徳川家康

徳川家康/wikipediaより引用

徳川家

三度の絶体絶命を乗り越えた徳川家康~天下人となる生涯75年とは?

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
徳川家康
をクリックお願いします。

 

小田原征伐からの江戸移封

小牧・長久手の戦いから数年間、秀吉が九州を征圧する間、豊臣政権下で家康とその家臣たちは一息つく日々を送ることになります。

若い頃から戦場を駆け巡ってきた彼らにとって安息の日々でした。

こう書くとまるで家康がのんびりと餅つきを横で見ていたようですが、もちろんそうではありません。領内の整備といった内政や検地、さらには関東や奥羽の大名との外交も行っていました。

九州まで征圧した秀吉の目は、関東・奥羽に向けられます。

奥羽の大名は、鎌倉以来の名門であることを誇りとし、また貴族である関白に恭順することに抵抗を示す者もいました。

一方では、今権威を味方につければ一発逆転ができるとばかりに、いち早く秀吉に認められようとする者もいました。

そして関東には、北条家がありました。

北条家には難攻不落の小田原城、南奥を制した若き独眼竜・伊達政宗との同盟関係、そして姻戚関係にある徳川家康という、頼りになるものがあります。

伊達政宗
史実の伊達政宗 ド派手な逸話はどこまで本当?生涯70年の検証まとめ

続きを見る

家康としては、秀吉に服従以来同盟は破棄されたようなものであり、家康自身も北条氏政北条氏直父子に服従するよう迫っていたのです。

北条氏政
信玄や謙信ともバトルした北条氏政~秀吉に最後まで抵抗した生涯53年

続きを見る

北条氏直
秀吉に滅ぼされた関東の雄・北条氏直~生涯30年どんな功績がある?

続きを見る

しかし相手は応じません。

北条家周辺をめぐる関東は、導火線のない火薬のような状況におちいっていました。

そこへ導火線を差し込む男が登場します。

あの真田昌幸です。

真田昌幸/wikipediaより引用

第一次上田合戦の原因となった沼田領問題は、真田方の勝利によって宙に浮いていました。

家康の訴えを聞いた秀吉は、昌幸に沼田領を北条へ引き渡すように命じたのですが、ここで昌幸が沼田領の名胡桃領だけは真田のものとして認めさせたのです。

北条からすれば沼田の中の名胡桃だけ残すというのもおかしな話で、強硬奪取していまいました。

もはや問題は、北条と真田のものだけではない状況。秀吉が命じた分割案である以上、北条は秀吉に背いたことになったのです。

名胡桃という小さな導火線に火が付き、北条家を吹き飛ばす小田原攻めが開戦するのでした。

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家の小田原城はどんだけ強いのか

続きを見る

圧倒的な戦力差にも関わらず、北条方は望みを捨てませんでした。

家康が北条を救う手段を講じるかもしれない、陸奥から伊達政宗が来援するかもしれない……しかしどちらも起こりません。

やがて政宗は秀吉の本陣に訪れ帰順。万策尽きた北条氏は降伏して難攻不落の小田原城を明け渡し、滅亡を迎えたのでした。

家康は北条滅亡を受けて、関東へ移封されます。

しかし家康は北条氏の本拠ではなく江戸を首府として選び、整備を進めえます。

現代でも首都東京として発展しているだけに、地理的には申し分のない選択であったと言えます。周期的に地震が発生することはこの時点ではわからなかったことですし。

こうしてみると、家康は秀吉がこねた餅を食べるのを待っていたというより、東日本で餅をこねていたと言えるのではないでしょうか。

関ヶ原まで、あと十年です。

 

