この歴史漫画が熱い! 島津家

薩摩隼人は怖すぎる? 漫画ドリフターズやゴールデンカムイなどで検証だ!

2018年大河ドラマ『西郷どん』の感想に、

「主人公はじめ薩摩藩士が軟弱だ」

という指摘がしばしば挙げられました。

確かにそうでしょう。ドラマにおける彼らの行動を見ておりますと……。

・本来ならば男尊女卑思想が厳しい薩摩藩士のはずが、女性である岩山糸とつるみ、はては女装までする西郷

・男色を好み、鹿児島では遊郭すら少なかったというのに、江戸で磯田屋という遊郭に入り浸る西郷とその仲間たち

とまぁ、薩摩藩士が得意とする薬丸自顕流もほとんど出てきませんし、猛烈な郷中教育の様子もさほどありませんでした。

描写がぬるいと言われても致し方ありません。

ただ、それだけが原因とも言い切れぬ部分があるんではないか?と思いまして。

『西郷どん』以外の近年のフィクションで描かれる薩摩出身者は、異常なまでに強烈、人間離れした描写をされているのです。

そのギャップから、

「こんなおとなしいのは薩摩じゃない!」

という印象が生まれてしまうかもしれません。

なんせ最近では、現代が舞台の『3月のライオン』鹿児島編、『ポプピピテック』でもパワーあふれる薩摩描写が出てくるほどですから。

そこで考えてみたいのですが。

『実際の薩摩隼人たちは、フィクションで描かれるほどパワーあふれるだったのでしょうか?』

最近人気の作品から、史実と照らし合わせて検証したいと思います。

 

『ドリフターズ』の島津豊久

『関ヶ原の戦い』における島津の退き口において、壮絶な戦死を遂げた島津豊久。

ところが本作では、命を落としたと思われる瞬間、異世界にワープしてしまいます。

異世界にいても薩摩隼人らしい剽悍さで、敵と渡り合います。

 

◆人生はっぱ隊。薩摩が生んだ殺人マッシーン。薩人マシーン。(作者談)

→ 戦国時代の薩摩武士ならば、妥当なところではないでしょうか。首は誰でも欲しかっただろうし

◆妖怪に首おいてけと呼ばれるほどすぐ首を求める「大将首だ!!大将首だろう!? なあ 大将首だろうおまえ 首置いてけ!! なあ!!!」

→戦国時代の薩摩武士ならば、妥当なところではないでしょうか。首は誰でも欲しかっただろうし

◆牛馬を食べる

→獣肉を食べたがらない織田信長に対して、豊久は薩摩では肉を食べると説明します。これはその通りです。薩摩では、豚肉が【歩く野菜】と呼ばれたほど

薩摩の食事情は悪くない~唐芋・豚肉・焼酎・菓子など異国情緒な食文化

続きを見る

◆犬肉を食べる「戦場でんえのころ飯ちうて 腹ば減ったら野犬をばひっつかまえ」

→これについては詳細を後述します

豊久のキャラクターは強烈そのものですが、戦国時代の薩摩武士と言うことを考慮すれば、ありではないかと思います。

だって島津は戦国最強だから。

島津義久(四兄弟の長男)が戦国の九州統一に迫る! 戦い続けた79年の生涯

続きを見る

島津義弘(四兄弟の次男)が鬼島津と呼ばれる所以! 85年の生涯まとめ

続きを見る

バリバリの武闘派がなぜか安産の神 島津歳久は四兄弟の中で最もキテレツ

続きを見る

島津家久は四兄弟最強! 大軍を次々に撃ち破った軍神41年の戦歴が凄まじい

続きを見る

アニメ:ドリフターズ公式サイト

 

『ゴールデンカムイ』の鯉登少尉

主人公の敵である「第七師団歩兵第27聯隊」所属の新任少尉です。

優れた運動能力の持ち主である反面、軍人としてはやや注意力に欠けています。

◆自顕流の使い手

→妥当な設定です

◆興奮すると「猿叫」する

→「猿叫」とは自顕流の攻撃する際の声をこう呼びます。「チェスト!」と叫びながら攻撃するフィクションでの描写がありますが、あれは間違いです。

鯉登の場合は、攻撃動作以外でもやたらと猿叫しますが、それは薩摩隼人が一般的にそうなのではなく、彼自身の性格によるものです

◆興奮すると早口の薩摩弁になってしまい、周囲が聞き取れなくなる

→興奮して訛りがきつくなるのは、ただの彼の性格です。薩摩弁が難しいという点は、妥当な設定です

◆背が高い

→妥当な設定です。豚肉をよく食べていた薩摩藩士は、幕末の時点で長身揃いでした

個性の強いこの作品の登場人物の中で、彼も埋没しない性格を持っていますが、薩摩隼人であるからというよりも、個人の資質によるところが大きいといえます。

他作品の薩摩隼人と比べてややマイルドなのは、明治時代の人物ということもあるでしょう。

実は、彼は2019年大河ドラマ『いだてん』において生田斗真さんが演じる【三島弥彦】と以下の共通点があります(モデルではないと思いますが)。

・運動能力抜群でどの競技でもこなす

・背が高い

・親が薩摩出身

・実家がお金持ちのお坊ちゃま

・年齢

三島弥彦67年の生涯をスッキリ解説!いだてん生田斗真さんが演じる日本初の五輪短距離選手

続きを見る

鯉登は軍人としては若干詰めの甘い性格です。

三島のようにアスリートになった方が向いているのかもしれません。

『ゴールデンカムイ』主要キャラ9名の出自やルーツ 史実からマトメました

続きを見る

※鯉登少尉の猿叫は、コレの青年バージョンですな

アニメ:ゴールデンカムイ公式サイト

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-この歴史漫画が熱い!, 島津家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.