信長に追放された?“退き佐久間”の最期

続きを見る

信盛や佐久間家の人間からするとなかなかに厄介そうですが、これは次に取りかかる大事業のための仮宿でもありました。

なお、佐久間信盛というと、

織田信長に追放されるんじゃないの? そろそろでは?」

と思われるかもしれませんが、天正8年(1580年)のことですので、まだ若干の年数があります。その間に何かあったのか……。

ここで『信長公記』巻八、そして天正三年の記述は終わりです。

次回からは天正四年(1576年)の出来事を記した巻九に移ります。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

【織田vs武田】岩村城の戦いで秋山&おつやが磔死 信長公記130&131話

続きを見る

日本にも朝貢した渤海国ってどんな国? 唐や新羅に挟まれながら渡海して

続きを見る

官職と二官八省を知れば日本史がマジで3倍ぐらい楽しくなる!

続きを見る

モヤッとする「位階と官位」の仕組み 正一位とか従四位にはどんな意味がある?

続きを見る

日本にも朝貢した渤海国ってどんな国? 唐や新羅に挟まれながら渡海して

続きを見る

足利義昭(覚慶)は信長と共に上洛し、対立! 京を追放された61年の生涯

続きを見る

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

織田信勝(織田信行) 信長に謀殺された弟は当主の器だったか?

続きを見る

武田信玄が戦国最強「甲斐の虎」と呼ばれる理由~知略に塗れた53年の生涯

続きを見る

御館の乱で上杉家真っ二つ!謙信死後に景勝と景虎が激突したその結果……

続きを見る

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

松平信康(家康の長男)はなぜ自害へ追い込まれた? 謎多き諸説を考察

続きを見る

伊達政宗70年の生涯まとめ 数々の伝説ってどこまで本当なの?【逸話正誤表付】

続きを見る

斎藤道三(利政)マムシの生涯63年まとめ! 最期は息子に殺された

続きを見る

斎藤義龍(斎藤高政)はなぜ父の道三を殺した?マムシの息子33年の生涯

続きを見る

長良川の戦いでマムシと激突! その後の高政(義龍)&龍興はどうなった?

続きを見る

信長公記をはじめから読みたい方は→◆信長公記

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
太田 牛一・中川 太古『現代語訳 信長公記 (新人物文庫)』(→amazon
日本史史料研究会編『信長研究の最前線 (歴史新書y 49)』(→amazon
谷口克広『織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで (中公新書)』(→amazon
谷口克広『信長と消えた家臣たち』(→amazon
谷口克広『織田信長家臣人名辞典』(→amazon
峰岸 純夫・片桐 昭彦『戦国武将合戦事典』(→amazon

TOPページへ

 



-織田家, 信長公記

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.