豊臣政権内の人格者・家康

改めて振り返ってみると、小田原落城から関ヶ原まで十年しかありません。

その間、全国平定を終えた秀吉の野心は、海外へと向けられました。

文禄・慶長の役です。

この海外への遠征は秀吉だけの考えではなく、信長もその志向があったようです。ただし、明や朝鮮と通商するにとどまるものかもしれませんが。

ハッキリしているのは、秀吉の中でこの海外への野望は危険きわまりない大陸征服を目的としたものになりました。

この時代の合戦は他の領土に攻め込み、資源を掠奪する経済活動という面がありましたから、国を富ませるためならば必要という意識もあった可能性があります。

家康はこの出兵に反対の立場であり、前田利家と連名して諫書を秀吉に送りました。

立場としては留守役であり、渡海せずに名護屋に留まります。後の秀吉没後は朝鮮半島からの撤退指揮、朝鮮からの使節との会見等、この出兵をおさめる働きをしています。

忘れてならないのが、この戦で石田三成加藤清正らから反発を受けたことでしょう。

また小早川秀秋は戦場での不手際を秀吉から厳しく責められ、家康によって取りなしを受けました。

多くの者が疲弊した中で、家康は存在感を示し、人望を上げることになっていたのです。

加藤清正
熊本城を築いた加藤清正がナゾの死~秀吉子飼いの人気武将その生涯

続きを見る

小早川秀秋
関ヶ原の裏切り者・小早川秀秋はなぜ東軍に? 儚い21年の生涯まとめ

続きを見る

更に、朝鮮出兵の出兵で暗いムードの豊臣政権において、世間に衝撃を与える大事件が起こりました。

文禄2年(1593年)、秀吉に第二子・拾丸が誕生。

その二年後の文禄4年(1595年)、秀吉の後継者とみなされていた関白・豊臣秀次切腹したのです。

豊臣秀次
豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれ殺生関白と呼ばれたか?

続きを見る

強要されてのものなのか。追い詰められて突発的に自害に及んだのか。諸説ありますが、確かなのはこの事件が豊臣政権に大きな打撃を与えたことです。

秀次の死後、秀吉はその妻妾三十余人を処刑する――という愚挙に及ぶのです。

ピンチに陥ったのは妻子だけではありません。秀次と親しかった大名たちも謀叛の嫌疑をかけられ、窮地に陥ります。

例えばその中には伊達政宗もおり、彼らに手をさしのべ、弁護したのが家康でした。

かような無茶無謀が繰り返されていく豊臣政権のもとで、大名たちは不満をため込んでいきます。

しかしそのはけ口はぶつけようにもない。そうした大名たちにとって、家康は心のよりどころになってゆくのです。

そして慶長3年(1598年)、秀吉が死亡。残されたのは僅か六歳の秀頼でした。

不満の貯まった歴戦のツワモノ大名たちを押さえ込める器量もくそもない幼齢です。

関ヶ原まで、いよいよあと二年。

 

三成襲撃事件

秀吉は幼い我が子に天下を残すにあたって、無策であったわけではありません。

本能寺の変で横死した信長とは違い、彼には対策を練る時間は多少なりともありました。

秀吉はその死に際して、前田利家に後見を託すとともに、家康に政治を任せるとともに秀頼の保護と頼みました。

秀頼の妻に家康の孫娘・千姫を嫁がせ、末永く豊臣と徳川が和して天下を治めるよう願いを託したのです。

後世の結果を知っていると、猫に鰹節の番を頼んだような気がしますが、それだけ家康は信頼出来る性格だと秀吉に思われていたのでしょう。

秀吉の死後、家康は早々に嫡子・徳川秀忠を江戸に戻します。

これから起こる動乱の中で、信長・信忠父子のように揃って命を落としてはならないと判断したのでしょう。

徳川秀忠
なぜ徳川秀忠が二代目将軍に選ばれたのか 関ヶ原の遅刻は問題なし?

