小松姫

小松姫/wikipediaより引用

徳川家 真田家

忠勝の娘にして信之の正妻・小松姫(稲姫)が真田を守る!48年の生涯

元和六年(1620年)2月24日は、本多忠勝の娘であり、真田信之の正室となった小松姫の命日です。

戦国時代の女性としては、帰蝶(または濃姫織田信長の妻)やお市の方(信長の妹)、淀殿(豊臣秀吉の側室)の次ぐらいに有名でしょうか。

戦国系のゲームでもお馴染みですし、大河ドラマ『真田丸』では吉田羊さんが演じたことで話題になりましたね。

それだけに創作とされるエピソードも多いのですが……その辺も取り混ぜて、生涯を見ていきましょう。

 

戦国最強武将・忠勝の長女

小松姫は、天正元年(1573年)に本多忠勝の長女・長子として生まれました。

本多忠勝
家康を天下人にした本多忠勝~5つの最強武将エピソードと63年の生涯

続きを見る

父ちゃんは、立花宗茂と並んで戦国最強武将と囁かれますね。

立花宗茂
西の戦国最強と称された立花宗茂~浪人から大名へ復活した76年の生涯

続きを見る

将来の夫である真田信之とは7歳差。当時としてはちょうどいい年齢差でしょうか。

きょうだいには、もり姫、本多忠政、本多忠朝がいます。

忠勝の跡継ぎたちの姉ということも、勝ち気なイメージの元になったのかもしれません。

小松姫の幼い頃は於子亥(おねい)とか稲姫(いなひめ)と呼ばれ、歴史に登場するのは、やはり信之との結婚がキッカケです。

天正の頃(1580年代)に【天正壬午の乱】バチバチと対立していた【徳川家&真田家】の和解を図るべく、小松姫と信之(当時は真田信幸)の結婚が決まりました。

天正壬午の乱
上杉・徳川・北条相手に真田の表裏比興が炸裂!天正壬午の乱とは?

続きを見る

事の経緯と、結婚した年にはいくつかの説がありますが、婿選びの際の逸話が有名ですかね。

それはこんな話です。

 

結婚相手候補たちの髷を掴んで顔を確認した!?

父の主君である徳川家康が、家中の若い将たちを集め、小松姫に相手を選ばせようとしました。

そのとき彼女が、一人一人の髷(まげ)を掴んで顔を上げさせて確認した……というものです。

なぜ皆が黙ってされるがままになっていたのか?

というと、小松姫が家康の養女として嫁ぐことになっていたからです。

その中で真田信幸一人だけが違う対応をしました。

「無礼な」と叱咤し、鉄扇で小松姫の顔を打ったのです。

真田信之
史実の真田信之が生き残れた理由~昌幸や幸村と別離した才覚とは

続きを見る

小松姫は信幸の気概に感動し、結婚を承知した……とされていますが、これはさすがに^^;

どっちもどっちですし、当時の常識的にヤバイので、創作でしょうね。

そもそも、信之と小松姫の結婚は真田家と徳川家の和解のためですから、結婚相手を選ぶ意味も必要もありません。

後述する関ヶ原でのエピソードと合わせて、

「小松姫は自分の意志をきっちり持っている女性だった」

ということを強調するためのものかと思われます。

個人的には、大羽快先生の『殿といっしょ』4巻の巻末おまけ漫画の流れを推したいです。

殿といっしょ

『殿といっしょ4巻』(→amazon

こちらはぶっ飛んだ描写で有名な作品ですが、時折じんわり温かい話になっているのが隠れた魅力だと思います。

 

上方で正室の仕事を担っていた

菊姫武田信玄の娘にして上杉景勝の妻)や他の大名の正室たち同様、次に小松姫の動きがわかるのは【小田原征伐】の後です。

豊臣秀吉が諸大名の妻子を上方に住まわせるようになってから、小松姫も上方に来ていました。

豊臣秀吉
ド派手すぎる豊臣秀吉の逸話はドコまで本当か?62年の生涯まとめ

続きを見る

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家の小田原城はどんだけ強いのか

続きを見る

この頃、信之の正室としての仕事を受け持つようになったと思われます。

それまでは、真田信綱の娘(清音院殿)が信之の正室でした。

しかし、清音院殿はずっと沼田にいたので、家康の養女である(とされる)小松姫のほうが上方向きとされたのでしょう。

他に何か差し障りがあったかもしれませんね。

こう書くと、いかにも打算だけで小松姫が上方に来たような感じになってしまいますが、夫婦仲は決して悪くなさそうです。

信之の子供のうち、少なくとも二男二女は小松姫が産んでいるとされています。

長男・信吉は清音院殿生まれ説もあるのですが、大事なはずの長男の生母がハッキリしていないって、うーん……(´・ω・`)

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-徳川家, 真田家
-,

×