まんが日本史ブギウギ

信西の専横はびこるとき源平の棟梁たちは……【まんが日本史ブギウギ】

戦い終われば論功行賞ときて、さらに新たな火種が生まれるのが末法思想の世の中。

平安から鎌倉にかけて起きた戦乱は、大きなうねりとなって何度も都を襲っていた。

1156年に起きた保元の乱では、以下のような決着で戦いは終結。

敗者
崇徳上皇方】
藤原頼長
源為義・頼賢・為朝
平忠正

勝者
後白河天皇方】
藤原忠通・信西
源義朝
平清盛

それは同時に、新たな戦いを誘発する下地が作られるのであった――。

マンガ「日本史ブギウギ」、第68話、スタート!

 

信頼登場

 

義朝の不平

 

保元新制

 

仏と仏の評定

 

二条天皇

 

義朝デレデレ

 

護衛武士団

 

フラグ立つ

あわせて読みたい関連記事

前九年の役
前九年の役で源氏が台頭! 源頼義と義家の親子が東北で足場を固める

続きを見る

後三年の役
源義家を武士のシンボルに押し上げた後三年の役!わかりやすく解説

続きを見る

保元の乱
保元の乱はまるで平安時代の関ヶ原合戦! 対立図を理解すればわかる

続きを見る

平治の乱
源平の合戦というより政争? 平治の乱で勝利を収めた清盛の政治力とは

続きを見る

※次週へ続く

【過去作品はコチラから→日本史ブギウギ

著者:アニィたかはし

武将ジャパンで新感覚の戦国武将を描いた『戦国ブギウギ』を連載。
従来の歴史マンガでは見られない角度やキャラ設定で、日本史の中に斬新すぎる空気を送り続けている。間もなく爆発予感の描き手である(編集部評)

TOPページへ

 



-まんが日本史ブギウギ