続きを見る

家康は政権を任されると、まずは朝鮮半島からの撤退に尽力。そして秀吉の死の翌慶長4年(1599年)正月、家康の居城がある伏見と秀頼がいる大坂において騒ぎが起こります。

ことの起こりは、家康の親族が有力大名である伊達、福島、蜂須賀の三家と婚約を結んでいたのが発覚したことでした。

当時の結婚は同盟を意味します。

秀吉は生前、勝手に大名同士が婚約する「私婚」を禁じていたのです。それを破ったのですから、糾問使が伏見の家康の元へと向かいました。

しかし家康は、天下に異心を抱いてなどいない、これは言いがかりだ、誰が自分を讒言しているのかと手強い反撃に出ます。

さらには家康暗殺計画があるとの噂が立つと、大坂方の大名たちは続々と伏見の家康の元へ参集し、警護をかって出ます。

この中には大谷吉継、加藤清正、黒田官兵衛ら、秀吉に恩顧のある者も含まれていました。

黒田官兵衛
史実の黒田官兵衛は本当に軍師や天下人の器だったか?生涯59年まとめ

続きを見る

同事件が第一ラウンドであるならば、第二ラウンドは前田利家死後の閏三月に起こります。

利家が亡くなるやいなや、翌日には加藤清正、福島正則、浅野幸長、蜂須賀家政黒田長政藤堂高虎細川忠興の七将が石田三成を襲撃したのです。

藤堂高虎
戦国の転職王・藤堂高虎が七度主君を替えながら家康に信頼された理由

続きを見る

福島正則
史実の福島正則すったもんだの改易劇と生涯~終焉の地は信州だと?

続きを見る

細川忠興
名門武家の御曹司・細川忠興はキレ体質?妻を偏愛した生涯83年とは

続きを見る

黒田長政
官兵衛の嫡男・黒田長政とは?偉大な父を持つ二世の苦悩56年の生涯

続きを見る

背景には朝鮮出兵地の現地武将と国内にとどまった秀吉の間での葛藤がありました。

三成は武将の現地での働きを報告したに過ぎないのですが、報告された側としては「不利になるようなことを報告した」、いわば「チクり」への怒りが鬱積していたのです。

このとき三成は、家康の元へ逃げ込んだという説が長いこと信じられてきました。

ところが近年の研究で、三成は自邸に逃げ込んだことが判明しております。

のちに三成が家康次男・結城秀康の護衛で佐和山城まで送り届けたことから、誤解が生じたようです。

結城秀康
家康の次男・結城秀康はなぜ将軍になれなかった?幼少期の流転が影響?

続きを見る

三成は出るに出られない、七将も踏み込むに踏み込めない。そんな膠着状態に仲裁をかって出たのが家康です。

家康としては三成を排除する絶好の機会ではありますが、七将のような乱暴な武力行使を求めるわけにはいきません。七将は武装解除し大坂に戻り、三成は居城佐和山城への謹慎が決まりました。

関ヶ原まであと一年、この時点で家康は政治的勝利をおさめつつありました。

 

家康とてコントロール不能な関ヶ原

慶長5年(1600年)、五大老の一人である上杉景勝に謀叛の疑いがあるとの噂が広まりました。

家康は景勝に対して上洛を求めるものの、上杉家執政・直江兼続はこれを拒否。このときの返書が【直江状】とされています。

直江兼続
戦国武将・直江兼続の真価は「義と愛」にあらず 史実に見る60年の生涯

続きを見る

直江状
家康激怒!『直江状』には何が書かれてた?関ヶ原を引き起こした手紙

続きを見る

家康はこの回答を受け、会津征討を決意します。上方を離れるとなれば何かが起こる。それは当然、予測していたでしょう。

6月16日、家康は伏見城の留守役・鳥居元忠と酒宴を開き、覚悟を固めて会津へと旅立ちます。

家康はあくまで、秀頼を守るため、豊臣政権に害を為す者を討伐するという名目で行動しておりました。

家康が天下を取るためのものではなく、表向きはあくまで豊臣政権内部での抗争ということです。家康に味方するものを東軍として反豊臣系であるとみなすと、状況が単純化されすぎますので、注意が必要です。

家康が不在となった上方では、謹慎中の石田三成が行動を起こしました。

大坂の三奉行や淀殿ははじめ、三成の行動には同意していません。彼らは慌て、家康に上方へ引き返すよう連絡しています。

しかしその風向きが徐々に変わり、彼らは考えを変えてゆきます。7月17日、大坂の三奉行から家康への糾弾状が出され、秀頼への忠義のために集結せよと全国の大名に対して呼びかけたのです。

