まんが日本史ブギウギ

【斬新日本史マンガ】晴明は語る!天暦の治でもやっぱりシブとい藤原一族

印璽を奪って関東圏の支配力を高め、最終的には「新皇」を名乗った平将門

勢い余って朝廷を刺激することとなり、気がつけば首を奪われ、首は西から東へFry awayしてしまいます。
940年のことでした。

さらにその翌年には元貴族・藤原純友が海賊になって、これまた乱を起こしますが、こうした物騒なことが地方で勃発している最中、朝廷ではある人物が村上天皇の信を得ておりました。

安倍晴明です。

マンガ「日本史ブギウギ」、第53話、スタート!

 

語り部

 

天暦の治

 

陰陽師のお仕事

 

美しき天皇

 

安和の変

 

兼通兼家

 

命懸け兄弟喧嘩

 

陰陽師

次週へ続く!

【関連記事】史実じゃ意外と地味だった!? 安倍晴明の記事は以下のリンクへ

安倍晴明
「妖怪をぶっ飛ばして……ない?」陰陽師・安倍晴明の意外と地味な生活

続きを見る

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

 



-まんが日本史ブギウギ