絵・小久ヒロ

織田家

ナゾ多き信長の母・土田御前に迫る~信長の死後は?生まれや名前は?

何らかの歴史が動いたとき――。

日本史では、女性の影響を受けたケースが比較的多く記録されています。

信長の母・土田御前(どたごぜん)もまた、戦国史に大きな影響を与えたと考えられる一人でしょう。

創作物では、以下のような人物像で登場することの多い女性です。

【土田御前(~1594年)】

織田信秀の正室として嫁ぎ、信長と信勝(信行)、そしてほか数人の子供を産んだ。

嫡男は信長だったが、あまりにもひどい言動をしていたため、土田御前は信勝を可愛がり、跡を継がせたがった

かようにフィクションではシンプルにまとめられる人物ですが、実のところ彼女自身に関することはあまりよくわかっていません。

歴史に影響を与えた記録は残っていても、女性の人となりそのものの記録は乏しいのです。

それでも日本史に衝撃を与えた織田信長の母ですから、どうしても興味は尽きません。

織田信秀(信長の父)は経済重視の似た者親子!? 道三や義元相手に大暴れ

続きを見る

織田信長は意外と優しい!? 生誕から本能寺まで49年の史実解説【年表付】

続きを見る

本稿では、知りうる限りの実像に迫ってみましょう。

 

生まれは?

土田御前は出自どころか、名前の読み方すら確定していません。

今のところ【素性】については以下のような説があります。

佐々木六角氏後裔・土田政久の娘説

土田政久の娘説が最も知られておりますが、裏付ける一次史料は今のところありません。

後年になって、土田氏の縁者・生駒氏を母とする信雄関係の史料から、この説が出てきたとされています。

小嶋信房の娘説

信長の姉・くらの方が嫁いだ大橋重長の記録『津島大橋記』や『干城録』などでそう記されています。

『干城録』は徳川家康~徳川家光時代の江戸幕府の家臣について書かれた本です。

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

しかし、小嶋信房という人の素性がそもそもハッキリしていません。

小嶋という名字は関東~東海にかけて。
特に愛知県に多く、小島という武士の家も当時あったらしいので、まったく根拠がない説ともいいきれません。

くらの方が嫁ぐ際、小嶋信房の養女として輿入れしたというので、小嶋家にはそれなりの力があったはずです。
土田御前が小嶋家の出身かつ、当時の織田弾正忠家(信長の家)よりも格上だったからこそ、養女にしたのでしょうね。

六角高頼(義賢の祖父)の娘説

『美濃国諸旧記』に、信長生母は六角高頼の娘だという記述があるのですが……。

この本の成立が寛永末期(1640年代ごろ)の上、著者の素性がわからず、やはり信憑性はアヤフヤ。

土田氏自体にも近江六角氏の庶流説がありますし、根拠がないというわけでもないのがモヤっとするところです。

 

名前は?

読み方も複数の説があります。

この時代、女性の呼び名は実家の地名から取ることが多いので、実は素性がわからないと読み方も確定できません。

例えば、美濃可児郡の土田から来たのであれば「どた」、尾張清洲の土田なら「つちだ」になるとか。

字面は変わりませんので、別人と混同されることは少なく、文章上での問題はありませんね。

そういうわけで、嫁ぐ以前のことも、それ以降のことも、記録が多いとはいえません。

織田信勝が兄・信長に謀殺される前は、一緒に末森城に住んでいたようです。

織田信勝(織田信行) 信長に謀殺された弟は当主の器だったか?

続きを見る

俗説では完全に信勝の味方だった彼女。

信長を敵視していたかのように語られますが、記録上の言動ではそうでもありません。

信長と信勝の対立が深刻化し、【稲生の戦い】で信勝方が敗れた後は仲立ちとなって、弟・信勝の赦免を信長から引き出しています。

稲生の戦いで信長一騎打ち!~戦国初心者にも超わかる信長公記19話

続きを見る

また、信長が計略のため重病のふりをしたときも、信勝に

「日頃のことはともかく、実の兄上なのですから、お見舞いに行きなさい」

と言っていたことが、信長公記に書かれています。

弟・信勝(信行)を誅殺だ~戦国初心者にも超わかる信長公記29話

続きを見る

 

孫たちの面倒を見ていた

永禄元年(1558年)11月に信勝が謀殺された後は、信長のもとで暮らしていたようです。

信長の息子たち(織田信忠織田信雄織田信孝など)や

織田信忠(奇妙丸)信長の長男は家督を譲られるも光秀に命を狙われて

続きを見る

織田信雄(信長の次男)は本当に愚将だった? 現代に信長の血を伝える

続きを見る

織田信孝(信長の三男)が迎えた壮絶な最期!なぜ腹を十字に切った?

続きを見る

浅井氏滅亡後のお市の方の娘たち(茶々・初・江)の世話をしていたともいわれています。

祖父母にあたるワケですから、かわいい孫たちだったのでしょう。

信長の妹・お市の娘である浅井三姉妹(絵・富永商太

彼らに信長への反抗心がみられないため、土田御前も信長を嫌っていたというわけではないのでしょう。

仮に本心を隠していたとしても、子供って親族の不仲を敏感に感じ取るものですしね。

そして、ここからしばらく、土田御前に関する記録は途絶えます。

次に足跡が追えそうなのが【本能寺の変】以降のことでした。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.