一方東国では、7月25日、小山評定が行われました。

このとき家康は、大坂三奉行が出した糾弾状をまだ知らなかったようです。

「大坂の奉行も淀殿もあやしい動きに困っているのだな」という段階であり、「大坂の奉行も淀殿も家康を糾弾している」と認識していたわけではない、ということです。

家康はここで評定を終えると、江戸に入りました。

フィクション作品では、家康が三成の挙兵を予測していて、その情報が入ると「計算通り(ニヤリ)」とほくそ笑む……なんて設定も見かけますが、コトはそう単純ではありません。

留守にすれば何かが起こる、でも具体的にどう起こるかまではコントロールできていない、そんな状況。

三成の単独行動ならともかく、淀殿が背後にいる三奉行まで動いたとなると予断を許しません。

家康は江戸で作戦を練りました。

 

岐阜城の戦い

家康がなかなか動かない。これに対して苛立っていたのが、清洲城に待機している福島正則ら豊臣系武将でした。

家康はここで手を打ちます。腹心を送り、こう挑発したのです。

「おのおのの手出しなく候ゆえ御出馬なく候、手出しさへあらば急速御出馬にて候はん」

君らがやる気なくて何もしないから、俺としては出て行けないんだよね。君らがやる気見せたらこっちもやるけどね、という完全な煽りです。

家康としてはやる気を試したつもりなのでしょう。

「人たらし」といえば秀吉というイメージがありますが、この言動を見ていると家康もまた人の心理を操り、やる気を出させる心理の達人という気がしてきます。

「はぁ? 俺らやる気満ちあふれているし! そんだけ言うなら見て下さいよ、俺らの闘魂見せてやるぜ」

正則らのやる気は家康の想像すら越えて、たった半日という猛スピードで岐阜城を落としました。

岐阜城は西軍の最前線であり、かの信長が築いた立派で堅固な城です。あの坂道を登るだけで運動不足の現代人なら息が切れます。

その城を、要の城を、たった半日で落としたわけです(詳細は→岐阜城の戦い)。正則らはさらに勢いを増し、西へと向かいます。

東西のスター武将が集った【岐阜城の戦い】はド派手な関ヶ原前哨戦だった!

続きを見る

家康としてはこの状況は「これだけやる気があって高い火力を持つ連中が揃っているぞ!」と頼もしく思う反面、「これだけ強いと自分や息子の出番がないかもしれん」とコントロールできない危険性をも感じることにもなりました。

家康抜きで勝利しては困るため、家康は9月1日に江戸を立つと、大急ぎで西へ向かうことになったのでした。

家康本人はスピードアップに成功したものの、別働隊を率いる秀忠はそううまくはいきませんでした。

秀忠隊は真田昌幸・真田信繁父子が立てこもる西軍の要所・上田城を攻撃、抵抗の激しさから一端撤兵します(第二次上田合戦)。

真田幸村
史実の真田幸村(信繁)はどんな人?生誕~大坂の陣までの生涯45年

続きを見る

第二次上田合戦(第二次上田城の戦い)
第二次上田合戦でまたも真田が徳川軍を撃破!恐るべし昌幸の戦術とは?

続きを見る

そして今後の状況を協議している中での9月9日、増水の影響で遅れていた家康からの使者が到着しました。

結果的に、秀忠隊は堅い守りを見せた真田勢の奮戦、使者到着の遅延、いくつかの不運が重なり、関ヶ原本戦に間に合いません。

この秀忠隊は徳川家臣団でも精鋭揃いで、実のところ主力部隊だったのです。

福島正則ら豊臣系武将の予想以上の奮戦、主力部隊である秀忠隊の不在と、想定外の事態が起きながら、9月14日までに家康は、大垣城付近にまで至ります。

大垣城を水攻めし、かつ三成居城である佐和山城を攻めるという複合作戦が当初の計画でした。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-徳川家
-